このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


2015
|2014|
2013
2012
2011
2010
|2009|
 アレルギー
 内分泌
 血液
 循環器
 消化器
 新生児
 神経
 腎臓
20082007
20062005
20042003
20022001

研究業績 | 2014

〈和文〉

1)荒川浩一.アレルギーマーチ 疾患の自然歴と修飾因子 気管支喘息の自然歴と修飾因子.日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌 2014.3; 12(1):36-38.
2)荒川浩一.小児慢性特定疾患治療研究事業における小児呼吸器疾患について 小児慢性呼吸器疾患の疫学動態解明の重要性について.日本小児呼吸器学会雑誌 2014.1; 24(2):172-178.
3)荒川浩一.特集 スギ・ヒノキ花粉症 巻頭言 今の常識は、将来の非常識.アレルギー・免疫2014.1; 21(1):9.
4)荒川浩一.【小児食物アレルギー診療UP DATE−診る前に確認したい最新知見−】(5章)診断食物除去試験と食物経口負荷試験の進め方・注意点.小児科 2014.4; 55(5):611-618.
5)荒川浩一.【子どもの気管支喘息 ガイドラインと薬剤を使いこなすプロの診療センス】気管支喘息の予後 喘息死(Q&A/特集) 子どもの気管支喘息 喘息死.小児科学レクチャー 2014.4;40(2):440-445.
6)荒川浩一.【小児耳鼻咽喉科疾患の診断と治療Update】鼻副鼻腔炎 小児科医の立場から.小児科臨床 2014.6; 67(6):949-954.
7)荒川浩一.特集 アレルギーとエピジェネティクス 序 ~エピゲノムから見た免疫・アレルギー疾患~.アレルギー・免疫 2014.12; 21(12):9-12.
8)荒川浩一.学校保健―皮膚科の現状と食物アレルギー対応 学校保健における食物アレルギーの対応―「学校生活管理指導表」を通じた指導のポイント―.日本皮膚科学会雑誌 2014.12;124(13):2722-2724.
9)石毛 崇.腸管Bechet病、非特異性多発性小腸潰瘍症、単純性潰瘍.小児消化器肝臓病学 2014.10; (書籍 診断と治療社):278-280.
10)石毛 崇.内視鏡的ポリープ切除術.小児消化器肝臓病学 2014.10; (書籍 診断と治療社):148-150.
11)石毛 崇.【小児の栄養】ピンポイント小児医療 栄養療法 経腸栄養剤の種類と適応・問題点.小児内科 2014.8;46(8):1075-1078.
12)大木康史,北島博之,大城誠,荒川浩一.ICUにおける末梢穿刺中心静脈カテーテルの管理方法と血流感染率の関連.日本未熟児新生児学会雑誌 2014.6;26(2):69-73.
13)大木康史.Q9 出生後,分娩室で新生児に異常が発見された場合,医療者としてどう対応すべきですか?.ペリネイタルケア・ネオネイタルケア合同 2014年臨時増刊 新生児の診療・ケア これだけは知っておきたいwell-baby診察の基本Q&A 正期産編 2014;臨時増刊:85-88.
14)大木康史.Q1 出生後の新生児が胎外生活に順調に適応している事を確認するためには,何をどれくらいの頻度で観察すれば良いですか.ペリネイタルケア・ネオネイタルケア合同 2014年臨時増刊 新生児の診療・ケア これだけは知っておきたいwell-baby診察の基本Q&A 正期産編2014;臨時増刊:90-93.
15)大木康史.Q12 感染管理の観点から産科入院中に注意すべき事を教えてください.ペリネイタルケア・ネオネイタルケア合同 2014年臨時増刊 新生児の診療・ケア これだけは知っておきたいwell-baby診察の基本Q&A 正期産編 2014;臨時増刊:135-139.
16)大木康史.管理法はどう変わったか? 温故知新 新生児篇.輸液管理?輸液ルートの変遷.周産期医学 2014.4;44(4):479-481.
17)大木康史,河野美幸,藤生徹.Q41 中心静脈カテーテル,末梢静脈カテーテルなど,ルートごとの挿入時や固定/保護の注意点を教えてください.また,挿入期間はどれくらいまで大丈夫なのか,教えてください.Neonatal Care 秋季増刊 新生児感染管理なるほどQ&A 2014;秋季増刊:204-210.
18)大木康史.Q42 臍カテーテルを扱う際の注意点を教えてください.Neonatal Care 秋季増刊新生児感染管理なるほどQ&A 2014;秋季増刊:211-214.
19)大木康史,河野美幸,藤生 徹.Q41 中心静脈カテーテル,末梢静脈カテーテルなど,ルートごとの挿入時や固定/保護の注意点を教えてください.また,挿入期間はどれくらいまで大丈夫なのか,教えてください.Neonatal Care 秋季増刊 2014;27:204-210.
20)大木康史.Q42 臍カテーテルを扱う際の注意点を教えてください.Neonatal Care 秋季増刊2014;27:211-214.
21)大木康史.カテーテル関連血流感染症.周産期医学 増刊号周産期感染症 2014;44:608-612.
22)大津義晃.【最新肥満症学-基礎・臨床研究の最前線-】症候性肥満の成因と病態 内分泌性肥満偽性副甲状腺機能低下症.日本臨床 2014.5;72(増刊4): 355-359.
23)河津由紀子,植田紀美子,西畠 信,石井陽一郎,満下紀恵,川滝元良,高木紀美代,竹田津未生.先天性心疾患の胎児診断における母親への心理的影響:多施設調査結果報告.日小循2014.3;30(2):175-183.
24)木下大介,大木康史,坂木晴世,岡崎 薫,戸石悟司,徳永康行,星野智子,美島路恵,大城誠.本邦の新生児集中治療室における医療器具関連感染の多施設サーベイランス.日本環境感染学会雑誌 2014;29(4):256-263.
25)木下大介,大木康史,坂木晴世,岡崎 薫,戸石悟司,徳永康行,星野智子,美島路恵,大城誠.本邦の新生児集中治療室における医療器具関連感染の多施設サーベイランス.環境感染誌2014;29:256-263.
26)河野美幸,大木康史.お母さんの不安をやわらげるために 母体疾患別新生児の病態生理とケアポイント 精神疾患.NEONATAL CARE 2014.10;27(10):984-9.
27)小島 至,中川祐子,大津義晃,濱野邦久.【膵島機能に関するControversy】グルコースは細胞外から作用し、インスリン分泌を促進するか?.内分泌・糖尿病・代謝内科 2014.8;39(2):101-108.
28)小林 徹,小林富男,荒川浩一.【川崎病-基礎・臨床研究の最新知見-】川崎病の治療 プレドニゾロン(解説/特集).日本臨床 2014.9;72(9):1622-28.
29)小林 徹,佐地 勉.【川崎病-基礎・臨床研究の最新知見-】川崎病の治療 川崎病急性期治療のアルゴリズム(解説/特集).日本臨床 2014.9;72(9):1606-11.
30)小林 徹.【ピンポイント川崎病】ピンポイント小児医療 臨床 川崎病の初期治療 新ガイドラインにおける初期治療 1st lineについて.小児内科 2014.6;46(6):741-46.
31)小林 徹.【若手小児科医のための臨床研究入門】臨床研究とその後 論文の書きかた ランダム化比較試験 CONSORT声明に従って.小児科診療 2104.5;77(5):635-59.
32)小林富男.低酸素発作.小児内科 2014.11;46(増刊号):195-7.
33)小林靖子,荒川浩一.アレルギーとエピジェネティクス Ⅱ-4喘息以外の免疫・アレルギー疾患とエピジェネティクス~微小変化型ネフローゼ症候群とエピジェネティクス.アレルギー・免疫2014;21:1892-8.
34)小林靖子,荒川浩一.特集 アレルギーとエピジェネティクス Ⅱ.各論 喘息以外の免疫・アレルギー疾患とエピジェネティクス~微少変化型ネフローゼ症候群とエピジェネティクス~.アレルギー・免疫 2014.11;21(12):64-70.
35)関  満.A群溶血性レンサ球菌感染症.小児科診療 2014;77(Suppl):97-99.
36)滝沢琢己.3.喘息とエピジェネティクス.アレルギー・免疫 2014.12;21(12):56-63.
37)龍城真衣子,羽鳥麗子.【基本を教えて!小児慢性機能性便秘症】排便日誌のつけ方とその見方.小児外科 2014.9;46(9):917-920.
38)土屋敦子,石毛 崇.小児疾患診療のための病態生理1 改訂5版 Ⅳ.消化器疾患15.メッケル憩室.小児内科 2014.;46(増刊号):541-544.
39)中島公子,渡辺美緒,加藤政彦,丸山健一,藤生 徹,畠山信逸,松下郁江,勝山志野,臼田由美子.嚥下協調障害によりpseudo-Bartter症候群を呈した1乳児例.小児科臨床 2014.3;67:406-10.
40)萩原里実.Forced Oscillation Technique と小児気管支喘息の呼吸生理.アレルギー・免疫2014.9;21(9):1384-1391.
41)羽鳥麗子.【基本を教えて!小児慢性機能性便秘症】Disimpactionの方法とその評価.小児外科2014.9;46(9):937-940.
42)羽鳥麗子,友政 剛,石毛 崇,龍城 真衣子,荒川 浩一.慢性機能性便秘症児における超音波法を用いた直腸内便塞栓の評価.小児科診療 2014.10;77(10):1356-1359.
43)羽鳥麗子.症候 便秘.小児消化器肝臓病学 2014.10;(書籍 診断と治療社):20-23.
44)濱崎雄平, 荒川浩一, 西間三馨. I C S の適切な使用 吸入ステロイド薬( i n h a l e dcorticosteroids;ICS)についての日本小児アレルギー学会の見解:ICSの適切な使用が重要.日本小児アレルギー学会誌 2014.12;28(5):882-883.
45)丸山憲一.地方小児病院NICUにおける卒前卒後教育の現状と課題.日本周産期・新生児医学会雑誌 2014.5;50(1):67-68.
46)丸山憲一,藤生 徹,井上貴博,小泉亜矢,井上文孝,市之宮健二,西  明.出生後早期から超音波検査で肝実質のモザイク状変化を認めた極低出生体重児の1例.日本周産期・新生児医学会雑誌 2014.5;50(1):337-342.
47)丸山憲一,藤生 徹,井上貴博、小泉亜矢、井上文孝、,市之宮健二.当科開設以来30年間の超低出生体重児の生命予後の検討.日本未熟児新生児学会雑誌 2014.6;26(2):57-63.
48)丸山憲一.低出生体重児の栄養.小児科臨床 2014.12;67(12):2345-2350.
49)丸山憲一.大腸菌感染症.周産期医学 2014.11;44(増刊号):518-522.
50)村松一洋,緒方朋実,荒川浩一.【希な肺疾患】先天性中枢性低換気症候群(CCHS).呼吸2014.11;33(11)
51)本島敏乃,杉田克生,小俣 卓,藤井克則.Cockayne症候群における臨床的腎機能評価.脳と発達 2014.7;46(11)
52)八木久子,佐藤幸一郎,西田 豊,小山晴美,石毛 崇,滝沢琢己,荒川浩一.新生児・乳児消化管アレルギーにおける補助的検査法の評価.日本小児アレルギー学会誌 2014.3;28(3):391-393.
53)八木久子. 新生児・乳児消化管アレルギーの臨床度分類. 臨床免疫・アレルギー科2014.12;62(6):615-618.
54)八木久子,荒川浩一.小児の喘鳴の診かた.小児内科 2014.5;46(5):567-571.

 

〈英文〉

1)Akatsuka J, Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes. The ratio of glycated albumin to hemoglobin A1c measured in IFCC units accurately represents the glycation gap Endocr J 2014 Nov; Epub ahead of print.

2)Hagiwara S, Mochizuki H, Muramatsu R, Koyama H, Yagi H, Nishida Y, Kobayashi T, Sakamoto N,Takizawa T, Arakawa H. Reference values for Japanese children's respiratory resistance using the LMS method. Allergol Int. 2014 Mar; 63(1)113-9.

3)Ichinomiya K, Ichinomiya K, Inoue F, Koizumi A, Inoue T, Fujiu T, Maruyama K. Problems with using total serum bilirubin as a criterion for phototherapy in extremely low-birthweight infants Pediatr Int. 2014 Oct; 56(5)731-4.

4)Inamura N, Kubota A, Ishii R, Ishii Y, Kawazu Y, Hamamichi Y, Yoneda A, Kawahara H, Okuyama H, Kayatani F. Efficacy of the circulatory management of an antenatally diagnosed congenital diaphragmatic hernia: outcomes of the proposed strategy. Pediatr Surg Int. 2014 Sep; 30(9)889-94.

5)Ishige T, Yagi H, Tatsuki M, Hatori R, Nishida Y, Takizawa T, Arakawa H. Endoscopic Findings in the Acute Phase of Food Protein-induced Enterocolitis Syndrome. Pediatr Allergy Immunol. 2015 Feb. 26(1) 90-1

6)Ishii Y, Inamura N, Kayatani F, Iwai S, Kawata H, Arakawa H, Kishimoto H. Evaluation of bilateral pulmonary artery banding for initial palliation in single-ventricle neonates and infants: risk factors for mortality before the bidirectional Glenn procedure. Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2014 Nov;19(5)807-11.

7)Kojima I, Nakagawa Y, Ohtsu Y, Medina A, Nagasawa M. Sweet Taste-Sensing Receptors Expressed in Pancreatic β-Cells: Sweet Molecules Act as Biased Agonists. Endocrinol Metab(Seoul). 2014 Mar; 29(1)12-9.

8)Kojima I, Nakagawa Y, Ohtsu Y, Hamano K, Medina J, Nagasawa M. Return of the Glucoreceptor:Glucose Activates the Glucose-sensing Receptor T1R3 and Facilitates Metabolism in Pancreatic β-cells J Diabetes Investig Epub. 2014; Dec 15.

9)Matsuo H, Kajihara M, Tomizawa D, Watanabe T, Saito AM, Fujimoto J, Horibe K, Kodama K,Tokumasu M, Itoh H, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Shiba N, Ohki K, Hayashi Y, Yamashita Y, Shimada A, Tanaka S, Adachi S. EVI1 overexpression is a poor prognostic factor in pediatric patients with mixed lineage leukemia-AF9 rearranged acute myeloid leukemia. Haematologica. 2014 Nov; 99(11)225-7.

10)Miyamoto T, Ikeda K, Ishii Y, Kobayashi T. Rupture of a coronary artery aneurysm in Kawasaki disease: a rare case and review of the literature for the past 15 years. J Thorac Cardiovasc Surg.2014 Jun; 147(6): e67-9.

11)Nakagawa Y, Ohtsu Y, Nagasawa M, Shibata H, Kojima I. Glucose promotes its own metabolism by acting on the cell-surface glucose-sensing receptor T1R3. Endocr J. 2014 Feb; 61(2)119-31.

12)Ohtsu Y, Nakagawa Y, Nagasawa M, Takeda S, Arakawa H, Kojima I, Diverse signaling systems activated by the sweet taste receptor in human GLP-1-secreting cells. Mol Cell Endocrinol. 2014 Aug; 394(1-2)70-9.

13)Shiba N, Ohki K, Park MJ, Sotomatsu M, Kudo K, Ito E, Sako M, Arakawa H, Hayashi Y. SETBP1 mutations in juvenile myelomonocytic leukaemia and myelodysplastic syndrome but not in paediatric acute myeloid leukaemia. Br J Haematol. 2014 Jan; 164(1)156-9.

14)Shiba N, Funato M, Ohki K, Park MJ, Mizushima Y, Adachi S, Kobayashi M, Kinoshita A, Sotomatsu M, Arakawa H, Tawa A, Horibe K, Tsukimoto I, Hayashi Y. Mutations of the GATA2 and CEBPA genes in paediatric acute myeloid leukaemia. Br J Haematol. 2014 Jan; 164(1)142-5.

15)Takahashi Y, Sano R, Nakajima T, Kominato Y, Kubo R, Takahashi K, Ohshima N, Hirano T,Kobayashi S, Shimada T, Tokue H, Awata S, Hirasawa S, Ishige T. Combination of postmortem mass spectrometry imaging and genetic analysis reveals very long-chain acyl-CoA dehydrogenase deficiency in a case of infant death with liver steatosis. Forensic Sci Int. 2014 9; Epub ahead of print.

16)Yi SH, He XB, Rhee YH, Park CH, Takizawa T, Nakashima K, Lee S. HFoxa2 acts as a co-activator potentiating expression of the Nurr1-induced DA phenotype via epigenetic regulation. Development. 2014 Feb; 141(4)761-72.

17)Yoshii T, Miyamoto T, Inui A, Tanaka Y, Yoshitake S, Seki M, Kobayashi T. Fontan completion following flow adjustable bilateral pulmonary artery banding. Int Heart J. 2014 Nov; 13(55(6))552-4.



 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.