このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


2015
2014
2013
|2012|
2011
2010
|2009|
 アレルギー
 内分泌
 血液
 循環器
 消化器
 新生児
 神経
 腎臓
20082007
20062005
20042003
20022001

研究業績 | 2012

〈和文〉

1)石毛崇、友政剛.炎症性腸疾患の初発症状 -症状からみた鑑別診断-.小児科臨床 65(1):7-13.2012

2)小柳貴人、荒川浩一.小児気管支喘息.クリニカルスタディ 33(3):18-23.2012

3)荒川浩一.研究の周辺から アレルギー疾患の予知、予防を目指して.呼吸 31(2)99-100.2012

4)荒川浩一.乳幼児期の喘鳴の鑑別診断と治療.日本医事新報 4592:71-75.2012

5)荒川浩一、菊池喜博.シンポジウム16 アレルギー疾患患者は症状をどのように感じているのか 座長のまとめ. 日本小児アレルギー学会誌 26(1):58.2012

6)荒川浩一.合同シンポジウム4 周産期環境とアレルギー/Perinatal factors for occurrence of allergic disease in the first year of life: a birth cohort study in Gunma」の概要.日本小児アレルギー学会誌 26(1):108-112.2012

7)森川昭廣.第16回アジア太平洋小児アレルギー呼吸器免疫学会/APAPARI Presidential Lecture 乳児喘息.日小児アレルギー学会誌 26(1)17-27.2012

8)荒川浩一.食物アレルギー診療ガイドライン.日本耳鼻咽喉科学会会報.115(7):702-703.2012

9)荒川浩一.【小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012について】 発症と増悪の危険因子とその対処 環境整備を含めて.アレルギー・免疫 19(5):696-702.2012

10)小泉亜矢, 福田一代, 中島一恵, 高橋恭子, 河野美幸, 大木康史, 荒川浩一.超音波断層法を用いた末梢穿刺中心静脈カテーテル関連血栓症の検討. 日本未熟児新生児学会雑誌 24(1): 66-72.2012"

11)徳山研一, 荒川浩一, 乾宏行, 河野美幸, 小山晴美, 佐藤哲, 重田誠, 重田政樹, 高見暁, 戸所誠, 中嶋直樹, 西村秀子, 萩原里実, 前田昇三, 村松礼子, 水野隆久, 望月博之, 森川昭廣.群馬県における気管支喘息児および保護者のQOLの実態 2001年から2008年にかけての変遷 :日本小児アレルギー学会誌 25(4):682-691.2012

12) 荒川浩一.特集:子どもへの負担を少なくするための画像検査の進め方 呼吸困難、嗄声、喘鳴.小児科 53(7)845-852.2012

13 )石毛 崇.小児・思春期診療 最新マニュアル 3章 気になる主訴・症状と鑑別診断 便に血が混じる. 日本医師会雑誌 141(1):93-95.2012

14 )荒川浩一.小児慢性呼吸器疾患.小児保健研究 71(4):471-477.2012

15) 小林靖子、相澤明、滝沢琢巳、荒川浩一.先端医学講座 アレルギー疾患とエピジェネティクス:遺伝子の発現における環境因子の影響.アレルギーの臨床 32(12):1137-1142.2012

16) 小田嶋 博、田場直彦、藤澤隆夫、長尾みづほ、荒川浩一、八木久子、秀 道広、平郡真記子、古江増隆、竹内 聡、江崎仁一、宮本昭正.アラスタット 3gAllergyの臨床的有用性に関する検討-第2報- 多施設共同研究による評価(小児科・皮膚科における検討).アレルギー・免疫 19(12):129-144.2012

17) 荒川浩一.アレルギー疾患発症因子の解明 -出生コホートからエピジェネティクスまで-.Inernational Review of Asthma & COPD 14(3):39-42.2012

18 )荒川浩一.ガイドライン解説 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012 第4章 危険因子とその予防.日本小児アレルギー学会 26(4):633-639.2012

19)小林徹. 川崎病急性期治療の進歩. 日本小児循環器学会雑誌. 28:241-249, 2012

20) 羽鳥麗子、友政 剛.過敏性腸症候群と心身症.小児内科 44(6)895-898.2012

21) 荒川浩一、小田嶋博、末廣 豊、赤坂 徹、坂本龍雄、西間三馨、鳥居新平、三河春樹、松井猛彦.喘息死委員会報告 喘息死委員会レポート2011.日本小児アレルギー学会誌 26(5):781-789.2012

22) 落合由加利、松村真理子、吉澤千景、池内由果、須永康夫、田代雅彦、滝沢琢己、荒川浩一.小児感染免疫 24(4):451-455.2012

23)石毛 崇.【小児・思春期診療 最新マニュアル】(3章)気になる主訴・症状と鑑別診断 消化器症状から考える便に血が混じる.日本医師会雑誌141巻特別号93-95.2012

24)石毛 崇,友政 剛.【小児の炎症性腸疾患診療のピットフォール】炎症性腸疾患の初発症状 症状からみた鑑別診断.小児科臨床65(1)7-13.2012

25)石毛 崇.ポリープ・ポリポーシス.今日の小児治療指針第15版.医学書院 2012

26)石毛 崇,友政 剛.小児炎症性腸疾患の疫学.小児・思春期のIBD診療マニュアル.診断と治療社 In press.

27)伊藤謙治,魚崎祐一,滝沢琢己.3Dエピゲノムが生む新たな生命情報 神経系細胞とクロマチン高次構造.細胞工学 31(8):882-886.2012

28)井上文孝, 丸山憲一,藤生 徹, 浦野博央, 井上貴博, 関矢亜矢子, 市之宮健二.無症候の抗カルジオリピン抗体陽性母体から出生し,脳深部白質の多発結節性病変を認めた新生児例.日本未熟児新生児学会雑誌 24:105-108.2012

29)井上文孝, 丸山憲一, 藤生 徹, 井上貴博, 関矢亜矢子.先天性喉頭閉鎖に気管無形成を合併した1例.日本周産期・新生児医学会雑誌 48:962-966.2012

30)大木康史, 河野美幸, 荒川浩一, 丸山憲一, 桑島 信, 本島たみ子, 江藤昭二.県内の新生児蘇生法講習会開催状況調査.群馬県救急医療懇談会誌 8:80-82.2012

31)大木康史.胆道閉鎖症のスクリーニング 群馬保険医新聞2012年4月号 528

32)大木康史,北島博之,河野美幸,荒川浩一 末梢穿刺中心静脈カテーテルの管理に関する全国NICUアンケート調査 日周新誌 48,印刷中,2012

33)大木康史.末梢からの中心静脈ライン留置 周産期医学 42,印刷中,2012

34)大木康史,河野美幸,荒川浩一,丸山憲一,桑島信,本島たみ子,江原昭二.県内の新生児蘇生法講習会開催状況調査.群馬県救急医療懇談会誌 8: 80-82,2012

35)奥山眞紀子,溝口史剛,山田不二子.我が国におけるチャイルド・デス・レビューに関する研究:奥山班報告書.厚生労働科学研究費補助金行政政策研究分野政策科学総合研究(政策科学推進研究)報告書201001041A,2012

36)奥山眞紀子,溝口史剛,山田不二子,藤原武男.児童虐待の発生と重症化に関連する個人的要因と社会的要因についての研究:奥山班報告書.厚生労働科学研究費補助金行政政策研究分野政策科学総合研究(政策科学推進研究) 201101040A,2012

37)奥山眞紀子,溝口史剛,山田不二子.脳死下臓器提供者から被虐待児を除外するマニュアル改訂に関するアンケート調査.国立成育医療センター成育医療研究「小児肝移植医療の標準化に関する検討」,2012

38)奥山眞紀子,溝口史剛、山田不二子.我が国におけるチャイルド・デス・レビューに関する研究:奥山班報告書.厚生労働科学研究費補助金 行政政策研究分野 政策科学総合研究(政策科学推進研究)報告書.201001041A.2012

39)加藤政彦.ウイルス感染による小児気管支喘息の発症と増悪-ライノウイルスとRSウイルスについて.日本小児アレルギー学会誌26:190-199.2012

40)加藤政彦.喘息患者におけるサイトカイン産生と喘息増悪メカニズム.臨床免疫・アレルギー科58:429-437.2012

41)亀田高志,竹中俊文,深石孝夫,桑島 信.MRSAによる絨毛羊膜炎から,敗血症,感染性心内膜炎を発症した1例. 日本周産期・新生児医学会 48:712-716.2012

42)Christopher J.Hobbs,Jane M.Wynne,Physical Signs of Child Abuse: A Colour Atlas,2nd ed.(訳)溝口史剛,子ども虐待の身体所見,第2版,明石書店,2012

43)小泉亜矢,福田一代,中島一恵,高橋恭子,河野美幸,大木康史,荒川浩一.超音波断層法を用いた末梢穿刺中心静脈カテーテル関連血栓症の検討.日本未熟児新生児学会雑誌 24:66-72.2012.

44)小泉亜矢,市之宮健二,井上文孝,関矢亜矢子,井上貴博,藤生 徹,丸山憲一.自宅分娩で出生した極低出生体重児の一例.群馬県救急医療懇談会誌 8: 77-79,2012

45)小泉亜矢, 福田一代, 中島一恵, 高橋恭子, 河野美幸, 大木康史, 荒川浩一.超音波断層法を用いた末梢穿刺中心静脈カテーテル関連血栓症の検討.日本未熟児新生児学会雑誌 24:66-72.2012

46)小林 徹. 川崎病急性期治療の進歩.日本小児循環器学会雑誌.28:241-249.2012

47)小林靖子,相澤 明,滝沢琢己,荒川浩一.先端医学講座「アレルギー疾患とエピジェネティクス:遺伝子の発現における環境因子の作用性」アレルギーの臨床32: 1137-1142.2012

48)小林富男.小児疾患の診断治療基準,両大血管右室起始症.小児内科44:508-509.2012

49)小山晴美,八木久子,西田 豊,滝沢琢己,荒川浩一.新規特異的IgE抗体価測定法が臨床的に有用であった食物アレルギーの1症例.アレルギーの臨床32(13):1248-1252.2012

50)澤浦法子, 村松一洋.特集 脳炎・脳症・髄膜炎難治頻回部分発作重積型急性脳炎.小児内科vol 45 No2: 371-375 2013

51)嶋田亜公子, 矢木さやか, 京谷琢治, 高木 剛, 丸山憲一.αサラセミアによる胎児水腫を呈したベトナム人妊婦の一例.日本周産期・新生児医学会雑誌 48:734-738.2012

52)滝沢琢己, 荒川浩一.アレルギーマーチ.アレルギー・リウマチ膠原病診療 最新ガイドライン46-49.2012

53)高橋 舞,服部重人,大津義晃,山田思郎,荒川浩一.ビタミンD欠乏症家族例母乳栄養による兄弟例と潜在的同症の母.日本内分泌学会雑誌(0029-0661)88 Suppl: 45-46,2012

54)中村美智子, 湯原幸弘, 高橋比路美.EBV初感染とCMVの重複感染によるGianotti-Crosti 症候群の1例. 日本小児皮膚科学会雑誌 31(1):35-38.2012

55)羽鳥麗子,友政 剛.過敏性腸症候群と心身症.小児内科44:895-8.2012

56)羽鳥麗子.小児科学レクチャー2-2.児の予防接種Q&A A型肝炎ワクチン.渡辺博編.総合医学社425-31,2012

57)羽鳥麗子.小児・思春期診療 最新マニュアル3章 気になる主訴・症状と鑑別診断-消化器症状から考える 嘔吐,下痢.日医雑誌141特別号89-90:2012

58)羽鳥麗子.小児・思春期診療 最新マニュアル3章 気になる主訴・症状と鑑別診断-消化器症状から考える便秘.日医雑誌141特別号91-92:2012

59)福田一代,河野美幸,大木康史,荒川浩一,安岡義人.喉頭軟弱症を伴った喉頭裂の1例.小児科.53: 1651-1652,2012

60)Martin A.Finkel, Medical Evaluation of Child Sexual Abuse.A Practical Guide 3rd-ed:AAP publishing,2009 (訳)柳川敏彦,溝口史剛(第2,3,5,6章),他,子どもの性虐待に関する医学的評価,診断と治療社,2012

61)丸山健一.海外論文紹介:Minimal change disease: a"two hit"podocyte immune disorder 日本小児腎臓病学会雑誌 25(1):64-66.2012

62)丸山健一,池田健太郎,小林富男,椎原 隆,畠山信逸.経過中に僧帽弁逆流と高血圧性脳症を合併したARPKDの1例.日本小児腎不全学会雑誌32: 155-156.2012

63)丸山憲一.超音波 腹部.周産期医学42:1665-1668.2012

64)溝口史剛.子どもから話を聞く技術の向上のために-司法面接研修のご紹介-.東京小児科医会105(11).2012

65)溝口史剛.小児疾患の診断治療基準:被虐待児症候群.小児内科増刊号 44(増):876-877.2012

66)溝口史剛.夏休みに虐待を増やさないために.チャイルドヘルス 15(7):505-507.2012

67)溝口史剛.【虐待から地域で守ろう!】子ども虐待防止の視点から.済生 88(7):9-12.2012

68)溝口史剛.小児の死亡登録・検証システムの構築に向けて.日本SIDS・乳幼児突然死予防学会雑誌 12(1):35-40.2012

69)溝口史剛.『児童虐待防止の現状と課題 ~医学的観点から~』.犯罪と非行 175:48-66.2013

70)溝口史剛.皮膚所見から見た子ども虐待.小児科 54(1):129-135.2013

71)溝口史剛.Ai実施のケーススタディ チーム医療としての関連部署の見解と役割 小児医学の立場から.INNERVISION 27(1): 24-25,2012

72)村松一洋, 村松礼子,澤浦法子,緒方朋実,八木久子,中嶋直樹,萩原里実,小山晴美,荒川浩一,先天性中枢性肺胞低換気症候群の小児慢性特定疾患登録データによる疫学的動態の検討.日本小児呼吸器疾患学会雑誌23(1): 8 -14 2012

73)山中龍宏,溝口史剛, 市川光太郎ら.子どもの死に関する我が国の情報収集システムの確立に向けた提言.日本小児科学会雑誌 116(6):1027-1035.2012

74)山中龍宏,溝口史剛.我が国におけるチャイルド・デス・レビューに関する研究:山中班報告書.厚生労働科学研究費補助金行政政策研究分野政策科学総合研究(政策科学推進研究)報告書201001041A,2012

75)山中龍宏,溝口史剛,市川光太郎ら.子どもの死に関する我が国の情報収集システムの確立に向けた提言.日本小児科学会雑誌116(6): 1027-35,2012
SUIDI(予期せぬ乳児突然死の調査)に対する専門性養成のための体系的トレーニング・プログラム
医療機関ならびに行政機関のための病院内子ども虐待対応組織(CPT:Child Protection Team)構築・機能評価・連携ガイド

 

〈英文〉

1)Shiba N, Hasegawa D, Park MJ, Murata C, Matsubara A, Ogawa C, Manabe A, Arakawa H, Ogawa S, Hayashi Y. CBL mutation in chronic myelomonocytic leukemia secondary to familial platelet disorder with propensity to develop acute myeloid leukemia (FPD/AML). Blood. 15;119(11):2612-4. 2012. 10.558

2)Shiba N, Taki T, Park MJ, Shimada A, Sotomatsu M, Adachi S, Tawa A, Horibe K, Tsuchida M, Hanada R, Tsukimoto I, Arakawa H, Hayashi Y.DNMT3A mutations are rare in childhood acute myeloid leukaemia, myelodysplastic syndromes and juvenile myelomonocytic leukaemia. Br J Haematol. 156(3):413-414. 2012. 4.942

3)Seki M, Kurishima C, Kawasaki H, Masutani S, Senzaki H. Aortic stiffness and aortic dilation in infants and children with tetralogy of Fallot before corrective surgery: evidence for intrinsically abnormal aortic mechanical property. Eur J Cardiothorac Surg. 41(2):277-82. 2012 2.293

4)Sekine K, Mochizuki H, Inoue Y, Kobayashi T, Suganuma E, Matsuda S, Arakawa H. Regulation of oxidative stress in patients with Kawasaki disease. Inflammation. 35(3):952-8. 2012 1.777

5)Kobayashi T, Saji T, Otani T, Takeuchi K, Nakamura T, Arakawa H, Kato T, Hara T, Hamaoka K, Ogawa S, Miura M, Nomura Y, Fuse S, Ichida F, Seki M, Fukazawa R, Ogawa C, Furuno K, Tokunaga H, Takatsuki S, Hara S, Morikawa A; on behalf of the RAISE study group investigators. Efficacy of immunoglobulin plus prednisolone for prevention of coronary artery abnormalities in severe Kawasaki disease (RAISE study): a randomised, open-label, blinded-endpoints trial. Lancet. 379:1613-1620. 2012 33.633

6)N. G. Papadopoulos, H. Arakawa, K.-H. Carlsen, A. Custovic, J. Gern, R. Lemanske, P. Le Souef, M. Mäkelä, G. Roberts, G. Wong, H. Zar, C. A. Akdis, L. B. Bacharier, E. Baraldi, H. P. van Bever, J. de Blic, A. Boner, W. Burks, T. B. Casale, J. A. Castro-Rodriguez, Y. Z. Chen, Y. M. El-Gamal, M. L. Everard, T. Frischer, M. Geller, J. Gereda, D. Y. Goh, T. W. Guilbert, G. Hedlin, P. W. Heymann, S. J. Hong, E. M. Hossny, J. L. Huang, D. J. Jackson, J. C. de Jongste, O. Kalayci, N. Aït-Khaled, S. Kling, P. Kuna, S. Lau, D. K. Ledford, S. I. Lee, A. H. Liu, R. F. Lockey, K. Lødrup-Carlsen, J. Lötvall, A. Morikawa, A. Nieto, H. Paramesh, R. Pawankar, P. Pohunek, J. Pongracic, D. Price, C. Robertson, N. Rosario, L. J. Rossenwasser, P. D. Sly, R. Stein, S. Stick, S. Szefler, L. M. Taussig, E. Valovirta, P. Vichyanond, D. Wallace, E. Weinberg, G. Wennergren, J. Wildhaber, R. S. Zeiger. International consensus on (ICON) pediatric asthma. Allergy. 67(8):976-97. 2012 6.297

7)Kobayashi Y, Aizawa A, Takizawa T, Yoshizawa C, Horiguchi H, Ikeuchi Y, Kakegawa S, Watanabe T, Maruyama K, Morikawa A, Hatada I, Arakawa H..DNA methylation changes between relapse and remission of minimal change nephrotic syndrome.Pediatr Nephrol. 27(12):2233-41. 2012 2.518

8)Arakawa H, Yagi H, Koyama H, Nakajima N, Takizawa T. Characteristics and natural course of neonatal and infantile gastrointestinal milk allergy and the efficacy of oral immunotherapy. Clinical & Experimental Allergy Reviews, 12, 20–24 2012

9)Onouchi Y, Ozaki K, Burns JC, Shimizu C, Terai M, Hamada H, Honda T, Suzuki H, Suenaga T, Takeuchi T, Yoshikawa N, Suzuki Y, Yasukawa K, Ebata R, Higashi K, Saji T, Kemmotsu Y, Takatsuki S, Ouchi K, Kishi F, Yoshikawa T, Nagai T, Hamamoto K, Sato Y, Honda A, Kobayashi H, Sato J, Shibuta S, Miyawaki M, Oishi K, Yamaga H, Aoyagi N, Iwahashi S, Miyashita R, Murata Y, Sasago K, Takahashi A, Kamatani N, Kubo M, Tsunoda T, Hata A, Nakamura Y, Tanaka T; Japan Kawasaki Disease Genome Consortium; US Kawasaki Disease Genetics Consortium. A genome-wide association study identifies three new risk loci for Kawasaki disease. Nature Genetics. 44(5):517-21.2012 35.532

10)Doisaki S, Muramatsu H, Shimada A, Takahashi Y, Mori-Ezaki M, Sato M, Kawaguchi H, Kinoshita A, Sotomatsu M, Hayashi Y, Furukawa-Hibi Y, Yamada K, Hoshino H, Kiyoi H, Yoshida N, Sakaguchi H, Narita A, Wang X, Ismael O, Xu Y, Nishio N, Tanaka M, Hama A, Koike K, Kojima S.
Somatic mosaicism for oncogenic NRAS mutations in juvenile myelomonocytic leukemia. Blood 120: 1485-1488. 2012

11)H Saitsu, T Nishimura, K Muramatsu,(3名共筆頭著者)H Kodera, S Kumada, K Sugai, E Kasai-Yoshida, N Sawaura, H Nishida, A Hoshino, F Ryujin, S Yoshioka, K Nishiyama, Y Kondo, Y Tsurusaki, M Nakashima, N Miyake, H Arakawa, M Kato, N Mizushima, N Matsumoto. De novo mutations in the autophagy gene WDR45 cause static encephalopathy of childhood with neurodegeneration in adulthood. Nature Genetics, 45, 445-449 (2013)

12)Ishii Y, Inamura N, Kayatani F. Congenital aneurysm of the right atrial appendage in a fetus. Pediatr Cardiol. 33:1227-9. 2012

13)J Takanashi, Y Takahashi, A Imamura, K Kodama, A Watanabe, K Tominaga, K Muramatsu, A.
Barkovich. Late delirious behavior with 2009 H1N1 Influenza; mild autoimmune-mediated encephalitis Pediatrics 129(4): e1068-71 (2012)

14)Kato M, Ishioka T, Kita H, Kozawa K, Hayashi Y, Kimura H. Eosinophil granular proteins damage bronchial epithelial cells infected with respiratory syncytial virus. Int Arch Allergy Immunol. 158 Suppl 1: 11-18. 2012

15)K Maruyama, T Fujiu. Effects of prophylactic indomethacin on renal and intestinal blood flow in premature infants. Pediatr Int 2012;54:480-485.

16)Kobayashi Y, Aizawa A, Takizawa T, Yoshizawa C, Horiguchi H, Ikeuchi Y, Gotoh T, Kakegawa S, Watanabe T, Morikawa A, Hatada I, Arakawa H. DNA Methylation Changes between Relapse and Remission of Minimal Change Nephrotic Syndrome. Pediat Nephrol 27: 2233-41. 2012

17)Maruyama K, Fujiu T. Effects of prophylactic indomethacin on renal and intestinal blood flow in premature infants. Pediatr Int. 54: 480-485. 2012

18)Nakamura K, Kato M, Sasaki A, Shiihara T, Hayasaka K. Respiratory syncytial virus-associated encephalopathy complicated by congenital myopathy. Pediatr Int. 54: 709-11. 2012

19)Saiki H, Kojima T, Seki M, Matsutani S, Senzaki H. Marked disparity in mechanical wall properties between ascending and descending aorta in patients with tetralogy of Fallot. Eur J Cardiothorac Surg. 41: 570-573. 2012

20)Sailaja BS, Takizawa T, Meshorer E.Chromatin immunoprecipitation in mouse hippocampal cells and tissues.Methods Mol Biol. 809: 353-64. 2012

21)Sano H, Shimada A, Taki T, Murata C, Park MJ, Sotomatsu M, Tabuchi K, Tawa A, Kobayashi R, Horibe K, Tsuchida M, Hanada R, Tsukimoto I, Hayashi Y. RAS mutations are frequent in FAB type M4 and M5 of acute myeloid leukemia, and related to late relapse: a study of the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group. Int J Hematol 95 : 509-515. 201

22)Seki M, Kurishima C, Kawasaki H, Matsutani S, Senzaki H. Aortic stiffness and aortic dilation in infants and children with tetralogy of Fallot before corrective surgery: evidence for intrinsically abnormal abnormal aortic mechanical property. Eur J Cardiothorac Surg. 41: 277-282. 2012

23)Shiba N, Hasegawa D, Park MJ, Murata C, Matsubara A, Ogawa C, Manabe A, Arakawa H, Ogawa S, Hayashi Y. CBL mutation in chronic myelomonocytic leukemia secondary to familial platelet disorder with propensity to develop acute myeloid leukemia. Blood 119: 2612-2614. 2012

24)Shiba N, Park MJ, Taki T, Takita J, Hiwatari M, Kanazawa T, Sotomatsu M, Ishii E, Arakawa H, Ogawa S, Hayashi Y. CBL mutations in infant acute lymphoblastic leukaemia. Br J Haematol . 156:672-674. 2012

25)Shiba N, Taki T, Park MJ, Shimada A, Sotomatsu M, Adachi S, Tawa A, Horibe K, Tsuchida M, Hanada R, Tsukimoto I, Arakawa H, Hayashi Y. DNMT3A mutations are rare in childhood acute myeloid leukaemia, myelodysplastic syndromes and juvenile myelomonocytic leukaemia. Br J Haematol. 156: 413-414. 2012

26)Shiihara T, Miyake T, Izumi S, Watanabe M, Kamayachi K, Kodama K, Nabetani M, Ikemiyagi M, Yamaguchi Y, Sawaura N. Serum and cerebrospinal fluid S100B, neuron-specific enolase , and total tau protein in acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion. Pediatr Int. 54: 52-55. 2012

27)Shimoyama S, Kobayashi T. Evaluation of the effects of surgical correction of left mediastinal displacement in children with pectus excavatum on pulmonary perfusion, using minimal radiation exposure. Eur Res J. 40 (suppl 56): 5S. 2012

28)Sugimoto M, Ishido H, Seki M, Matsutani S Tamai A, Senzaki H. Findings in the pulmonary vascular bed in the remote phase after Kawasaki disease. Am J Cardiol. 109: 1219-1222. 2012

29)Takami S, Mizuno T, Oyanagi T, Tadaki H, Suzuki T, Muramatsu K, Takizawa T, Arakawa H.Glucocorticoids inhibit MUC5AC production induced by transforming growth factor-α in human respiratory cells. Allergol Int. 61(3): 451-9. 2012

30)Takezaki S, Yamada M, Kato M, Park M, Maruyama K, Yamazaki Y, Chida N, Ohara O, Kobayashi I, Ariga T. Chronic mucocutaneous candidiasis caused by a gain-of-function mutation in the STAT1 DNA-binding domain. The Journal of Immunology. 189(3): 1521-1526. 2012.

31)Tsurusaki Y, Kobayashi Y, Hisano M, Ito S, Doi H, Nakashima M, Saitsu H, Matsumoto N, Miyake N. The diagnostic utility of exome sequencing in Joubert syndrome and related disorders. J Hum Genet Oct 4. 2012

32)Takezaki S, Yamada M, Kato M, Park M, Maruyama K, Yamazaki Y, Chida N, Ohara O, Kobayashi I, Ariga T. Chronic mucocutaneous candidiasis caused by a gain-of-function mutation in the STAT1 DNA-binding domain. J Immunol. 189: 15211-1526. 2012

33)Tamai A, Kurishima C, Seki M, Masutani S, Taketazu M, Senzaki H. Stent Implantation for Effective Treatment of Refractory Chylothorax due to Superior Vena Cava Obstruction as a Complication of Congenital Cardiac Surgery. Clin Med Insights Cardiol. 6: 97-101. 2012

34)Yamada Y, Kato M, Toki F, Watanabe M, Nishi A, Matsushita I, Hirato J, Hayashi Y. Eosinophilic gastrointestinal disorder in an infant with feeding dysfunction. Int Arch Allergy Immunol. 158 Suppl 1: 83-86. 201

35)Y Hashimoto, K Muramatsu(2名共筆頭著者), M Kunii, S Yoshimura, M Yamada, T Sato, Y Ishida, R Harada, and A Harada Uncovering genes required for neuronal morphology by morphology-based gene trap screening with a revertible retrovirus vector. FASEB J. 2012 Nov; 26(11): 4662-74.

〈国際学会〉
1)Kato M, Ishioka T, Kita H, Kozawa K, Hayashi Y, Kimura H. Eosinophil granular proteins specifi cally major basic protein damage bronchial epithelial cells infected with respiratory syncytial virus. 68th Annual meeting of American Allergy, Asthma and Immunology. Orlando. Mar. 4, 2012.

2)Kentaro Ikeda, Tohru Kobayashi, Tomio Kobayashi, Akihiro Morikawa, Mitsuru Seki, Shinya Shimoyama, Takahiro Suzuki, Hirokazu Arakawa. Efficacy of rescue therapy with intravenous immunoglobulin plus predonisolone for acute Kawasaki disease who fail to respond to initial intravenous immunoglobulin. 10th International Kawasaki Disease Symposium. Kyoto, Japan, Feb 9, 2012.

3)Kinoshita A, Miyachi H, Matsushita H, Yabe M, Taki T, Watanabe T, Saito A, Tomizawa D, Kiyokawa N, Taga T, Deguchi T, Hashii Y, Terui K, Takahashi H, Hayashi Y, Tawa A, Horibe K, Adachi S. Myelodysplasia-Related Changes Have Adverse Prognostic Significance in Children with Acute Myeloid Leukemia; A Report From the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group (JPLSG). 54rd Annual Meeting of the American Society of Hematology. Atlanta. Dec. 9, 2012.

4)Maiko Tatsuki, Takashi Ishige, Reiko Miyazawa, Takeshi Tomomasa, Hirokazu Arakawa. The effect of organic nitrate combined with atropine therapy in infantile hypertrophic pyloric stenosis. 4th World Congress of Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition (WCPGHAN). Taipei. November 14-17,2012

5)Mitsuru Seki, Kobayashi T, Kobayashi T, Morikawa A, Ayusawa M, Tsuchiya K, Yasuda K, and Arakawa H. External Validation Of A Risk Score To Predict Intravenous Immunoglobulin Resistance In Patients With Kawasaki Disease, 10th International Kawasaki Disease Symposium. Kyoto, Japan, Feb 9, 2012.

6)Mitsuru Seki, Nakajima K, Ishii Y, Shimoyama S, Kobayashi T, Inui A, Yoshii T, Miyamoto T, Efficacy of Tadalafil therapy for pulmonary hypertension in perioperative patients with congenital heart disease, The 7th International Joint MeetingMeet the Experts, Hambrug, Germany, May 24, 2012.

7)K Muramatsu, CCHS : Bundles of Care in Japan (Symposist). The 4th International Conference on Primary Central Hypoventilation. 13th-15th, April 2012. Warsaw, Poland

8)K Muramatsu, R Muramatsu, N Sawaura, T Ogata, S Hagiwara, H Yagi, H Koyama, H Arakawa. The nationwide epidemiological study of congenital central hypoventilation syndrome based on the "Research into Treatment for Specific Child Chronic Diseases database in Japan. The 4th International Conference on Primary Central Hypoventilation. 13th-15th, April 2012. Warsaw, Poland

9)K Muramatsu, Restless Legs Syndrome-Insight from Animal Models(講演).Medical Experimental Research Center Annual Conference. 27th-28th, November 2012. Mansoura, Egypt

10)K Muramatsu, Restless Legs Syndrome-Insight from Animal Models(講演).Mansoura University Regenerative Medicine Program. 29th Nov. -1th Dec. 2012. Alexandria, Egypt

11)K Muramatsu, New insights of animal models for RLS. Europian Restless Legs Syndrome Study Group 12th Annual Meeting. 14th-15th December 2012. Munich Germany

12)Okuno Haruna. MLL/AF4 rearrengement appeared at 2nd relapse in a case of BCP/ALL. 6th St. Jude VIVA FORUM. Singapore. 2012.3.

13)Reiko Hatori, Takeshi Tomomasa, Maiko Tatsuki, Takashi Ishige, Hirokazu Arakawa. Ultrasonographic Assessment of Rectal Impaction in Children with Chronic Functional Constipation. 4th World Congress of Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition(WCPGHAN). Taipei. November 14-17,2012

14)Shiba N, Ichikawa H, Taki T, MJ Park, Jo A, Mitani S, Kobayashi T, Shimada A, Sotomatsu M, Arakawa H, Adachi S, Tawa A, Horibe K, Tsuchida M, Hanada R, Tsukimoto I, Hayashi Y. NUP98-NSD1 related gene expression signature is strongly associated with a poor prognosis in pediatric acute myeloid leukemia. 54th Annual Meeting of the American Society of Hematology. Atlanta. Dec. 8, 2012

15)Shiba N, Ohki K, MJ Park, Adachi S, Kobayashi M, Kinoshita A, Sotomatsu M, Arakawa H, Tawa A, Horibe K, Tsukimoto I, Hayashi Y. GATA2 mutations in pediatric acute myeloid leukemia: a study of the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group. 54th Annual Meeting of the American Society of Hematology. Atlanta. Dec. 9, 2012

16)Shiba N, Yoshida K, Okuno Y, Shiraishi Y, Nagata Y, Ohki K, Kato M, MJ Park, Takita J, Kanazawa T, Kudo K, Ito E, Sanada M, Miyano S, Ogawa S, Hayashi Y. Whole exome sequencing reveals spectrum of gene mutations in pediatric AML. 54rd Annual Meeting of the American Society of Hematology. Atlanta. Dec. 9, 2012

17)Shiba Norio. NUP98-NSD1 Fusion Gene Is Strongly Associated with a Poor Prognosis in Pediatric Acute Myeloid Leukemia: A Study of the Japanese Childhood AML99 Cooperative Study Group. 6th St. Jude VIVA FORUM. Singapore. 2012.3

18)Shiihara T, Watanabe M, Kamayachi K, Sawaura N. Serum and cerebrospinal fluid S100B, neuron specific enolase, and tau protein in acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion: A diagnostic validity. 12th International Child Neurology Congress and the 11th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology. Brisbane. May 28, 2012

19)Shimoyama S, Kobayashi T, Ikeda K, Seki M, Mochizuki H, Hamajima A, Kobayashi T, Hatakeyama S, Arakawa H. Evaluation of the effects of surgical correction of left mediastinal displacement in children with pectus excavatum on pulmonary perfusion, using minimal radiation exposure. European Respiratory Society Annual Congress 2012. Vienna. Sep. 2, 2012

20)Shinya Shimoyama, Tohru Kobayashi, Kentaro Ikeda, Mitsuru Seki, Hiroyuki Mochizuki, Akito Hamajima, Tomio Kobayashi, Shinitu Hatakeyama, Hirokazu Arakawa. Correcting mediastinum left displacement improves imbalance in the pulmonary vascular bed and lung volume in children with pectus excavatum after surgical repair. The 7th International Joint MeetingMeet the Experts, Hambrug, Germany, May 24, 2012

21)Takashi Ishige, Takeshi Tomomasa, Maiko Tatsuki, Reiko Miyazawa, Tohru Takebayashi, Keiko Asakura, Hirokazu Arakawa.. Growth in pediatric onset inflammatory bowel disease; analysis using the Japanese nationwide IBD registry database. Asian society for inflammatory bowel disease 2012. Seoul. November 1-3,2012

22)Takashi Ishige, Reiko Miyazawa, Maiko Tatsuki, Takeshi Tomomasa, Hirokazu Arakawa . Eosinophilic duodenal ulcer in children: A single center experience. 4th World Congress of Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition (WCPGHAN). Taipei. November 14-17,2012

23)Takashi Ishige, Takeshi Tomomasa, Hitoshi Tajiri, , Atsushi Yoden, on behalf of the Japanese Study group for Pediatric Crohn's disease. Experts' consensus and efficacy of enteral nutrition in the treatment of pediatric Crohn's disease in Japan: Report from the Study Group for Pediatric Crohn's disease. 4th World Congress of Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition(WCPGHAN). Taipei. November 14-17,2012

24)Tohru Kobayashi, Saji T, Otani T, Takeuchi K, Nakamura T, Arakawa H, Kato T, Hara T, Hamaoka K, Ogawa S, Miura M, Nomura Y, Fuse S, Ichida F, Seki M, Morikawa A. The RAISE Study Investigators, Efficacy of Immunoglobulin Plus Prednisolone for Prevention of Coronary Artery Abnormalities in Severe Kawasaki Disease, the Asia Pacific Meeting of Vasculitis and ANCA Workshop. Tokyo, Japan, Mar 30, 2012

25)Tohru Kobayashi, Saji T, Otani T, Takeuchi K, Nakamura T, Arakawa H, Kato T, Hara T, Hamaoka K, Ogawa S, Miura M, Nomura Y, Fuse S, Ichida F, Seki M, Morikawa A. The RAISE Study Investigators. Efficacy of Immunoglobulin Plus Prednisolone for Prevention of Coronary Artery Abnormalities in Severe Kawasaki Disease: Results From a Japanese Multicenter Randomized Clinical Trial. 10th International Kawasaki Disease Symposium. Kyoto, Japan, Feb 9, 2012

26)Tohru Kobayashi, Tomio Kobayashi, Akihiro Morikawa, Kentaro Ikeda, Mitsuru Seki, Shinya Shimoyama, Yoichiro Ishii, Takahiro Suzuki, Kimiko Nakajima, Naoko Sakamoto, Hirokazu Arakawa. Efficacy of Intravenous Immunoglobulin Combined With Prednisolone for Resistance to Initial Immunoglobulin Treatment of Acute Kawasaki Disease. American Heart Association Scientific Sessions 2012. Los Angels, USA, Nov 4, 2012

27)Tohru Kobayashi, Tsutomu Saji, Tetsuya Otani, Kazuo Takeuchi, Tetsuya Nakamura, Hirokazu Arakawa, Taichi Kato, Toshiro Hara, Kenji Hamaoka, Shunichi Ogawa, Masaru Miura, Yuichi Nomura, Shigeto Fuse, Fukiko Ichida, Mitsuru Seki, Ryuji Fukazawa, Chitose Ogawa, Kenji Furuno, Hirohide Tokunaga, Shinichi Takatsuki, Shinya Hara, Akihiro Morikawa , EFFICACY OF IMMUNOGLOBULIN PLUS PREDNISOLNE FOR PREVENTION OF CORONARY ARTERY ABNORMALITIES IN SEVERE KAWASAKI DISEASE, The 4th Congress of Asia-Pacific pediatric Cardiac Society, Taipei, Apr 5, 2012

28)Tomohiro Utsunomiya and Mitohiro Ebisawa. Findings from an Early Peanut Immunotherapy Trial. Landmark Papers in Allergy Seminal Papers in allergy with Expert Commentaries. Yoichiro Ishii, Shinya Shimoyama, Takahiro Suzuki, and Hirokazu Arakawa. The association between serum cytokines/chemokines levels and a risk score in the acute phase of Kawasaki disease. 10th International Kawasaki Disease Symposium. Kyoto, Japan, Feb 8, 2012

29)Yoshida K, Toki T, Park MJ, Okuno Y, Shiraishi Y, Sanada M, Kon A, Nagata Y, Sato-Otsubo A, Sato Y, Wang RN, Terui K, Kanezaki R, Shiba N, Chiba K, Tanaka H, Hama A, Hasegawa D, Nakamura K, Kanegane H, Tsukamoto K, Adachi S, Miyano S, Kojima S, Izraeli S, Hayashi Y, Ito E, Ogawa S. Genetic basis of myeloid proliferation related to down syndrome. 54rd Annual Meeting of the American Society of Hematology. Atlanta. Dec. 9, 2012

〈国内学会〉
1)新井 心,朴 明子,土岐文彰,西  明,大木健太郎,外松 学,山本英輝,鈴木則夫,平戸純子,畠山信逸,金澤崇,奥野はるな,林泰秀.肝不全により治療に難渋し致死的経過をたどった乳児神経芽腫.第54回日本小児血液・がん学会学術集会.2012.12.2.横浜

2)五十嵐恒雄.インフルエンザと抗ウイルス薬について(当院でのペラミビル使用経験など).前橋市小児科医会.2012.11.前橋

3)五十嵐恒雄.子どもの救急対処法.群馬県地域密着型こどもの救急啓発事業.2013.3.

4)石岡大成,山田佳之,木村博一,塚越博之,吉住正和,小澤邦壽, 丸山健一,林 泰秀,加藤政彦.RSウイルス感染喘息マウスにおける好酸球性炎症の検討. 第26回アレルギー・好酸球研究会.2012. 6.23.東京

5)Ishii Y, Nakajima K, Seki M, Shimoyama S, Sameshima K, Miyamoto T, Kobayashi T. A case ofHajdu-Cheney syndrome complicated by pulmonary hypertension. 第3回北関東肺高血圧フォーラム,大宮.2012.6.9.さいたま

6)石井陽一郎,中島公子,関  満,下山伸哉,小林富男, 宮本隆司,丸山憲一,京谷琢冶,高木剛.群馬県における先天性心疾患出生前診断の現状. 第40回群馬小児循環器研究会.2012.9.29.前橋

7)石毛 崇,羽鳥麗子,龍城真衣子,金子浩章,友政 剛,荒川浩一.Infliximabにより緩解を維持している腸管Behcet病の幼児期発症例.特殊病型ベーチェット病会議.2012.2.3.東京

8)石毛 崇,田尻 仁, 余田 篤, 友政 剛.小児クローン病の寛解導入における栄養療法 多施設調査結果.第12回日本小児IBD研究会.2012.2.11.東京

9)石毛 崇,田尻 仁, 余田 篤, 友政 剛.小児クローン病への栄養療法に対する医療者意識調査WGアンケート報告.第12回日本小児IBD研究会.2012.2.11.東京

10)石毛 崇,高橋麻里子,羽鳥麗子,龍城真衣子,高橋 篤,大竹紗弥香,友政 剛,荒川浩一.腸管嚢腫様気腫症を合併した全身型若年性特発性関節炎の1例.東日本JIA研究会.2012.5.19.東京

11)石毛 崇,友政 剛,田尻 仁,余田 篤.消化吸収の側面からみた炎症性腸疾患の病態と栄養療法小児クローン病治療における栄養療法の実態.JDDW2012 パネルディスカッション.2012.10.10-13.神戸

12)石毛 崇,龍城真衣子,羽鳥麗子,友政 剛,荒川浩一.消化管病変が先行した小児Degos病疑診例.日本小児リウマチ学会.2012.10.5-7.名古屋

13)石毛 崇,西田 豊,滝沢琢己,荒川浩一.小児Whipple病の1例.日本小児感染症学会.2012.11.23-25.北九州

14)石毛 崇,田尻 仁, 余田 篤, 友政 剛.小児クローン病の寛解導入における栄養療法 多施設調査結果.第115回日本小児科学会学術集会.2012.4.20-22.福岡

15)石毛 崇,田尻 仁, 余田 篤, 友政 剛.小児クローン病への栄養療法に対する医療者意識調査WGアンケート報告.第115回日本小児科学会学術集会.2012.4.20-22.福岡

16)市之宮健二,井上文孝,小泉亜矢,井上貴博,藤生 徹,丸山憲一.消化管穿孔を合併した極低出生体重児の長期予後に関する検討.第57回日本未熟児新生児学会.2012.11.25-27.熊本

17)市之宮健二,井上文孝,小泉亜矢,関矢亜矢子,井上貴博, 藤生 徹, 丸山憲一. 超低出生体重児において総ビリルビンを光線療法開始基準とすることの問題点. 第115回日本小児科学会学術集会.2012.4. 22.福岡

18)市之宮健二,井上文孝,小泉亜矢,関矢亜矢子,井上貴博,藤生 徹,丸山憲一.消化管穿孔を合併した極低出生体重児の長期予後に関する検討. 第57回日本未熟児新生児学会学術集会.2012.11.26.熊本

19)井上文孝, 丸山憲一, 藤生 徹, 井上貴博, 関矢亜矢子. 先天性喉頭閉鎖に気管無形成を合併した1例.第115回日本小児科学会学術集会.2012.4.22.福岡

20)井上貴博, 丸山憲一, 藤生 徹, 関矢亜矢子,小泉亜矢,井上文孝,市之宮健二. Achromobacter xylosoxidansによる新生児敗血症の1例. 第48回日本周産期・新生児医学会学術集会.2012.7.8.さいたま

21)井上貴博, 丸山憲一, 藤生 徹, 関矢亜矢子, 小泉亜矢, 井上文孝, 市之宮健二.Achromobacter xylosoxidansによる新生児敗血症の1例.第48回日本周産期新生児医学会学術集会.2012.7.8.大宮

22)宇都宮朋宏.牛乳負荷試験における分割方法の違いによる初発症状・全身症状の際についての検討.第24回日本アレルギー学会春季臨床大会.2012.5.大阪

23)上田宗胤,羽田ゆう,山本 歩,重田大輔,蓮見純平,清水 隆,依田達也,細谷まち子,牛久英雄.当院で過去5年間に経験した異物誤飲症例についての検討 第118回甲信地方会.

24)大森優子,中島雅子,桑島 信,岡田克之,田村奈穂美.清拭車の汚染度調査と使用管理対策.第27回日本環境感染学会総会.2012.2.4.福岡

25)奥野はるな.rTM therapy for childhood DIC.2012.11.横浜

26)大木康史,北島博之,河野美幸,荒川浩一 末梢穿刺中心静脈カテーテルの管理に関する全国NICUアンケート調査 日周新誌 48, 868-873,2012

27)大木康史.末梢からの中心静脈ライン留置 周産期医学 42, 1545-1547, 2012

28)大木健太郎,奥野はるな,柴 徳生,金澤 崇,朴明子,外松 学,神谷尚宏,小川千登世,林泰秀.第2再発時に初めてMLL-AF4陽性となったB前駆型急性リンパ性白血病1例におけるクローン構造の検討. 第8回北関東小児がんセミナー.2012.5.19.高崎

29)Oki K, Okita H, Kobayashi K, Shiba N, Park MJ, Sotomatsu M, Fukushima T, Koh K, Hanada R,Manabe A, Kikuchi A, Tsuchida M, Ohara A, Kiyokawa N, Hayashi Y. Analysisi of CRLF2 and IKZF1, JAK, IL7R genes in pediatric B-precursor ALL treated on TCCSG protocol. 第74回日本血液学会学術集会.2012.10.19.京都

30)大木健太郎,柴 徳生,新井 心,朴 明子,外松 学,清河信敬,林 泰秀.小児B前駆細胞型急性リンパ性白血病におけるclonal evolutionの解析.第54回日本小児血液・がん学会学術集会.2012.11.30.横浜

31)大木健太郎,奥野はるな,柴 徳生,朴 明子,外松 学,林 泰秀.再発後にMLL-AF4陽性となったB前駆型急性リンパ性白血病の1例.日本血液学会第167回例会.2012.3.4.東京

32)大木健太郎,柴 徳生,新井 心,朴 明子,外松 学,清河信敬,林 泰秀.小児リンパ腫における遺伝子異常の解析.第54回日本小児血液・がん学会学術集会.2012.12.2.横浜

33)大木康史,荒川浩一.NICUにおいて血流感染症判定基準の相違が診断頻度に与える影響の検討.第27回日本環境感染学会.2012.2.4-6.福岡市

34)大木康史,河野美幸,荒川浩一,北島博之.末梢穿刺中心静脈カテーテルの管理に関する全国アンケート調査.第57回日本未熟児新生児学会.2012.11.25-27.熊本市

35)大津義晃,中川祐子,荒川浩一,小島 至.GLP-1分泌細胞HuTu-80における甘味受容体の機能解析.第55回日本糖尿病学会年次学術集会.2012.5.17-19.横浜

36)大津義晃,中川祐子,小島 至.GLP-1分泌細胞HuTu-80における甘味受容体の機能解析.第16回小児分子内分泌研究会.2012.7.7-8.小樽

37)大津義晃,中川祐子,小島 至.GLP-1分泌細胞における甘味受容体の機能.第30回内分泌代謝学サマーセミナー.2012.7.12-14.伊香保

38)大津義晃,中川祐子,小島 至.GLP-1産生細胞における甘味受容体シグナル.第11回生体機能研究会.2012.7.21-22.箱根

39)大津義晃,服部重人,河野美幸,高橋 舞,山田思郎,荒川浩一.偽性副甲状腺機能低下症の早期診断に有用な所見の検討~初期症状としての乳児肥満~.第46回小児内分泌学会学術集会.2012.9.27-29.大阪

40)大津義晃,高橋 舞,小和瀬貴律,山田思郎,荒川浩一.大震災における1型糖尿病患者の対応と今後の課題~東日本大震災被災地と群馬県のアンケート調査の結果から.第46回小児内分泌学会学術集会.2012.9.27-29.大阪

41)大津義晃,中川祐子,小島 至.甘味受容体シグナルの多様性~GLP-1産生細胞での検討~.第35回北関東内分泌・糖尿病セミナー.2012.11.10.大手町

42)Okuno H, Shiba N, Shiraishi Y, Yoshida K, Nagata Y, Sato Y, Ohki K, Kato M, Park MJ, Kanazawa T, Kudo K, Chiba K, Tanaka H, Ito E, Takita J, Sanada M, Hayashi Y, Miyano S, Ogawa S. Clonal architecture and evolution of pediatric AML. 第74回日本血液学会学術集会.2012.10.20.京都

43)オロソー ソロンゴ,滝沢琢己,荒川浩一.ヒト気道上皮細胞におけるムチン産生制御機構の解明.第59回北関東医学会総会.2012.09.27-28.群馬大学医学部刀城会館

44)金澤 崇.Heavy ion therapy for Relapse/Refractory Childhood tumor: A phase I trial.2012.11.横浜

45)梶田幸夫,田村典子,今井 恵,山口景子,村岡容子,桑島 信.過誤輸血を防御するシステムへの検査技師の関与.第60回日本輸血・細胞治療学会総会:シンポジウム「輸血過誤と対策」.2012.05.25.郡山

46)加藤政彦, 山田佳之, 丸山健一, 林 泰秀. 当センターにおけるRSウイルス感染症の過去3年間の検討.第115回日本小児科学会学術集会.2012.4.21.福岡

47)加藤政彦,山田佳之.好酸球性顆粒蛋白によるウイルス感染気道上皮細胞傷害とそのメカニズム.第62日本アレルギー学会学術大会.2012.12.1.大阪

48)金子真理,八木久子,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.食物依存性運動誘発アナフィラキシーとして発症したリンゴアレルギーの1例.第49回日本小児アレルギー学会.2012.9.15-16.大阪

49)鏑木浩太,八木久子,西田 豊,石毛 崇,滝沢琢己,荒川浩一.キャンドルオイル誤飲によるリポイド肺炎の1例.第59回群馬小児喘息研究会・第5回群馬小児咳嗽研究会.11月10日.前橋

50)釜萢桂子,澤浦法子,本多文昭, 龍城真衣子,五十嵐恒雄,荒川浩一.細菌性髄膜炎に併発した多発性脳梗塞にTRH療法が有効であった症例.神経内分泌代謝カンファレンス.2012年5月10日.前橋

51)鎌 裕一,加藤政彦,中島公子,富沢仙一,山田佳之,丸山健一, 林泰秀. 若年性特発性関節炎におけるヒト型抗TNFαモノクローナル抗体(ヒュミラ®)の使用経験. 第3回小児炎症研究会.2012. 6.16.東京

52)鎌 裕一,加藤政彦.長期の喘鳴を呈した食道異物の1男児例.第45回日本小児呼吸器疾患学会.2012.9. 28.旭川

53)河野美幸,大木康史,荒川浩一.母体精神疾患を合併したNICU入院患者への周産期の社会的関わりについて .第48回日本周産期新生児医学会.2012.7.8-10.大宮市

54)河野美幸,大木康史,荒川浩一.Methimazole embryopathyの4例.第36回日本小児皮膚科学会.2012.7.14-15.前橋市

55)河野美幸,大木康史,大和玄季,松村真理子,荒川浩一.アプガースコア0点で出生し,蘇生・低体温療法を施行した1例.⑦ 群馬県救急医療懇話会.2012.9.9.前橋市

56)小泉亜矢,市之宮健二,井上文孝,関矢亜矢子,井上貴弘,藤生 徹,丸山憲一.一過性高インスリン血症を疑ったSGA低出生体重児の発達・発育予後に関する検討.第48回日本周産期・新生児医学会総会.2012.7.10.大宮

57)郷原信郎,相田典子,小熊栄二, 金子一成,宮本哲也,山本正二, 木ノ元直樹,溝口史剛.シンポジウム:児童虐待の防止とAi.平成24年度日本医師会Ai学術シンポジウム.2012.7.1.東京

58)小島 至,中川祐子,大津義晃,長澤雅裕.膵β細胞におけるグルコースの作用機構-代謝に依存しないシグナル産生機構について.平成24年度生理学研究所研究会(代表:永井健治)「超階層シグナル伝達研究の新展開」.2012.10.1-2.岡崎

59)小和瀬貴律,山田思郎,荒川浩一.感染を契機に急性副腎不全を時にきたすPOR異常症の兄弟例.第7回群馬小児神経内分泌代謝カンファレンス.2012.10.11.前橋

60)小和瀬貴律,高橋 舞,大津義晃,服部重人,山田思郎,登坂雅彦,荒川浩一.中枢性尿崩症と診断後,画像所見に異常を認める前に下垂体前葉ホルモン分泌刺激試験の経時的検討などから胚細胞種と診断しえた一例.第10回北関東間脳下垂体研究会.2012.10.30.前橋

61)小泉亜矢,市之宮健二,井上文孝,関矢亜矢子,井上貴博,藤生 徹,丸山憲一.一過性高インスリン血症を疑ったSGA低出生体重児の発達・発育予後に関する検討. 第48回日本周産期・新生児医学会学術集会.2012.7.10.さいたま

62)小山晴美,八木久子,中嶋直樹,萩原里実,小柳貴人,滝沢琢己,荒川浩一.新規特異的IgE抗体測定法が臨床的に有用であった食物アレルギーの1症例.第24回日本アレルギー学会春季臨床大会.5/12-5/13.大阪

63)小山晴美,八木久子,西田 豊,佐藤幸一郎,滝沢琢己,荒川浩一.アラスタット3gAllergyによる卵特異的IgE抗体の臨床評価.第62回日本アレルギー学会秋季学術大会.11/29-12/1.大阪

64)澤浦法子,村松一洋,緒方朋実,釜萢桂子,飯田英基,椎原 隆,渡辺美緒,神尾綾乃,荒川浩一.高度な胸郭変形により気管狭窄・気管軟化を来した重症心身障害児の2例.群馬重症心身障害児呼吸管理研究会.2012.2.24.前橋

65)澤浦法子,村松一洋,釜萢桂子,荒川浩一.腸管出血性大腸菌(EHEC)脳症の剖検例.第54回日本小児神経学会総会.2012.5.17-19.札幌

66)澤浦法子,釜萢桂子,村松一洋,荒川浩一.当科におけるLeveteracetam使用例の検討.第1回群馬神経疾患セミナー.2012.6.29.前橋

67)澤浦法子,釜萢桂子,村松一洋,荒川浩一.当科におけるLeveteracetam使用例の検討.第7回群馬小児神経内分泌カンファレンス.2012.10.30.前橋

68)澤浦法子,釜萢桂子,荒川浩一.HHV6による急性脳症の2症例.第12回 群馬臨床ウィルス研究会.2012.11.15.前橋

69)櫻井伸晴,加藤政彦,朴 明子,山田佳之,丸山健一,林 泰秀,吉橋博史,竹崎俊一郎,山田雅文,金兼弘和. 慢性粘膜皮膚カンジダ症の2例. 第115回日本小児科学会学術集会.2012.4.20.福岡

70)櫻井信晴,加藤政彦,朴 明子,山田佳之,丸山健一,林 泰秀,吉橋博史,竹崎俊一郎,山田雅文,金兼弘和.慢性粘膜皮膚カンジダ症の2例.第36回日本小児皮膚科学会.2012.7.14.前橋

71)櫻井伸晴,関  満,池田健太郎,下山伸也,小林富男.発育不均衡をていした双胎の発育不良児に大動脈狭窄性病変を合併した4例.第48日本小児循環器学会.2012.7.5.京都

72)佐藤幸一郎,八木久子,中嶋直樹,水野隆久,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.著しい高IgE血症を伴った食物アレルギー児の1例.第29回小児難治喘息・アレルギー疾患学会.6/16~6/17.大阪

73)佐藤幸一郎,福田一代,八木久子,大木康史,滝沢琢己,荒川浩一,飯田英基,川田倫之,村田考啓,安岡義人.喉頭裂を伴った喉頭軟弱症の1例 第2報.第7回小児耳鼻咽喉科学会.6/21~6/22.岡山

74)佐藤幸一郎,八木久子,中嶋直樹,水野隆久,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.著しい高IgE血症を伴ったアトピー性皮膚炎の1例.第36回日本小児皮膚科学会.7/14~7/15.前橋

75)佐藤幸一郎,八木久子,西田 豊,萩原里実,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.小児慢性特定疾患データおよび非継続症例にみる慢性肺疾患の疫学動態.第49回日本小児アレルギー学会.9/15~9/16.大阪

76)佐藤幸一郎,岸 史子,八木久子,西田 豊,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.重症アトピー性皮膚炎および食物アレルギーを合併した伴性劣性遺伝性無汗症性外胚葉形成不全の1例.第45回小児呼吸器疾患学会.9/28~9/29.旭川

77)佐藤幸一郎,八木久子,西田 豊,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.軽症持続型喘息治療に関するアンケート調査.第59回群馬小児喘息研究会・第5回群馬小児咳嗽研究会.11月10日.前橋

78)佐藤幸一郎,八木久子,中嶋直樹,水野隆久,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.著しい高IgE血症を伴った食物アレルギー児の1例.第29回小児難治喘息・アレルギー疾患学会.6/16~6/17.大阪

79)佐藤幸一郎,福田一代,八木久子,大木康史,滝沢琢己,荒川浩一,飯田英基,川田倫之,村田考啓,安岡義人.喉頭裂を伴った喉頭軟弱症の1例 第2報.第7回小児耳鼻咽喉科学会.6/21~6/22.岡山

80)柴 徳生.発現アレイを用いた小児急性骨髄性白血病におけるNUP98-NSD1再構成関連群の解析.第115回日本小児科学会.2012.4.福岡

81)柴 徳生.全エクソーム解析による小児急性骨髄性白血病の新規発症原因遺伝子変異の同定.JPLSG総会.2012.6.名古屋

82)柴 徳生.発現アレイを用いた小児急性骨髄性白血病におけるNUP98-NSD1再構成関連群の臨床的意義に関する解析.JPLSG総会.2012..6.名古屋

83)柴 徳生.小児急性骨髄性白血病におけるNUP98-NSD1遺伝子再構成の臨床的意義-AML05臨床試験-.JPLSG総会.2012..6.名古屋

84)柴 徳生.Identification of Somatic Mutations in pediatric Acute Myeloid Leukeimia Using Whole-Exome Sequencing.第54回日本小児血液学会.2012.11.横浜

85)柴 徳生.GATA2 mutations in pediatric acute myeloid leukemia. 第54回日本小児血液学会.2012.11.横浜

86)柴 徳生,市川 仁,滝 智彦,朴 明子,嶋田 明,田渕 健,荒川浩一,足立壮一,堀部敬三,林 泰秀.発現アレイを用いた小児急性骨髄性白血病における,NUP98-NSD1融合遺伝子の解析.第115回日本小児科学会学術集会.2012.4.21.福岡

87)柴 徳生,吉田健一,奥野友介,白石友一,田中洋子,永田安伸,滝田順子,荒川浩一,伊藤悦朗,真田 昌,宮野 悟,小川誠司,林 泰秀.全エクソーム解析による小児急性骨髄性白血病の新規発症原因遺伝子変異の同定.第71回日本癌学会学術総会.2012.9.21.札幌

88)Shiba N, Yoshida K, Okuno Y, Shiraishi Y, Tanaka H, Chiba K, Nagata Y, Ohki K, Kato M, Park MJ, Takita J, Kanazawa T, Kudo K, Arakawa H, Ito E, Sanada M, Miyano S, Ogawa S, Hayashi Y. Whole exome resequencing reveals novel gene mutations in pediatric AML. 第74回日本血液学会学術集会.2012.10.20.京都

89)Shiba N, Ichikawa H, Taki T, Park MJ, Jo A, Mitani S, Shimada A, Sotomatsu M, Arakawa H, Tabuchi K, Adachi S, Tawa A, Horibe K, Tsuchida M, Hanada R, Tsukimoto I, Hayashi Y. NUP98-NSD1 related gene expression signature is associated with a poor prognosis in pediatric AML. 第74回日本血液学会学術集会.2012.10.21.京都

90)柴 徳生,吉田健一,奥野友介,白石友一,加藤元博,大木健太郎,朴 明子,金澤 崇,工藤寿子,滝田順子,加藤啓輔,荒川浩一,伊藤悦朗,花田良二,真田 昌,小川誠司,林 泰秀.全エクソーム解析による小児急性骨髄性白血病の新規発症原因遺伝子変異の同定.第54回日本小児血液・がん学会学術集会.2012.12.1.横浜

91)柴 徳生,大木健太郎,朴 明子,市川 仁,足立壮一,外松 学,荒川浩一,田渕 健,多和昭雄,堀部敬三,土田昌宏,花田良二,月本一郎,林 泰秀.小児急性骨髄性白血病におけるGATA2遺伝子変異同定.第54回日本小児血液・がん学会学術集会.2012.12.1.横浜

92)下山伸哉,関  満,池田健太郎,櫻井伸晴,小林 徹,小林富男,荒川浩一.小児漏斗胸患者における心エコー法を用いた左右肺血流不均衡および縦隔左方偏位の検討.第48回日本小児循環器学会. 2012.7.5.京都

93)下山伸哉,池田健太郎,関  満,櫻井伸晴,小林 徹,小林富男,荒川浩一.パルスドップラー法を用いた漏斗胸患児におけるNuss手術前後の肺血流の検討.第48回日本小児循環器学会.2012.7.6.京都

94)下山伸哉,中島公子,石井陽一郎,関満,浜島昭人,小林富男,小林 徹,望月博之,荒川浩一.漏斗胸Nuss手術前後に対するパルスドップラー法を用いた肺血流低侵襲評価.第45回日本小児呼吸器疾患学会.2012.9.28.旭川

95)鈴木加奈子,山田思郎,高橋 舞,大津義晃,高野洋子,荒川浩―.成長ホルモン反応不良の低身長の1例.第3回信越北関東内分泌代謝セミナー.2012.2.18.高崎

96)鈴木加奈子,山田思郎,高橋 舞,大津義晃,小和瀬貴律,荒川浩一.糖尿病発症前のMaturity-Onset Diabetes of the young(MODY5)の1 例における10 年間の耐糖能の変化について.第46回小児内分泌学会学術集会.2012.9.27-29.大阪

97)鈴木加奈子,大津義晃,石毛 崇,高橋 舞,溝口史剛,大須賀稔樹,小和瀬貴律,山田思郎,荒川浩一.新生児糖尿病を発症し,インスリン持続皮下注入法とケトン食療法で治療しているミトコンドリア病の一例.第7回群馬小児神経内分泌代謝カンファレンス.2012.10.11.

98)関  満,栗島クララ,中川 良,齊木宏文,増谷 聡,石戸博隆,竹田津未生,先崎秀明.Fontan循環における慣性の意義と心機能指標との関係性.第48回日本小児循環器学会.2012.7.5.京都

99)関  満,齊木宏文,増谷 聡,栗島クララ,中川 良,石戸博隆,竹田津未生,先崎秀明.Fontan患者における新生児姑息術と大動脈壁硬度との関係.第48回日本小児循環器学会.2012.7.6.京都

100)関  満,池田健太郎,下山伸哉,乾 明敏,尾崎晋一,宮本隆司,小林富男,梶野浩樹.術後急性期肺高血圧症に対するタダラフィル低用量投与の有効性.第48回日本小児循環器学会.2012.7.6.京都

101)関  満,尾内善広,阿部 淳,小林 徹,小川俊一,原 寿郎,市田蕗子,荒川浩一,佐地勉.川崎病遺伝コンソーシアムの設立 第二報. 日本川崎病学会.2012.10.12.東京

102)関  満,栗島クララ,中川 良,齊木宏文,増谷 聡,石戸博隆,竹田津未生,先崎秀明.Wave intensity analysisを用いたファロー四徴症術後患者の左室収縮能の検討.日本小児循環動態研究会.2012.11.16.札幌

103)高木陽子,山本一恵,針谷 晃,桑島 信,竹内東光,岡田克己.加水分解乳によるビオチン欠乏症状を呈したミルクアレルギーの極低出生体重児双胎例.第36回日本小児皮膚科学会学術大会.2012.7.15.前橋

104)高橋 舞,服部重人, 大津義晃, 山田思郎, 荒川浩一.ビタミンD欠乏症家族例母乳栄養による兄弟例と潜在的同症の母.第21回臨床内分泌代謝Update.2012.1.27-28.浜松

105)高橋 舞,大津義晃,石毛 崇,鈴木加奈子,溝口史剛,大須賀稔樹,小和瀬貴律,山田思郎,荒川浩一. 新生児糖尿病を発症しインスリン持続皮下注入法とケトン食療法で治療しているミトコントドリア病の1例.第3回信越北関東内分泌代謝セミナー.2012.2.18.高崎

106)高橋 舞,釜萢桂子,吉澤千景,懸川聡子,澤浦法子,渡部登志雄,山田思郎,荒川浩一.高血圧性脳症で発症したレニン産生腫瘍の1例.第6回群馬小児神経内分泌代謝カンファレンス.2012.5.10.前橋

107)高橋 舞,渡部登志雄,山田思郎,永井弥生,荒川浩一.1型糖尿病に自己免疫性甲状腺疾患と若年性皮膚筋炎を合併した一例.第36回日本小児皮膚科学会学術大会.2012.7.14-15.前橋

108)高橋 舞,大津義晃,服部重人,山田思郎,登坂雅彦,荒川浩一.中枢性尿崩症診断後,画像所見に変化を認める前に負荷試験の変化から胚細胞腫と診断しえた一例.第46回小児内分泌学会学術集会.2012.9.27-29.大阪

109)滝沢琢己,岸 史子,安田正人,横山洋子,天野博雄,安部正敏,石川 治,荒川浩一.伴性劣性遺伝が疑われた無汗症性外胚葉形成不全症の1例.第36回日本小児皮膚科学会.7/14~7/15.前橋

110)龍城真衣子,石毛 崇,羽鳥麗子,友政 剛,荒川浩一.抗リン脂質抗体症候群を合併した潰瘍性大腸炎の小児例.第14回北関東炎症性腸疾患研究会.2012.2.17.前橋

111)龍城真衣子,石毛 崇,羽鳥麗子,友政 剛,荒川浩一.食物アレルギーの関与が疑われる小児十二指腸潰瘍の3例.第58回群馬小児喘息研究会・食物アレルギー研究会.2012.5.24.前橋

112)龍城真衣子,石毛 崇,羽鳥麗子,友政 剛,荒川浩一.潰瘍性大腸炎幼児例におけるタクロリムスの使用経験.群馬県プログラフ潰瘍性大腸炎治療講演会.2012.5.31.前橋

113)龍城真衣子,石毛 崇,羽鳥麗子,友政 剛,金澤 崇,奥野はるな,原 勇介,荒川浩一.消化管病理所見から確定診断に至ったLangerhans細胞組織球症の1例.第39回小児内視鏡研究会.2012.7.7.東京

114)龍城真衣子,石毛 崇,羽鳥麗子,友政 剛,平戸純子,河合利尚,外間 昭,荒川浩一.炎症性腸疾患と鑑別困難であった小児Whipple病の1例.群馬県大腸疾患研究会.2012.11.10.前橋

115)龍城真衣子,石毛 崇,羽鳥麗子,友政 剛,荒川浩一.炎症性腸疾患と鑑別困難であった小児Whipple病の1例.JDDW2012 .2012.10.10-13.神戸

116)龍城真衣子,石毛 崇,羽鳥麗子,友政 剛,荒川浩一.炎症性腸疾患と鑑別困難であった小児Whipple病の1例.第39回日本小児栄養消化器肝臓学会.2012.7.14-15.大阪

117)田中健介,関  満,池田健太郎,下山伸也,乾明敏,尾崎晋一,宮本隆司,小林富男.Unroofing techniqueによる根治術を行った左冠動脈バルサルバ洞起始症の一例. 第48日本小児循環器学会.2012.7.6.京都

118)土屋敦子,石毛 崇,羽鳥麗子,龍城真衣子,友政 剛,荒川浩一.抗リン脂質抗体症候群を合併した潰瘍性大腸炎の小児例.第12回日本小児IBD研究会.2012.2.11.東京

119)土屋敦子,石毛 崇,羽鳥麗子,龍城真衣子,友政剛,荒川浩一.抗リン脂質抗体症候群を合併した潰瘍性大腸炎の小児例.第115回日本小児科学会学術集会.2012.4.20-22.福岡

120)土岐文彰,山本英輝,西  明,鈴木則夫,平戸純子,畠山信逸,新井 心,大木健太郎,朴明子,外松 学,林 泰秀.治療に難渋し救命し得なかった乳児進行神経芽腫の1例.第23回群馬小児がん研究会.2012.8.24.前橋

121)土岐文彰,山本英輝,西  明,鈴木則夫,平戸純子,新井 心,大木健太郎,朴 明子,外松 学,林 泰秀.Oncogenic emergencyにより減張開腹術を施行し治療に難渋している乳児4s神経芽腫の1例.第22回群馬小児がん研究会.2012.1.27.前橋

122)土岐文彰,山本英輝,西  明,鈴木則夫,丸山健一,畠山信逸,平戸純子.アレルギー性紫斑病の治療中に消化管穿孔を来した2例.第47回日本小児外科学会関東甲信越地方.2012.10.13.新潟

123)中島公子,渡辺美緒,加藤政彦,丸山健一,藤生 徹,畠山信逸,松下郁江,勝山志野,臼田由美子. 嚥下協調運動障害により偽性Bartter症候群を呈した一乳児例.第56回群馬腎疾患研究会.2012.3.23.前橋

124)中島公子,石井陽一郎,関  満,下山伸哉,小林富男,丸山憲一,京谷琢冶,高木 剛.当院において診断,治療した胎児,新生児不整脈の検討.第40回群馬小児循環器研究.2012.9.29.前橋

125)西田 豊,小山晴美,八木久子,萩原里実,滝沢琢己,荒川浩一.新規特異的IgE抗体価測定法が有用であると考えられた食物アレルギーの1症例.第49回日本小児アレルギー学会.2012年9月15~16日.大阪

126)西田 豊,石毛 崇,龍城真衣子,羽鳥麗子,八木久子,滝沢琢己,上田尚靖,渥美達也,荒川浩一.進行する脳血管障害を合併する潰瘍性大腸炎の幼児例.第22回日本小児リウマチ学会.2012年10月5~7日.名古屋

127)西田 豊,石毛 崇,荒川浩一.難治性アトピー性皮膚炎, 多抗原陽性食物アレルギーを認める高IgE血症児の一例.第44回日本小児感染症学会.2012年11月23~25日.小倉

128)原 勇介.Drug resitant profile of ETP-ALL.2012.11.横浜

129)蓮見純平,依田達也,細谷まち子,牛久英雄.全身麻酔下の整復を要した環軸椎回旋位固定の1例.第118回甲信地方会.

130)羽田ゆう,山本 歩,重田大輔,上田宗胤,蓮見純平,清水 隆,依田達也,細谷まち子,牛久英雄.新生児薬物離脱症候群が疑われた2例.長野地方会.2012.6.

131)服部重人.~骨硬化像と低身長を呈する濃化異骨症Pycnodysostosis~自験例を中心に~.第2回群馬小児骨代謝研究会(基調講演).2012.5.24.前橋

132)羽鳥麗子,友政 剛,石毛 崇,龍城真衣子,荒川浩一.超音波法による慢性便秘児の直腸径計測(第2報)-計測部位の検討.第42回日本小児消化管機能研究会..2012.2.18.鹿児島

133)羽鳥麗子,友政 剛,石毛 崇,龍城真衣子,荒川浩一.超音波法による慢性便秘児の直腸径計測.第115回日本小児科学会学術集会.2012.4.20-22.福岡

134)羽鳥麗子.「小児慢性機能性便秘症診療ガイドラインの作成にむけて」超音波法による遺糞症児の直腸径計測.第39回日本小児栄養消化器肝臓学会ミニシンポジウム.2012.7.14-15.大阪

135)福田一代,高橋麻里子,大和玄季,徳山朋子,松村真理子,井田久仁子,山本一恵,浦野博央,針谷 晃,桑島 信,竹内東光.胎児期より脳室拡大と脳梁低形成を認めたピルビン酸脱水素酵素複合体欠損症の一例.第48回日本周産期新生児医学会学術集会.2012.7.8-10.大宮ソニックシティ

136)福田一代,山本一恵,浦野博央,針谷 晃,桑島 信.胎児期より脳室拡大と脳梁低形成を認めたピルビン酸脱水素酵素複合体欠損症の一例.第48回日本周産期・新生児医学会学術集会.2012.07.08.さいたま

137)松村真理子,河野美幸,大木康史,荒川浩一.ヒトパルボウイルスB19の水平感染により,aplastic crisisを来した極低出生体重児例.第48回日本周産期新生児医学会.2012.7.8-10.大宮市

138)藤生 徹,井上貴博,小泉亜矢,井上文孝,市之宮健二,丸山憲一.超早産児における小脳病変の検討.第57回日本未熟児新生児学会学術集会.2012.11.27.熊本

139)朴 明子,大木健太郎,新井 心,外松 学,清河信敬,小田 慈,堀部敬三,林 泰秀.MLPA法を用いたT-ALL遺伝子異常についての解析.第54回日本小児血液・がん学会学術集会.2012.11.30.横浜

140)丸山憲一.シンポジウム「医療者のための母乳育児教育を考える」『NICUスタッフの教育』.第27回日本母乳哺育学会学術集会.2012.9.9.東京

141)丸山憲一,藤生 徹,井上貴博,関矢亜矢子,小泉亜矢,井上文孝,市之宮健二.早産児の新生児早期における授乳後の腸管血流速度の変化:母乳栄養と人工栄養の比較.第115回日本小児科学会学術集会.2012.4.20.福岡

142)丸山憲一,藤生 徹,井上貴博,関矢亜矢子,小泉亜矢,井上文孝,市之宮健二,高木 剛,嶋田亜公子.αサラセミア・メジャーの新生児例.第48回日本周産期・新生児医学会学術集会.2012.7.8. さいたま

143)丸山憲一,藤生 徹,井上貴博,小泉亜矢,井上文孝,市之宮健二,鮫島希代子.限局性脂肪肝を認めた18トリソミーの1例. 第57回日本未熟児新生児学会学術集会.2012.11.26.熊本

144)三宅妙子,山田佳之,藤生 徹,長井綾子.RSアウトブレイクの経験を機に改善した新生児病棟の血液培養とMRSA監視培養状況.第27回日本環境感染学会. 2012.2.4.福岡

145)溝口史剛,郷原信郎,相田典子,小熊栄二, 金子一成,宮本哲也,山本正二, 木ノ元直樹.シンポジウム:児童虐待の防止とAi.平成24年度日本医師会Ai学術シンポジウム.平成24年7月1日.東京

146)溝口史剛,松本 務,奥山眞紀子,有田信一.教育プログラム:虐待の早期発見と対応~小児科医,小児歯科医の立場から.第18回日本子ども虐待防止学会.平成24年12月8日.高知

147)溝口史剛,森臨太郎,山中龍宏,福永龍繁.シンポジウム:わが国で始まったCDR試行―期待できる成果と実現へのハードル- 医療機関での実施方法と試行結果.チャイルド・デス・レビュー(CDR)に関する厚生労働科学研究班 第三回公開シンポジウム.平成24年12月24日.東京

148)溝口史剛.ワークショップ:「小児の死亡登録システムの構築に向けて」小児の死亡登録検証システム.SIDS学会.2012.3.2.東京

149)溝口史剛.小児科医として,虐待対応に関して医療ソーシャルワーカーに望むこと.第60回日本医療社会福祉協会全国大会・第32回日本医療社会事業学会.2012.5.25.前橋

150)溝口史剛.シンポジウム:子ども虐待のindicatorとしての皮膚病変を科学する 子ども虐待と小児皮膚-臨床的知見からの鑑別-.第36回日本小児皮膚科学会学術集会.2012.7.16.前橋

151)溝口史剛,田崎みどり,内山健太郎,小穴慎二,山田不二子,奥山眞紀子.研修企画:BEAMS-医療機関向け虐待啓発・教育・ピアレビュープログラム-.第18回日本子ども虐待防止学会.2012.12.28.高知

152)溝口史剛,高岡昂太,後藤啓二,野村武司.分科会:重篤虐待事例での多機関連携を考える.第18回日本子ども虐待防止学会.2012.12.28.高知

153)三谷幸代,城 青衣,嶋田 明,柴 徳生,林 泰秀,市川 仁.2遺伝子の発現に基づく高リスク小児急性骨髄性白血病の同定.第71回日本癌学会学術総会.2012.9.19.札幌

154)Muramatsu K, Noriko Sawaura, Keiko Kamayachi, Tomomi Ogata, Hirokazu Arakawa.BTBD9,genetic association with Restless Legs Syndrome, deficient mice show dopaminergic abnormality.(英語口演)Nominee of English Session.第54回小児神経学会総会2012.17-19, May 2012.札幌,日本

155)村松礼子.シンポジウム3 若き研究者の夢「気道炎症性疾患患者の呼気凝集液に対する気道上皮細胞の反応」.2) 第29回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会.2012年6月16-17日.大阪

156)本島敏乃,山田思郎,釜萢桂子,澤浦法子,荒川浩一.ミオクロニー失立てんかんを合併し,遺伝子変異を認めた高インスリン・高アンモニア血症の男児例.神経内分泌カンファレンスてんかん懇話会.2011.2.3 2012.5.10.前橋

157)本島敏乃.ちょっと気になる子どもたちに,地域でできることを考えよう.太田市こども早期療育委員会福祉講演会.2012.11.15.太田

158)本島敏乃.太田市における発達障害児支援の現状と乳幼児健診.太田市小児科医会座談会.2012.3.9.太田

159)本島敏乃,新井ひでえ,小俣 卓,田辺雄三(千葉県こども病院).自閉症の常同運動との鑑別を要したbobble-head doll syndromeの男児例.日本小児神経学会総会.2012.5.17~19.札幌

160)山田佳之,野村伊知郎,松本健治,滝 智彦,鈴木則夫,林 泰秀.本邦での小児好酸球性食道炎,食道好酸球浸潤に関する実態調査.第115回日本小児科学会学術集会.2012.4.20.福岡

161)八木久子,佐藤幸一郎,西田 豊,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.「経口負荷試験中にIgE依存性即時型反応が出現した新生児・乳児消化管アレルギーの1例」.第24回日本アレルギー学会春季臨床大会.5/12~5/13.大阪

162)八木久子,西田 豊,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.「運動誘発アナフィラキシーの一例」.第49回日本小児アレルギー学会.9/15~9/16.大阪

163)山田佳之,西  明,平戸純子, 加藤政彦,鈴木則夫.先天性食道閉鎖症・狭窄症における食道好酸球性炎症. 第26回アレルギー・好酸球研究会2012.2012.6.23.東京

164)山田佳之.先天性食道閉鎖症・狭窄症に関連した食道好酸球増多. 第39回日本小児栄養消化器肝臓学会.2012.7.15.大阪

165)山田佳之,加藤政彦.食道の好酸球性炎症を認めた先天性食道閉鎖症(術後)・狭窄症. 第62日本アレルギー学会学術大会.2012. 11.29.大阪

166)山田思郎,高橋 舞,大津義晃,鈴木加奈子,荒川浩一.OGTTにおける遊離脂肪酸測定~遊離脂肪酸測定はインスリン作用の新たな一面を明らかにする.第46回小児内分泌学会学術集会.2012.9.27-29.大阪

167)大和玄季,石毛 崇,羽鳥麗子,龍城真衣子,中山佳子,友政 剛,荒川浩一.メサラジン投与後に心筋炎を発症した小児クローン病の一例.第12回日本小児IBD研究会.2012.2.11.東京

168)渡辺美緒,椎原 隆,臼田由美子,河畑孝佳,斎藤加代子.非侵襲的陽圧換気療法を導入したメロシン欠損型先天性筋ジストロフィーの2例.第54回日本小児神経学会総会.2012.5.17-19.札幌

169)渡辺美緒,石坂泰子,臼田由美子.小児専門病院におけるレスパイト入院の実施.第38回日本重症心身障害学会学術集会.2012.9.28-29.東京

170)釜萢桂子,村松一洋,澤浦法子,椎原 隆,高橋幸利,荒川浩一.転換性障害との鑑別に苦慮した非ヘルペス性急性辺縁系脳炎の1例.日本小児神経学会.2012年5月17-19日.札幌

171)若井公子,西  明,山本英輝,土岐文彰,朴 明子,丸山憲一,外松 学,鈴木則夫,平戸純子,林 泰秀.出生時より巨大右背部腫瘍を認めたCongenital/Infantile fibrosarcomaの一症例.第54回日本小児血液・がん学会学術集会.2012.12.2.横浜

〈日本小児科学会群馬地方会講和会発表演題〉
1)山田思郎,鈴木加奈子,高橋 舞,大津義晃,高野洋子,荒川浩一.成長ホルモン反応不良の一例.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
2)矢島昭彦,佐藤絵里子,伊東大吾,齋藤耕一郎,深澤尚伊.2011年に流行したマイコプラズマ肺炎に対する当院での治療の実態.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
3)井上文孝,丸山憲一,藤生 徹,井上貴博,関矢亜矢子,小泉亜矢.カルバミルリン酸合成酵素Ⅰ(CPS1)欠損症の一例.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
4)鏑木浩太,龍城真衣子,萩原里実,大須賀稔,五十嵐恒雄.詳細な問診で診断に至った,薬物過量内服の一例.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
5)三原大輔,川島 淳,安藤桂衣,橘木浩平,田中健佑,柴  梓,後藤智紀,清水真理子,荒川泰子,松井敦.「歩かない」を主訴に化膿性股関節炎が疑われ紹介となった2歳男児の一例.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
6)溝口史剛,滝沢琢己,岡田恭典,大嶋清宏,松井 敦,林 泰秀,荒川浩一.我が国のチャイルドデスレビューと小児死亡登録検証制度設立に向けて-群馬県での取り組み開始報告-.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
7)中林洋介,清水直樹.けいれん重積に肺水腫および心筋障害を合併した一例.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
8)本島敏乃.乳幼児期よりplexiform neurofibromaの増大を認めている神経線維腫症1型の家系例.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
9)井上貴晴,徳山朋子,吉澤千景,池内由果,水野隆久,須永康夫,田代雅彦,大西秀典,大石和徳.6C型肺炎球菌による敗血症・髄膜炎を反復した一例.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
10)井田久仁子,浅見雄司,小笠原聡,林  優,福田一代,山本一恵,浦野博央,針谷 晃,桑島 信,竹内東光.けいれん重積で受診したミトコンドリア脳筋症・乳酸アシドーシス・脳卒中様発作症候群(MELAS)の一例.2012.3.4.桐生
11)川島 淳,安藤桂衣,橘木浩平,田中健佑,三原大輔,柴  梓,後藤智紀,清水真理子,荒川泰子,松井敦,藤巻広也.Pfeiffer症候群の一例.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
12)河野美幸,大和玄季,土屋敦子,落合由加利,大木康史,.荒川浩一.アプガースコア0点で出生し,蘇生・低体温療法を施行した一例.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
13)宮川陽一,原勇介,鈴木加奈子,宇都宮友恵,高野洋子,前田昇三.乳児の慢性硬膜下血腫2例.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
14)染谷真紀,天笠俊介,依田達也,牛久英雄,塩原正明.出血時補充療法中に凝固抑制因子が検出された血友病Aの症例.第189回群馬地方会.2012.3.4.桐生
15)市之宮健二,井上文孝,小泉亜矢,井上貴博,関矢亜矢子,藤生 徹,丸山憲一,野呂瀬一美,青才文江,先天性トキソプラズマ症の1例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
16)八木久子,石毛 崇,西田 豊,龍城真衣子,羽鳥麗子,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.新生児・乳児消化管アレルギー12症例の検討.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
17)重田大輔,八木久子,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一,森川昭廣,運動誘発アナフィラキシーの1例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
18)土屋敦子,松村真理子,河野美幸,大木康史,荒川浩一.先天性サイトメガロウイルス(CMV)感染症に対しvalganciclovir(VGCV)を投与した1例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
19)蓮見純平,重田大輔,羽田ゆう,上田宗胤,山本 歩,清水 隆,依田達也,細谷まち子,牛久英雄,山城安啓,服部幸夫.鉄欠乏性貧血と診断されていたβサラセミアの母子例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
20)中林洋介,清水直樹,新生児期に頭蓋内出血で発症した血友病の1例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
21)鈴木江里子,金澤 崇,新井修平,原 勇介,龍城真衣子,奥野はるな,石毛崇,羽鳥麗子,荒川浩一.消化管病理所見から確定診断に至ったLCHの1例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
22)羽鳥麗子,友政 剛,石毛 崇,龍城真衣子,荒川浩一.超音波法による遺糞症児の直腸径計測.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
23)浅見雄司,鏑木浩太,土屋敦子,飯島真由子,宇都宮朋宏,大須賀稔樹,五十嵐恒雄,西明,鈴木則夫.血管性紫斑病に合併したメッケル憩室炎の1例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
24)石毛 崇,龍城真衣子,羽鳥麗子,山本英輝,友政 剛,鈴木光幸,清水俊明,荒川浩一.SPINK1遺伝子に遺伝子変異を同定した遺伝性膵炎の小児例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
25)松井 敦,安藤桂衣,田中健佑,三原大輔,柴  梓,萩原里実,清水真理子.経口カルバ
ペネム系抗菌薬を使用されている患者の経過をまとめて投与開始の妥協点を考える.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
26)中島公子,加藤雅彦,富沢仙一,鎌 裕一,山田佳之,丸山健一,林 泰秀.若年性特発性関節炎におけるヒト型抗TNFαモノクローナル抗体(ヒュミラ®)の使用経験.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
27)木村隼人,堀越隆伸,江原佳史,相馬洋紀,深澤信博.溶連菌感染後急性糸球体腎炎にネフローゼ症候群を合併した男児例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
28)大澤好充,井上貴晴,金子真理,鈴木加奈子,宇都宮友恵,高野洋子,前田昇三.駆虫薬を用いた治療で頭節を回収し得た条虫症の1例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
29)福田一代,高橋麻里子,大和玄季,徳山朋子,松村真理子,井田久仁子,山本一恵,浦野博央,針谷 晃,桑島 信,竹内東光.胎児期より脳室拡大と脳梁低形成を認めたピルビン酸脱水素酵素複合体欠損症の1例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
30)服部重人,岡田恭典.濃化異骨症Pycnodysosotosisの1例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
31)山田思郎,高橋 舞,釜萢桂子,吉澤千景,懸川聡子,澤浦法子,渡部登志雄,荒川浩一.頭痛,視力障害で発症したレニン産生腫瘍の1例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
32)清水真理子,安藤桂衣,田中健佑,三原大輔,柴  梓,萩原里実,松井 敦,石塚高広,高橋秀行,川田倫之,二宮洋,伊藤秀明.初回経過が亜急性甲状腺炎と酷似した急性化膿性甲状腺炎の1例.第190回群馬地方会.2012.6.3.高崎
33)鎌 裕一,加藤政彦,山田佳之,丸山健一,林 泰秀.長期の喘鳴を呈した食道異物の1男児例.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
34)小笠原聡,神田里美,林  優,池内由果,水野隆久,須永康夫,田代雅彦,溝口健介.ADHDが疑われる児に出現した心因性喘鳴の1例.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
35)落合由加利,佐藤幸一郎,西田 豊,金子真理,萩原里実,八木久子,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.当院における鶏卵,牛乳アレルギーに対する急速経口免疫療法のまとめ.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
36)八木久子,落合由加利,佐藤幸一郎,西田 豊,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.経口食物負荷試験のまとめ(2012.4~9).第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
37)下山伸哉,篠塚典弘,小林富男,荒川浩一,林 泰秀.当院におけるPALS(Pediatric Advanced Life Support)普及の試み.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
38)小林富男.群馬県学校心臓検診の現状と課題.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
39)櫻井伸晴,大崎雅則,川島 淳,布施至堂,池田健太郎,平澤邦夫.自動体外式除細動器(AED)で救命しえたQT延長症候群の1例.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
40)松井 敦,安藤桂衣,田中健佑,三原大輔,柴  梓,萩原里実,清水真理子,中野 実,転倒/転落のため入院治療を行った乳幼児症例のまとめ(平成20~22年度).第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
41)井上貴晴,金子真理,鈴木加奈子,宇都宮友恵,高野洋子,前田昇三.新生児ムンプスウイルス感染症の1例.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
42)川島 淳,大崎雅則,櫻井伸晴,布施至堂,平澤邦夫.精神症状を伴った急性散在性脊髄炎の2例.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
43)高橋麻里子,大和玄季,徳山朋子,松村真理子,井田久仁子,福田一代,浦野博央,針谷 晃,桑島 信,竹内東光.血球貪食症候群の合併が疑われたデング熱の1例.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
44)田中健佑,安藤桂衣,三原大輔,柴  梓,萩原里実,清水真理子,松井敦.無呼吸・痙攣発作を初発症状とした新生児脳梗塞の1例.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
45)宮川陽一,高橋 舞,高木陽子,迫 恭子,高橋恭子,河野美幸,大木康史,荒川浩一.大竹紗弥香,高橋 篤.右先天性横隔膜ヘルニアを合併した超低出生体重児の1例.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
46)牛久英雄,山本歩,染谷真紀.佐久総合病院小児科における先天性副腎皮質過形成の治療と管理.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
47)中島公子,渡辺美緒,加藤政彦,丸山健一,藤生 徹,畠山信逸,松下郁江,勝山志野,臼田由美子.嚥下協調運動障害により偽性Bartter症候群を呈した1乳児例.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋
48)浅見雄司,土屋敦子,飯島真由子,宇都宮朋宏,神尾綾乃,大須賀稔樹,五十嵐恒雄.Hirschsprung病術後に発症したイレウスの1例.第191回群馬地方会.2012.11.25.前橋

〈獲得研究費一覧〉
1)研究助成の名称:平成24年度厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代成育基盤研究事業)
課題番号:H22-次世代-一般-001
研究期間:平成24年4月1日~平成25年3月31日
研究費:300,000円
研究課題:小児慢性特定疾患の登録・管理・解析・情報提供に関する研究
主任研究者:松井 陽
分担研究者:加藤忠明,黒田達夫,内山 聖,荒川浩一,賀藤 均,横谷 進,神崎 晋,武井修治,杉原茂孝,伊藤道徳,小池健一,有賀 正,高橋孝雄,須磨崎亮,山野邉裕二,仁尾正記,中村好一,坂本なほ子,原田正平,斉藤 進

2)研究助成の名称:平成24年度厚生労働科学研究費補助金(免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業)
課題番号:H22-免疫-一般-007
研究期間:平成24年4月1日~平成25年3月31日
研究費:研究代表者一括計上のためなし
研究課題:食物アレルギーにおける経口免疫療法の確立と治癒メカニズムの解明に関する研究
主任研究者:岩田 力
分担研究者:藤澤隆夫,竹森利忠,荒川浩一,下条直樹,吉原重美,伊藤節子,五十嵐隆,北林 耐,松田 幹,木戸 博

3)研究助成の名称:平成24年度地域貢献事業(社会貢献重点経費)
研究期間:平成24年4月1日~平成25年3月31日
研究費:960,000円
研究課題:自閉症スペクトラムのある人たちへの支援
~ソーシャルストーリーズ普及に向けた活動~
研究者:荒川浩一,岡田恭典

4)研究助成費の名称:平成24年度群馬大学生体調節研究所「内分泌・代謝学共同研究拠点」共同研究
研究番号:11027
研究期間:平成24年4月1日~平成25年3月31日
研究費:200,000円
研究テーマ:免疫系のエピゲノム破綻機構の研究
主任研究者の氏名:荒川浩一
分担研究者の氏名:小林靖子,畑田出穂

5)研究助成の名称:平成24年度科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
課題番号:24659488
研究期間:平成24年4月1日~平成25年3月31日
研究費:1,000,000円
研究課題:アレルギー病態理解と新規治療法開発に向けたリンパ球刺激試験法の改良
主任研究者:荒川浩一

6)研究助成の名称:平成24年度科学研究費補助金 若手研究A
課題番号:22680027
研究期間:平成24年4月1日~平成25年3月31日
研究費:4,000,000円
研究課題:細胞核構造に着目した神経活動依存性遺伝子発現におけるクロマチン制御機構の解明
主任研究者:滝沢琢己

7)研究助成の名称:平成24年度科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
課題番号:23114714
研究期間:平成24年4月1日~平成25年3月31日
研究費:4,300,000円
研究課題:ニューロン成熟過程におけるゲノム核内配置と転写制御機構の解明
主任研究者:滝沢琢己

8)研究助成の名称:平成24年度科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
課題番号:23114714
研究期間:平成24年4月1日~平成25年3月31日
研究費:1,300,000円
研究課題:成熟ニューロンでの神経活動に伴う複製依存性コアヒストンのダイナミクス
主任研究者:滝沢琢己

9)研究助成の名称:平成24年度科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
課題番号:24651220
研究期間:平成24年4月1日~平成25年3月31日
研究費:1,600,000円
研究課題:活性型Alu検出によるゲノム動的地図の作成
主任研究者:山田思郎

10)研究助成の名称:平成24年度科学研究費補助金 若手研究B
課題番号:23791151
研究期間:平成24年4月1日~平成25年3月31日
研究費:1,000,000円
研究課題:乳児期を中心とした小児急性白血病と骨髄異形成症候群における新規原因遺伝子の解析
主任研究者:柴 徳生

11)研究助成費の名称:平成24年度教育研究社会貢献支援経費【研究助成】
研究期間:平成24年9月25日~平成25年3月31日
研究費:400,000円
研究テーマ:小児ベーチェット病の病態解明に向けたエピジェネティクスによるアプローチ
主任研究者の氏名:石毛 崇



 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.