このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


上毛新聞社「主張 オピニオン1000」2014年2月19日掲載

 

"アレルギー児対策 全教職員への周知 大切" 
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の荒川浩一教授の小児の食物アレルギーに関する記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社「健康通信くらぶ」2013年11月13日掲載

 

"給食のアレルギー事故"
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の荒川浩一教授の記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社「視点 オピニオン21」2013年10月31日掲載

 

"小児医療体制考える総合病院との一体化を" 
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の荒川浩一教授の記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社「世界をまなぼう 教えて留学生」2013年9月29日掲載

 

群馬大学大学院医学系研究科博士課程2年のオロソー・ソロンゴさんの記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社 2013年9月25日掲載

 

"てんかんへの理解深める" 
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の村松一洋助教の記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社「視点 オピニオン21」2013年9月8日掲載

 

"小児医療体制考える 再編・集約で確実に連携" 
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の荒川浩一教授の記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社「視点 オピニオン21」2013年7月17日掲載

 

"赤ちゃんのウンチ色で病気を早期に発見" 
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の荒川浩一教授の記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社「健康通信くらぶ」2013年7月10日掲載

 

"おねしょは病気? 困ったときは..." 
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の渡部登志雄講師の記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社「視点 オピニオン21」2013年5月24日掲載

 

"「コンビニ受診」控えて" 
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の荒川浩一教授の小児医療費に関する記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社 2013年3月20日掲載

 

"心臓病の出生前診断を" 館林厚生病院に胎児心臓超音波外来 
石井陽一郎医師の記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社「視点 オピニオン21」2013年4月2日掲載

 

"子どもの医療費 -補助で成り立つ「無料」" 
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の荒川浩一教授の小児医療費に関する記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社 2013年2月25日掲載

 

「知的障害に原因遺伝子 群大大学院グループ発見」
群馬大大学院医学系研究科の村松一洋助教らの研究グループが、細胞内の不要成分を分解する働きを持つ遺伝子の異常により知的障害が引き起こされる 可能性があることを発見した記事が掲載されました。以下、記事抜粋... 研究で、この遺伝子が知的障害を伴う脳の病気である脳内鉄沈着神経変性症(SENDA)の原因と分かったため。知的障害の原因の一つが明らかになったこと で、知的障害の病態を解明する一助になることが期待される。研究グループによると、SENDAは小児期早期からの知的障害や、パーキンソン病のよ うな成人期に急速に進行する症状などを持つ疾患。SENDAの患者を調べた結果、WDR45という遺伝子の不要成分を分解する働きが低下している という異常が見られ、SENDAの原因遺伝子が特定された。記事拡大>


上毛新聞社「主張 オピニオン1000」2013年2月11日掲載

 

"子どもの食物アレルギー -エピペンの普及急務" 
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の荒川浩一教授の小児の食物アレルギーに関する記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社「視点 オピニオン21」2012年12月11日掲載

 

"子どもの医療費 -本県の助成制度は充実" 
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の荒川浩一教授の小児医療費に関する記事が掲載されました。記事拡大>


上毛新聞社「視点 オピニオン21」2012年12月11日掲載

 

"皮膚症状は早期に治す" 
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の荒川浩一教授の小児の食物アレルギーに関する記事が掲載されました。記事拡大>



上毛新聞社「健康通信クラブ」11月号:2012年11月14日発行

 

「自閉症の人たちが地域で豊かに生活するためには、教育、医療、福祉、行政が共通理解を持ち、切れ目のない支援をすることが必要」と訴える、群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の岡田恭典講師へのインタビュー記事が掲載されました。記事拡大>



上毛新聞社「健康通信クラブ」6月号:2012年6月13日発行

 

子どもの病気で唯一、心筋梗塞を引き起こす原因となる川崎病の臨床試験RAISE study。
同研究班、群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野の小林徹助教へのインタビュー記事が掲載されました。記事拡大>



「MSN産経ニュース」平成24年7月25日(水)

「モンゴルの男児 アムルちゃん退院 きょう帰国」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120725/trd12072501070000-n1.htm
*写真内、東京女子医大病院循環器小児科で研修中の池田健太郎医師


 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.