このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


2015
2014
2013
2012
|2011|
2010
|2009|
 アレルギー
 内分泌
 血液
 循環器
 消化器
 新生児
 神経
 腎臓
20082007
20062005
20042003
20022001

研究業績 | 2011

業績目録(2011年)

〈和文〉

1)荒川浩一.【知っておくべき小児科の知識】 気管支喘息.Modern Physician 31(2):190-193.2011

2)荒川浩一.シンポジウム10 気管支喘息の発症・増悪を修飾する因子.日本小児アレルギー学会誌 25(1):75-80.2011

3)荒川浩一.小児アレルギー疾患の最近の話題 ~気管支喘息の発症・増悪を修飾する因子~. 鼻アレルギーフロンティア 11(2):18-23.2011

4)荒川浩一.第57回日本小児保健学会ランチョンセミナー 喘息児の Quality of Life 向上を目指して 学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドラインを含む.小児保健研究 70(2):221-224.2011

5)荒川浩一.特集 エキスパートが教える研修医のための薬の使いかた・.各論 抗ヒスタミン薬.小児科診療 74(5):759-763.2011

6)五十嵐 恒雄 子どもの身体的痛みのメカニズム 幼児期~学童期 小児看護 vol.34 No.8 942-948 2011

7)市之宮健二,井上文孝,井上貴博,関矢亜矢子,浦野博央,藤生徹,丸山憲一.Campylobacter fetus による新生児髄膜炎の1例 自験例および本邦報告例の検討.日本周産期・新生児医学会雑誌 47:113-118, 2011.

8)石井陽一郎(群馬県立小児医療センター 循環器科),池田健太郎,下山伸哉,鈴木尊裕,小林徹,小林富男,荒川浩一.先天性心疾患の胎児診断における周産母子部設立の役割.日本小児科学会雑誌 115(11):1799-1804.2011

9)石毛崇,友政剛:『炎症性腸疾患の初発症状~症状からみた鑑別診断』小児科臨床

10)石毛崇:今日の小児治療指針 ポリープ・ポリポーシス 医学書院

11)石毛崇:特定疾患治療研究事業臨床調査個人票に基づく,炎症性腸疾患小児の疫学的特徴 INTESTINE Vol.15 No.2(4-2) 日本メディカルセンター

12)石毛崇:便に血が混じる 小児・思春期診療 最新マニュアル3章 気になる主訴・症状と鑑別診断-消化器症状から考える 嘔吐,下痢

13)大木康史,河野美幸.新生児感染症up to date サイトメガロウイルス 周産期医学 41:383-386, 2011

14)大木康史.カテーテル関連血流感染予防の実践.感染対策ICTジャーナル 6: 385-388, 2011

15)大木康史.周産期医学必修知識(第7版) 血管カテーテル留置法.周産期医学41巻増刊:613-614, 2011

16)奥山眞紀子,溝口史剛,山田不二子 我が国におけるチャイルド・デス・レビューに関する研究 厚生労働科学研究費補助金 行政政策研究分野政策科学総合研究(政策科学推進研究)報告書 201001041A 2011

17)小山晴美,荒川浩一.特集 周産期のアレルギー -生後早期の問題と小児アレルギー疾患の発症- アトピー素因を持つ両親から出生した児に対する対応方法.周産期医学 41(5):625-627.2011

18)小山晴美,小柳貴人,中嶋直樹.AirwayPro Must-Read Article 2011年 3月

19)笠原群生,奥山眞紀子,山田不二子,宮本信也,荒木尚,溝口史剛 脳死下臓器提供者から被虐待児を除外するマニュアル改定案(Ver.3) 国立成育医療センター成育医療研究開発費「小児肝移植医療の標準化に関する検討」 21-指4 2011

20)小林徹,佐地勉.川崎病の基礎知識. こどもケア 2011(4)

21)小林徹,小林富男,荒川浩一.特集 川崎病遠隔期の諸問題 川崎病急性期治療の進歩.循環器内科 69(4):324-329.2011

22)小林徹. 心房中隔欠損症・心室中隔欠損症・房室中隔欠損症・動脈管開存症. ナースの小児科学改訂第5版. Pp381-384

23)小林徹. 川崎病. 今日の診療2013. In Press

24)小柳貴人,只木弘美,滝沢琢己,荒川浩一.ウイルスRNAによる気道上皮細胞のムチン産生誘導.臨床免疫・アレルギー科 56(5):503-511.2011

25)関満,小林徹,小林富男,荒川浩一.【川崎病の本態にせまる-古くて新しい研究から-】 治療にせまる(治療法・有用性から本態にせまる) プレドニゾロン.小児科診療 74(8):1183-1188.2011

26)関満,小林徹,小林富男,荒川浩一.プレドニゾロン,小児科診療 74(8): 1183 -1188, 2011

27)龍城真衣子:『腹痛・嘔吐・嚥下障害』ナースの小児科学 改正5版 中外医学社

28)龍城真衣子:『便秘』小児内科 第43巻第10号 東京医学社 便秘

29)中嶋直樹,荒川浩一【乳幼児診療A to Z】 乳幼児における症状・症候 診察所見を中心とした診断へのアプローチ 咳,喘鳴.小児科 52(5):616-620.2011

30)羽鳥麗子,友政 剛:小児科学レクチャー第2巻2号『小児の予防接種Q&A』A型肝炎ワクチン:総合医学社

31)羽鳥麗子.Hischsprung病およびHischsprung病類縁疾患.小児内科 43(12):2024-2027.2011

32)羽鳥麗子.胃食道逆流症の治療手順を教えてください.小児内科 43増刊号:668-671.2011

33)羽鳥麗子.特集 小児における消化管機能障害の診断と治療.小児外科 43(6):667-671.2011

34)羽鳥麗子:小児・思春期診療 最新マニュアル3章 気になる主訴・症状と鑑別診断-消化器症状から考える 便秘:日医雑誌特別号

35)羽鳥麗子:小児・思春期診療 最新マニュアル3章 気になる主訴・症状と鑑別診断-消化器症状から考える 嘔吐,下痢

36)羽鳥麗子:小児の嘔吐-診断,治療,管理の進歩 Hirschsprung病およびHirschsprung病類縁疾患:小児内科43巻12号

37)畠山信逸,加藤政彦,外松 学,小田切邦雄.画像診断.今月の症例.Kikuchi-Fujimoto disease (亜急性壊死性リンパ節炎).小児科臨床.64(2): 177-178, 2011.

38)針谷 晃. 子どものお腹が痛いとき -内科医の立場から- 小児看護.34:977-985, 2011

39)藤生徹,小泉武宣.消化器疾患.「みる・きく・わかる! 新生児の症状・所見マスターブック」 Neonatal Care増刊,145-153, 2011

40)丸山憲一,藤生徹,浦野博央,井上貴博,関矢亜矢子,井上文孝.小児病院の周産期センター化が超低出生体重児の母乳栄養に及ぼす影響.日本未熟児新生児学会雑誌 23: 300-305, 2011.

41)丸山憲一,藤生徹,浦野博央,井上貴博,関矢亜矢子,井上文孝群馬県における新生児救急搬送の現状.群馬県救急医療懇談会誌.7:38-39,2011

42)丸山憲一,藤生徹,高木剛.群馬県の周産期・新生児医療施設における早期新生児死亡 2004~2005年と2009~2010年の比較.日本周産期・新生児医学会雑誌.47: 618-622, 2011.

43)丸山憲一.新生児腎不全.大関武彦,古川 漸,横田俊一郎,水口 雅編,今日の小児治療指針,第15版,東京,医学書院,2012, p172-173.

44)丸山憲一.母乳育児と低出生体重児.群馬県小児科医会だより.54:39-41, 2011.

45)丸山憲一.これが大切!1ヵ月以内の新生児疾患 症候からみた鑑別診断のしかた 腹部膨満.小児科診療 74: 563-567, 2011.

46)丸山憲一.どこまでもやさしく!臨床に役立つ新生児の解剖・生理・生化学 内分泌・代謝系 低血糖.小児看護 34: 1493-1498, 2011.

47)丸山憲一.子どもの痛みの看護ケア-疼痛緩和に向けての心と身体へのアプローチ-知っておきたい基礎知識 子どもの身体的痛みのメカニズム 早産児~新生児.小児看護 34: 936-941, 2011.

48)丸山憲一.周産期医学必修知識(第7版) 新生児壊死性腸炎.周産期医学41巻増刊:691-692, 2011

49)丸山憲一.胆汁うっ滞-診療の最先端 新生児ヘモクロマトーシスの治療 ET/IVIG(交換輸血/ガンマグロブリン)療法を含めて.小児内科 43: 1092-1094, 2011.

50)水野隆久.いびき.小児内科 43(10):1773-1774.2011

51)溝口史剛 子どもの皮膚 子ども虐待と皮膚 日本小児皮膚科学会雑誌 30巻2号 143-144 2011

52)溝口史剛,山田不二子,奥山眞紀子 医療対応状の必要性に応じた各種子ども虐待診断マニュアル作成 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 成育疾患克服等次世代育成基盤研究報告書 201018005A 2011

53)溝口史剛,山田不二子,奥山眞紀子 二次・三次医療機関における院内虐待対応組織の活動現況調査 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 成育疾患克服等次世代育成基盤研究報告書 201018005A 2011

54)溝口史剛,山田不二子,奥山眞紀子 本邦の子ども虐待に関する医学部卒前教育に関する現況調査 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 成育疾患克服等次世代育成基盤研究報告書 201018005A 2011

55)宮沢麗子:今日の小児治療指針 食道狭窄症,噴門狭窄症(アカラシア):医学書院

56)森川昭廣,荒川浩一.特集 喘息診療の進歩.喘息の一次予防は可能か.日本医師会雑誌 140(3):540.2011

57)森川昭廣,小林徹,荒川浩一.印象に残る喘息症例 小児科編.喘息 24(1):120-122.2011

58)森川昭廣.アレルギー専門医の現状と将来 国際比較と代議員アンケートから.アレルギー 60(2):184-192.2011

59)山田思郎,荒川浩一 群馬県における学校生活管理指導表 糖尿病の管理区分の取扱い」 学校保健 第290号 平成23年9月

60)山田不二子,溝口史剛 【2ページで解説! 診療ガイドダイジェスト2011】 小児 子ども虐待 治療 93巻臨増 206-207 2011

61)山田不二子,溝口史剛 NURSE TREND ここが押さえどころ 医療者が子ども虐待を見逃さないために 子ども虐待対応ガイド活用のすすめ Nursing BUSINESS 5巻11号 1006-1007 2011

62)八木久子,村松礼子,小山晴美,河野美幸,中嶋直樹,水野隆久,金子真理,西村秀子,前田昇三,荒川浩一.鶏卵アレルギー児への新型インフルエンザワクチン接種と皮内反応の検討.日本小児皮膚科学会雑誌 30(1):15-20.2011

〈英文〉

1)Ishii Y, Miyamoto T, Kobayashi T, Kobayashi T. Isolated Unilateral Agenesis of the Pulmonary Artery: Surgical Repair With an Artificial Graft. Pediatr Cardiol 2011:32:509-511.

2)Ishioka T, Kimura H, Kita H, Obuchi M, Hoshino H, Noda M, Nishina A, Kozawa K, Kato M. Effects of respiratory syncytial virus infection and major basic protein derived from eosinophils in pulmonary alveolar epithelial cells (A549). Cell Biol Int. 35: 467-474, 2011.

3)Kanai T, Ishiwata T, Kobayashi T, Sato H, Takizawa M, Kawamura Y, Tsujimoto H, Nakatani K, Ishibashi N, Nishiyama M, Hatai Y, Asao Y, Kobayashi T, Takeshita S, Nonoyama S. Ulinastatin, a urinary trypsin inhibitor, for the initial treatment of patients with Kawasaki disease. Circulation. 2011 Dec 20;124(25):2822-8.

4)Kanai T, Ishiwata T, Kobayashi T, Sato H, Takizawa M, Kawamura Y, Tsujimoto H, Nakatani K, Ishibashi N, Nishiyama M, Hatai Y, Asao Y, Kobayashi T, Takeshita S, Nonoyama S. Ulinastatin, a urinary trypsin inhibitor, for the initial treatment of patients with Kawasaki disease. Circulation. 2011 Nov 21. [Epub ahead of print]

5)Kanazawa T, Shiba N, Aizawa A, Okuno H, Tamura K, Tsukada S, Kumamoto T, Yamada S, Kobayashi Y, Arakawa H. Nelarabine Resistance of Childhood T-Cell lymphoblastic Leukemia/ Lymphoma Cells. Kitakanto Med J. 61:119-126. 2011

6)Kato M, Tsukagoshi H, Yoshizumi M, Saitoh M, Kozawa K, Yamada Y, Maruyama K, Hayashi Y, Kimura H. Different cytokine profile and eosinophil activation are involved in rhinovirus-and RS virus-induced acute exacerbation of childhood wheezing. Pediatr Allergy Immunol. 22 : e87-94, 2011

7)Kato M, Yamada Y, Maruyama K, Hayashi Y. Differential effects of corticosteroids on serum eosinophil cationic protein and cytokine production in rhinovirus- and respiratory syncytial virus-induced acute exacerbation of childhood asthma. Int Arch Allergy Immunol 155 Suppl 1:77-84, 2011

8)Kato M, Yamada Y, Maruyama K, Hayashi Y. Differential effects of corticosteroids on serum eosinophil cationic protein and cytokine production in rhinovirus- and RS virus-induced acute exacerbation of childhood asthma. Int Arch Allergy Immunol. 155(Suppl 1): 77-84, 2011.

9)Kawasaki H, Seki M, Saiki H, Masutani S, Senzaki H. Noninvasive assessment of left ventricular contractility in pediatric patients using the maximum rate of pressure rise in peripheral arteries. Heart Vessels. 2011 Jun 17. [Published online]

10)Kobayashi T, Saji T, Otani T, Takeuchi K, Nakamura T, Arakawa H, Kato T, Hara T, Hamaoka K, Ogawa S, Miura M, Nomura Y, Fuse S, Ichida F, Seki M, Fukazawa R, Ogawa C, Furuno K, Tokunaga H, Takatsuki S, Hara S, Morikawa A, RAISE Study Group Investigators. Efficacy of immunoglobulin plus prednisolone for prevention of coronary artery abnormalities in severe Kawasaki disease: a prospective, randomised, open, blinded-endpoint trial. The LANCET, 2012, in Press.

11)Late delirious behavior with 2009 H1N1 Influenza; mild autoimmune-mediated encephalitis Jun-ichi Takanashi, Yukitoshi Takahashi, Atsushi Imamura, Kazuhiko Kodama, Akimitsu Watanabe, Koji Tominaga, Kazuhiro Muramatsu, A. James Barkovich Pediatrics in Press

12)Mizuno T, Sakai H, Nishikomori R, Oshima K, Ohara O, Hata I, Shigematsu Y, Ishige T, Tamura K, Arakawa H. Novel mutations of MVK gene in Japanese family members affected with hyperimmunoglobulinemia D and periodic fever syndrome. Rheumatol Int. 2011 Dec 11. [Epub ahead of print]

13)Nakajima N, Mochizuki H, Muramatsu R, Hagiwara S, Mizuno T, Arakawa H. Relationship between exhaled nitric oxide and small airway lung function in normal and asthmatic children. Allergol Int. 60(1):53-59. 2011.

14)Oki K, Takita J, Hiwatari M, Nishimura R, Sanada M, Okubo J, Adachi M, Sotomatsu M, Kikuchi A, Igarashi T, Hayashi Y, Ogawa S. IDH1 and IDH2 mutations are rare in pediatric myeloid malignancies. Leukemia 25 : 382-384, 2011

15)Seki M, Kobayashi T, Kobayashi T, Morikawa A, Otani T, Takeuchi K, Ayusawa M, Tsuchiya K, Yasuda K, Suzuki T, Shimoyama S, Ikeda K, Ishii Y, Arakawa H. External Validation of a Risk Score to Predict Intravenous Immunoglobulin Resistance in Patients With Kawasaki Disease. Pediatr Infect Dis J. 30(2):145-147. 2011.

16)Seki M, Kurishima C, Kawasaki H, Masutani S, Senzaki H. Aortic stiffness and aortic dilation in infants and children with tetralogy of Fallot before corrective surgery: evidence for intrinsically abnormal aortic mechanical property. Eur J Cardiothorac Surg. 2011 Jun 15. [Epub ahead of print]

17)Sekine K, Mochizuki H, Inoue Y, Kobayashi T, Suganuma E, Matsuda S, Arakawa H. Regulation of oxidative stress in patients with Kawasaki disease. Inflammation 2011 Oct 20. [Epub ahead of print].

18)Shiba N, Taki T, Park MJ, Nagasawa M, Kanazawa T, Takita J, Ohnishi H, Sotomatsu M, Arakawa H, Hayashi Y. CBL mutation in childhood therapy-related leukemia. Leukemia 25 : 1356-1358, 2011

19)Shiba N, Taki T, Park MJ, Nagasawa M, Kanazawa T, Takita J, Ohnishi H, Sotomatsu M, Arakawa H, Hayashi Y. CBL mutation in childhood therapy-related leukemia. Leukemia. 25:1356-1358.2011

20)Tatsuki M, Miyazawa R, Tomomasa T, Ishige T, Nakazawa T, Arakawa H. Serum magnesium concentration in children with functional constipation treated with magnesium oxide. World J Gastroenterol. 17(6):779-783. 2011.

21)Tomomasa T, Tajiri H, Kagimoto S, Shimizu T, Yoden A, Ushijima K, Uchida K, Kaneko H, Abukawa D, Konno M, Maisawa S, Kohsaka T, Kobayashi A;Japanese Study Group for Pediatric Ulcerative Colitis.Leukocytapheresis in pediatric patients with ulcerative colitis. J Pediatr Gastroenterol Nutr. 2011 Jul;53(1):34-9.

22)Yamada Y, Nishi A, Ebara Y, Kato M, Yamamoto H, Morita H, Nomura I, Matsumoto K, Hirato J, Hatakeyama SI et al. Eosinophilic gastrointestinal disorders in infants: a Japanese case series. Int Arch Allergy Immunol. 155(Suppl 1): 40-45, 2011.

23)Yamada Y, Nishi A, Ebara Y, Kato M, Yamamoto H, Morita H, Nomura I, Matsumoto K, Hirato J, Hatakeyama SI, Suzuki N, Hayashi Y. Eosinophilic gastrointestinal disorders in infants: a Japanese case series. Int Arch Allergy Immunol. 155 Suppl 1 :40-45, 2011

〈国際学会〉

1)Ishii Y, Inamura N, Hamamichi Y, Kawazu Y, Takahashi K, Ishii R, Kayatani F. The ヤI-shapedユ sign as a novel ultrasound marker of complete transposition of the great arteries in the fetus. The 7th japan-china-korea pediatric heart forum. 2011.7.19 Fukuoka

2)Kato M, Yamada Y, Maruyama K, Hayashi Y. Differential effects of systemic corticosteroids on serum eosinophil cationic protein and cytokine profile in rhinovirus- and RS virus-induced acute exacerbation of childhood asthma. 67th Annual meeting of American Allergy, Asthma and Immunology. March 19, 2011 (San Francisco)

3)Kobayashi T. Corticosteroid therapy for Kawasaki disease. The 1st Oriental Congress of Pediatrics, Shanghai, China, Oct 29, 2011

4)Kobayashi T, Kobayashi T, Ishii Y, Seki M, Ikeda K, Shimoyama S, Suzuki T, Arakawa H. The association between serum cytokines/chemokines and a risk score in the acute phase of Kawasaki Disease. International Congress on Coronary Heart Disease 2011, Venice, Italy, Oct 25, 2011.

5)Kobayashi T, Saji T, Otani T, Takeuchi K, Nakamura T, Arakawa H, Kato T, Hara T, Hamaoka K, Ogawa S, Miura M, Nomura Y, Fuse S, Ichida F, Seki M, Morikawa A. The RAISE Study Investigators. Efficacy of Primary Therapy With Intravenous Immunoglobulin Plus Prednisolone for Severe Kawasaki Disease - Results From a Japanese Multicenter Randomized Clinical Trial. American Heart Association Scientific Session 2011, Orlando, Miami, USA, Nov 14, 2011

6)Kobayashi Y.Genome wide analysis of DNA methylation in monocytes and naive T helper cells in minimal change nephrotic syndrome:10th Medical Womenユs International Association Western Pacific Regional Congress, May 27-29, 2011, Tokyo

7)Kobayashi Y, Aizawa A, Takizawa T, Morikawa A, Arakawa H.DNA methylation of the promoter region of IL-12A gene in the monocyte of allergic patient:APAPARI, Oct 28th, 2011. Fukuoka

8)Kobayashi Y, Aizawa A, Yosizawa C, Horiguchi H, Ikeuchi Y, Kakegawa S, Watanabe T, Takizawa T, Maruyama K, Arakawa H. Genome wide analysis of DNA methylation in monocytes and naive T helper cells in minimal change nephrotic syndrome:11th Asian Congress of Pediatric Nephrology, Jun 2-4, 2011, Fukuoka

9)Kobayashi Y. Genome-wide analysis of DNA methylation in minimal change nephrotic syndrome:18th Annual Meeting of Korean Pediatric Nephrology, Oct 23th, 2011, Seoul

10)Orosoo S, Nakajima N, Sugiyama M, Hagiwara S, Yagi H, Muramatsu R, Koyama H, Takizawa T, Arakawa H. A cohort study of the risk factors for bronchial asthma at 6 years of age. The 16th Annual Meeting of Asia Pacific Association of Pediatric Allergy, Respirology and Immunology, October 29th, 2011 (Fukuoka)

11)Seki M, Saiki H, Masutani S, Senzaki H. Left Ventricular Rest and Reserve Function is an Important Determinant of BNP Level in Patients with Surgically-Repaired Tetralogy of Fallot. American Heart Association Scientific Session 2011, Orlando, Miami, USA, Nov 13, 2011.

12)Seki M, Saiki H, Masutani S, Senzaki H. Ventricular Systolic and Diastolic Dyssynchrony and Their Relationship with Ventricular Function in Patients with Single Ventricular Circulation. American Heart Association Scientific Session 2011, Orlando, Miami, USA, Nov 15, 2011.

13)Shiba N, Taki T, Park M, Murata C, Oki K, Ichikawa H, Shimada A, Kanazawa T, Sotomatsu M, Tabuchi K, Adachi S, Tawa A, Horibe K, Tsuchida M, Hanada R, Tsukimoto I, Arakawa H, Hayashi Y. NUP98-NSD1 fusion gene is strongly associated with a poor prognosis in pediatric acute myeloid leukemia: a study of the Japanese Childhood AML99 Cooperative Study Group. 53rd Annual Meeting of the American Society of Hematology, December 9-13, 2011 (San Diego)

14)Shimoyama S, Kobayashi T, Ikeda K, Seki M, Mochizuki H, Hamajima A, Kobayashi T, Hatakeyama S, Arakawa H. Surgical correction of mediastinum left displacement improves the imbalance in the pulmonary perfusion and lung volume in children with pectus excavatum. The 10th International Congress on Pediatric Pulmonology. The Lung & Childhood Young Investigator Award Session. Versailles, France, June 26, 2011

15)Yamada Y, Nishi A, Kato M, Hirato J, Suzuki N, Hayashi H. Eosinophilic esophagitis associated with congenital esophageal abnormalities and their repairs. 7th Symposium of the International Eosinophil Society. June 24, 2011 (Quebec)

16)Yoshizawa C, Kobayashi Y, Ikeuchi Y, Tashiro M, Kakegawa S, Watanabe T, Gotou Y , Nakanishi K, Yoshikawa N, Arakawa H.A case of congenital nephrotic syndrome carrying a novel mutation of the NPHS1 gene:11th Asian Congress of Pediatric Nephrology, Jun 2-4, 2011, Fukuoka

〈国内学会〉

1)荒川浩一.合同シンポジウム4 講演「Perinatal factors for occurrence of allergic diseases in the first year of life: a birth cohort study in Gunma」.第48回日本小児アレルギー学会.2011.10.28.福岡

2)荒川浩一.教育セミナー7 講演「アレルギー疾患治療トピックス ICS/LABA による新たな小児喘息の治療戦略とその可能性」.第48回日本小児アレルギー学会.2011.10.29.福岡

3)荒川浩一.シンポジウム12 講演「増加するアレルギー疾患への対策を考える「小児科医の立場から」」.第23回日本アレルギー学会春季臨床大会.2011.5.15.幕張

4)荒川浩一.シンポジウム1 講演「喘息の長期管理の最適化「小児気管支喘息の長期管理の個別化と最適化」」.第21回国際喘息学会日本・北アジア部会.2011.7.1.岐阜

5)荒川浩一.小児気管支喘息の発症・予防における最近の話題.第36回日本耳鼻咽喉科医会 臨床家フォーラム.2011.8.28.高崎

6)池田健太郎,関  満,下山伸哉,小林富男,尾崎晋一,宮本隆司.AP シャントを行わず4か月時にグレン手術を行った肺動脈閉鎖症の1例.第38回群馬小児循環器研究会.2011.9.17.前橋

7)石井陽一郎,稲村 昇,萱谷 太,濱道裕二,河津由紀子,成田 淳,塩野展子,石井 良,寺嶋佳乃.小さい左室に対する母体酸素投与下での胎児心エコー検査-心低形成との鑑別は可能か-.第9回周産期循環管理研究会.2011.11.26.仙台

8)石井陽一郎,稲村 昇,萱谷 太,濱道裕二,河津由紀子,山田立身,野田智恵子,高橋邦彦,石井 良,寺嶋佳乃.完全大血管転位の新しいスクリーニング法(ヤI-shapedユ sign)の有用性.第17回胎児心臓病学会.2011.2.14.旭川

9)石井陽一郎,稲村 昇,寺嶋佳乃,石井 良,塩野展子,成田 淳,濱道裕二,萱谷 太,岸本英文,川田博昭,盤井成光.出生後早期から難治性胸水を発症した Down 症候群の1例.大阪循環器談話会.2011.6.18.大阪

10)石井陽一郎,稲村 昇,萱谷 太,濱道裕二,河津由紀子,高橋邦彦,石井 良,寺嶋佳乃.胎児心疾患の診断率向上に伴う問題.第47回小児循環器学会.2011.7.19.福岡

11)石井陽一郎,濱道裕二,稲村 昇,恵谷ゆり,石井 良 ,河津由紀子,萱谷 太,位田 忍.心不全を呈する先天性心疾患に発症した高インスリン性低血糖症の1例.第114回日本小児科学会学術集会.2011.8.14.品川

12)石毛 崇,溝口史剛,羽鳥麗子,大津義晃,高橋 舞,山田思郎,荒川浩一.高蛋白低炭水化物ミルクの24時間持続注入にて改善したシトリン欠損症例.第53回日本先天代謝異常症学会.2011.11.25.千葉

13)石毛 崇,龍城真衣子,宮沢麗子,友政 剛,荒川浩一.好酸球性胃腸炎に伴う十二指腸潰瘍の3小児例の検討.JDDW2011.2011.10.21.福岡

14)石毛 崇,羽鳥麗子,龍城真衣子,朝永博康,荒川浩一.肝細胞癌を合併した Wilson 病の小児例.JDDW2011.2011.10.21.福岡

15)石毛 崇,龍城真衣子,宮沢麗子,友政 剛,荒川浩一.好酸球性胃腸炎に伴う十二指腸潰瘍の3小児例の検討.第48回日本小児アレルギー学会.2011.10.29.福岡

16)石毛 崇,友政 剛,余田 篤,田尻 仁.小児クローン病患者の寛解導入治療における栄養療法 小児炎症性腸疾患治療指針ワーキンググループアンケート結果.第38回日本小児栄養消化器肝臓学会.2011.10.8-9.盛岡

17)石毛 崇,鈴木僚子,羽鳥麗子,金子浩章,友政 剛,森川昭廣.Infliximab により緩解を維持している腸管 Behcet 病の幼児期発症例.小児リウマチ学会.2011.2.12.那覇 

18)石毛 崇,友政 剛,宮沢麗子,龍城真衣子,荒川浩一.当院における小児クローン病患者に対する栄養療法の治療効果の検討.第11回小児 IBD 研究会.2011.2.13.大阪

19)石毛 崇,友政 剛,宮沢麗子,龍城真衣子,荒川浩一.当院における小児クローン病患者に対する栄養療法の治療効果の検討.第13回北関東 IBD 研究会.2011.2.25.前橋

20)石毛 崇,羽鳥麗子,龍城真衣子,朝永博康,荒川浩一.肝細胞癌を合併した Wilson 病の小児例.第14回 Wilson 病研究会.2011.4.28.東京

21)石毛 崇,龍城真衣子,宮沢麗子,友政 剛,荒川浩一.好酸球性胃腸炎に伴う十二指腸潰瘍の3小児例の検討.第38回小児内視鏡研究会.2011.7.2.軽井沢

22)石毛 崇,羽鳥麗子・龍城真衣子・友政 剛・山田思郎・大津義晃・荒川浩一.低身長にて発症したクローン病小児例.群馬内分泌代謝セミナー.2011.9.15.前橋

23)石毛 崇,羽鳥 麗子・龍城 真衣子・金澤 崇・ 荒川 浩一.侵襲性肺アスペルギルス症を合併したクローン病小児例.関東甲越免疫不全症研究会.2011.9.18.東京

24)市之宮健二,井上文孝,小泉亜矢,関矢亜矢子,井上貴博,藤生 徹,丸山憲一.超低出生体重児において総ビリルビンを光線療法開始基準とすることの問題点.第10回 UB 研究会.2011.12.10.神戸市

25)伊藤謙治,中島欽一,荒川浩一,滝沢琢己.神経幹細胞の性質変換に伴う遺伝子座の核内配置の変動解析.第5回日本エピジェネティクス研究会年会.2011.5.19.熊本

26)伊藤謙治,中島欽一,荒川浩一,滝沢琢己.神経幹細胞の性質変換に伴う遺伝子座の核内配置の変動.第58回北関東医学会総会.2011.9.29.前橋

27)井上貴博,市之宮健二,井上文孝,小泉亜矢,関矢亜矢子,藤生 徹,丸山憲一.Autopsy imaging(Ai)で小脳・脳幹・脊髄の低形成・萎縮を認めた先天性多発関節拘縮症の1例.第56回日本未熟児新生児学会.2011.11.15.東京都

28)大木康史,河野美幸,荒川浩一,丸山憲一,桑島 信,本島たみ子,江原昭二.県内の新生児蘇生法講習会開催状況調査.第27回群馬周産期研究会.2011.10.22.前橋市

29)大木 康史,荒川浩一,桑島 信.NICU において PICC 挿入時に高度無菌遮断予防策は必要か?.第26回日本環境感染学会.2011.2.18.

30)大木康史,河野美幸,a橋恭子,福田一代,関矢亜矢子.当院 NICU における保菌状況調査.グラム陰性桿菌群を中心に.第47回日本周産期新生児医学会.2011.7.12.札幌市

31)大木康史,河野美幸,荒川浩一,丸山憲一,桑島 信,本島たみ子,江原昭二.県内の新生児蘇生法講習会開催状況調査.第19回群馬県救急医療懇話会.2011.9.4.伊勢崎市

32)大津義晃,他.「SGA 性低身長症に対する成長ホルモン療法開始後に閉塞性睡眠時無呼吸症候群を発症した症例の検討」.第45回日本小児内分泌学会学術集会.2011.10.7.大宮

33)大津義晃,他.「新生児糖尿病を発症しインスリン持続皮下注入法とケトン食療法で治療しているミトコンドリア病の1例」.第53回日本先天代謝異常学会総会.2011.11.25.幕張

34)大津義晃,他.「小児慢性特定疾患の診断基準を満たさずに特定疾患治療研究事業間脳下垂体機能障害の診断基準を満たした GH 分泌不全性低身長症の1例」「神経性食思不振症の低身長の1例」.第2回信越北関東内分泌セミナー.2011.2.5.宇都宮

35)大津義晃,他.「糖尿病発症前から経時的な OGTT にて観察を行った MODY5 一男児例」.第114回日本小児科学会学術集会.2011.8.13.品川

36)奥野はるな,川島 淳,原 勇介,川島 淳,柴 徳生,金沢 崇,荒川浩一.高圧酸素療法が有効であった移植後消化管 TMA の1例.第32回造血細胞移植学会.2011.3.10.愛媛

37)懸川聡子,渡部登志雄,小林靖子,荒川浩一,伊藤秀一.リツキシマブ投与によりステロイド剤離脱ができたステロイド依存性頻回再発型ネフローゼ症候群の2例.第18回群馬小児薬物療法研究会.2011.2.16.前橋

38)金子真理,八木久子,萩原里実,中嶋直樹,小山晴美,荒川浩一.環境調整により改善を得た心因性外装の1例.第48回日本小児アレルギー学会.2011.10.29.福岡

39)釜萢桂子,渡辺美緒,椎原 隆,高橋幸利.「発熱後に複雑部分発作が群発し,痙攣頓挫後も注意力低下,衝動性の増加が遷延している抗グルタミン酸受容体抗体陽性の一男児例」.第53回日本小児神経学会総会.2011.5.横浜

40)釜萢桂子,渡辺美緒,椎原 隆,高橋幸利.「発熱後に複雑部分発作が群発し,その後も注意力低下と衝動性が遷延する抗グルタミン酸受容体抗体陽性男児例」.第4回群馬小児神経内分泌カンファ.2011.6.前橋

41)釜萢桂子,澤浦法子,大木康史,荒川浩一.「ゾニサミド増量中に発汗低下と横紋筋融解をきたした West 症候群の男児例」.第5回群馬小児神経内分泌カンファ.2011.9.前橋

42)川島 淳,原 勇介,柴 徳生,奥野はるな,金沢 崇,荒川浩一.緑膿菌性肺化膿症後に巨大空洞形成を認めた急性骨髄性白血病の1例.第53回日本小児血液学会.2011.11.26.前橋

43)小泉亜矢,市之宮健二,井上文孝,関矢亜矢子,井上貴博,藤生 徹,丸山憲一.新生児ミルクアレルギー3例の検討.第56回日本未熟児新生児学会.2011.11.15.東京都

44)小泉亜矢,市之宮健二,井上文孝,関矢亜矢子,井上貴博,藤生 徹,丸山憲一.自宅分娩で出生した極低出生体重児の1例.第19回群馬県救急医療懇談会.2011.9.4.伊勢崎市

45)小柳貴人,滝沢琢己,中嶋直樹,八木久子,小林靖子,荒川浩一.気道上皮細胞ウイルス感染モデルにおける INF-γのムチン分泌抑制の分子基盤.第58回北関東医学会総会.2011.9.29.前橋

46)小林 徹,佐地 勉,大谷哲也,竹内和夫,中村哲也,荒川浩一,加藤太一,原 寿郎,濱岡建城,小川俊一,三浦 大,野村裕一,布施茂登,市田蕗子,鮎沢 衛,阿部 淳,森川昭廣.RAISE Study Investigators. 重症川崎病患者に対する免疫グロブリン・プレドニゾロン初期併用投与は冠動脈予後と臨床経過を改善する.第38回日本小児臨床薬理学会.2011.11.3.大津

47)小林 徹,小林富男,石井陽一郎,関  満,池田健太郎,下山伸哉,鈴木尊裕,荒川浩一.急性期川崎病患者における血清サイトカイン・ケモカイン値とリスクスコアとの関連.第114回日本小児科学会学術集会.2011.8.14.東京

48)Kobayashi Y,Aizawa A, Takizawa T, Hatada I, Arakawa H.Identification of 82 candidate genes in pathogenesis of minimal change nephrotic syndrome with genome-wide DNA methylation analysis.第34回日本分子生物学会.2011.12.14.横浜

49)小林靖子,相澤 明,滝沢琢己,畑田出穂,荒川浩一.微少変化型ネフローゼ症候群における単球及びナイーヴTヘルパー細胞の DNA メチル化解析.第5回日本エピジェネティクス研究会.2011.5.19.熊本

50)小林靖子.慢性免疫疾患における病勢変化にともなうエピゲノム解析.大阪大学蛋白質研究所セミナー.2011.11.17.大阪

51)小柳貴人,金子真里,萩原里実,八木久子,中嶋直樹,小山晴美,滝沢琢己,荒川浩一.気道上皮細胞ウイルス感染モデルのムチン分泌に対する INF-γの影響.第61回日本アレルギー学会春季学術大会.2011.11.10.東京

52)小山晴美,八木久子,石毛 崇,荒川浩一,伊藤浩明,漢人直之,岩田 力.鶏卵の急速経口免疫療法中に腸管症状により治療継続困難となった2症例.第23回日本アレルギー春季臨床大会.2011.5.14.幕張

53)佐藤幸一郎,八木久子,小山晴美,中嶋直樹,萩原里実,小柳貴人,滝沢琢己,荒川浩一.小児慢性特定疾患データによる肺ヘモジデローシスの疫学動態.第44回日本小児呼吸器疾患学会.2011.10.15.栃木

54)澤浦法子,村松一洋,緒方朋実,釜萢桂子,飯田英基,椎原 隆,渡辺美緒,神尾綾乃,荒川浩一.「高度な側彎と胸郭変形により気管狭窄・気管軟化を呈した重症心身障害児の2例」.第44回小児呼吸器疾患学会.2011.10.宇都宮

55)澤浦法子,村松一洋,浦野葉子,荒川浩一."「難治頻回部分発作重積型急性脳炎(AERRPS: acute encephalitis with refractory, repetitive partial seizures)3例の長期予後」".第34回群馬てんかん懇話会.2011.2.前橋 

56)澤浦法子,村松一洋,荒川浩一.MECP2 重複症候群の1例」.第53回日本小児神経学会総会.2011.5.横浜

57)澤浦法子,村松一洋,西村秀子,金子真理,鈴木加奈子,荒川浩一.「Transient encephalopathy with reversible white matter lesions の1例」.第4回群馬小児神経内分泌カンファランス.2011.6.前橋 

58)澤浦法子,村松一洋,西村秀子,金子真理,鈴木加奈子,荒川浩一.「MERS type 2 と考えられる広範な大脳白質病変を伴った一過性脳症の1例」.第55回小児神経学会関東地方会.2011.9.東京女子医大病院

59)柴 徳生,他.再発時に KIT 変異陽性となったt(8;21) 陽性急性骨髄性白血病の1例.第53回日本小児血液学会.2011.11.26.前橋

60)下山伸哉,池田健太郎,関  満,小林富男,青木丈幸,尾崎晋一,宮本隆司.末梢性肺動脈狭窄に対する移動式透視装置を用いた術中ステント留置の経験.第22回 JPIC 研究会.2011.1.20.福岡

61)下山伸哉,小林 徹,池田健太郎,関 満,鈴木尊裕,浜島昭人,畠山信逸,小林富男,望月博之,荒川浩一.パルスドップラー法を用いた漏斗胸患児における肺血流と胸郭形態との関連.第44回日本小児呼吸器疾患学会.2011.10.15.宇都宮

62)下山伸哉,小林 徹,池田健太郎,関 満,小林富男,荒川浩一.漏斗胸患児における Nuss 手術前後の肺血流および胸郭形態についての比較.第47回日本小児循環器学会.2011.7.7.福岡

63)関 満,齊木宏文,増谷 聡,栗島クララ,中川 良,小島拓郎,葭葉茂樹,石戸博隆,竹田津未生,小林俊樹,先崎秀明.ファロー四徴症術後患者における左室心血管統合関係―右心機能と血管硬度の影響―.第31回日本小児循環動態研究会.2010.10.29-30.倉敷

64)関 満,齊木宏文,増谷 聡,栗島クララ,中川 良,小島拓郎,葭葉茂樹,石戸博隆,竹田津未生,小林俊樹,先崎秀明.Fontan 循環における乳児期 AP シャント術の大動脈壁高度に与える影響.第31回日本小児循環動態研究会.2010.10.29-30.倉敷

65)関 満,小島拓郎,齊木宏文,岩本洋一,河野一樹,葭葉茂樹,竹田津未生,小林俊樹,小林富男,石戸博隆,増谷 聡,先崎秀明.Fallot 四徴症術後患者における右心系残存病変が左室予備能に与える影響.第47回日本小児循環器学会総会.2010.7.6-8.福岡

66)関 満,齊木宏文,小島拓郎,岩本洋一,河野一樹,葭葉茂樹,竹田津未生,小林俊樹,石戸博隆,増谷 聡,先崎秀明.Fallot 四徴症術後患者における大動脈の Wave intensity analysis.第47回日本小児循環器学会総会.2010.7.6-8.福岡

67)関 満,中川 良,栗嶋クララ,小島拓郎,齊木宏文,河野一樹,葭葉茂樹,石戸博隆,竹田津未生,増谷 聡,先崎秀明.先天性心疾患における心室 Dyssynchrony と心室収縮能,拡張能との関係.第47回日本小児循環器学会総会.2010.7.6-8.福岡

68)M Seki,T Kojima,H Saiki,Y Iwamoto,K Kouno,S Yoshiba,M Taketazu,T Kobayashi,H Ishido,S Masutani,H Senzaki.Importance of Progressive Aortic Dilation And Aortic Stiffness in Patients With Repaired Tetralogy of Fallot..第13回日本成人先天性心疾患学会.2011.1.8-9.福岡

69)関 満,池田健太郎,下山伸哉,小林富男.肺動脈性肺高血圧症に対するタダラフィルの使用経験.第17回日本小児肺循環研究会.2011.2.5.東京

70)関 満,池田健太郎,下山伸哉,小林富男,尾崎晋一,宮本隆司.先天性心疾患術後に対するタダラフィルの使用経験.第2回埼玉群馬先天性心疾患肺高血圧フォーラム.2011.6.11.大宮

71)関矢亜矢子,丸山憲一,藤生 徹,浦野博央,井上貴博,井上文孝,鈴木則夫,土岐文彰.胆嚢穿孔を発症した13トリソミー症候群の1乳児例.第47回日本周産期新生児医学会.2011.7.11-13.札幌市

72)高橋 舞,大津義晃,大須賀稔樹,山田思郎,高野洋子,柴 徳生,奥野はるな,金澤崇,荒川浩一.「夜尿を契機に発見された Langerhans 細胞組織球症の1例.第4回群馬小児神経・内分泌代謝カンファレンス.2011.6.23.前橋 

73)高橋 舞,大津義晃,服部重人,山田思郎,前田昇三,高野洋子,宇都宮友恵,鈴木加奈子,原勇介,荒川浩一.「けいれんを契機に発見されたビタミンD欠乏症の1例」.第5回群馬小児神経・内分泌代謝カンファレンス.2011.9.15.前橋

74)高橋麻里子,石毛 崇,羽鳥麗子,龍城真衣子,大竹沙弥香,高橋 篤,荒川浩一.腸管嚢腫様気腫症を合併した全身型若年性特発性関節炎の1例.第38回日本小児栄養消化器肝臓学会.2011.10.8-9.盛岡

75)滝沢琢己.Epigenetics 関連技術である細胞核構造解析とその毒性学的研究への適用の可能性.第38回日本トキシコロジー学会 学術年会.2011.7.11.横浜

76)龍城真衣子,宮沢麗子,石毛 崇,友政 剛,荒川浩一.慢性便秘児の養育者の QOL:調査票による解析(第2報).第38回日本小児栄養消化器肝臓学会.2011.10.8-9.盛岡

77)龍城真衣子,宮沢麗子,石毛 崇,友政 剛,荒川浩一.慢性便秘児の養育者の QOL 調査票による解析.第41回日本小児消化管機能研究会.2011.2.26.東京

78)中嶋直樹,杉山幹雄,萩原里実,八木久子,村松礼子,小山晴美,森川昭廣,荒川浩一.6歳時のアトピー性皮膚炎発症に関わる因子の前方視的検討.第48回日本小児アレルギー学会.2011.10.29.福岡

79)萩原里実,村松礼子,中嶋直樹,八木久子,小山晴美,望月博之,荒川浩一.本邦小児における IOS を用いた呼吸抵抗の正常値.第44回日本小児呼吸器疾患学会.2011.10.15.栃木

80)萩原里実,村松礼子,小柳貴人,中嶋直樹,八木久子,小山晴美,滝沢琢己,望月博之,荒川浩一.シンポジウム6 「本邦小児における IOS を用いた呼吸抵抗の正常値と臨床への応用」.第48回日本小児アレルギー学会.2011.10.29.福岡

81)萩原里実,小柳貴人,八木久子,中嶋直樹,村松礼子,小山晴美,荒川浩一.喘息児における呼吸抵抗測定(IOS 法)の意義.第56回群馬小児喘息研究会・食物アレルギー研究会.2011.5.31.前橋

82)萩原里実,五十嵐恒雄,八木久子,中嶋直樹,村松礼子,小山晴美,荒川浩一.心因が関与した思春期喘息のアプローチについて.第28回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会.2011.6.4.横浜

83)萩原里実,五十嵐恒雄,荒川浩一.心因の関与が疑われた思春期喘息の1例.第29回日本小児心身医学学術集会.2011.9.17.大阪

84)羽鳥麗子,友政 剛,龍城真衣子,石毛 崇,荒川浩一.超音波法による慢性便秘児の直腸径計測.第38回日本小児栄養消化器肝臓学会.2011.10.8.盛岡

85)原 勇介,川島 淳,柴 徳生,奥野はるな,金沢 崇,荒川浩一.モザイク型 Down 症に発症した重症 TAM の1例.第53回日本小児血液学会.2011.11.26.前橋

86)福田一代,大木康史,荒川浩一,川田倫之,安岡義人.喉頭軟弱症を伴った喉頭裂の1例.第6回日本小児耳鼻咽喉科学会総会学術講演会.2011.6.16.大宮市

87)福田一代,河野美幸,大木康史,荒川浩一.経腸栄養中に胆汁うっ滞性肝障害を合併した高度 SGA 児の1例.第47回日本周産期新生児医学会.2011.7.12.札幌市

88)藤生 徹,井上貴博,関矢亜矢子,小泉亜矢,井上文孝,市之宮健二,丸山憲一.早期産児における抜管後呼吸サポートとしての SiPAP の有効性.第24回新生児慢性肺疾患研究会.2011.10.15.東京

89)藤生 徹,井上貴博,関矢亜矢子,小泉亜矢,井上文孝,市之宮健二,丸山憲一.早期産児における抜管後呼吸サポートとしての bilevel-NCPAP(SiPAP)の有効性..第188回日本小児科学会群馬地方会.2011.11.20.前橋

90)丸山健一,池田健太郎,小林富男,椎原 隆,畠山信逸.経過中に僧帽弁逆流症と高血圧性脳症を合併した ARPKD の1例.第33回日本小児腎不全学会学術集会.2011.10.21.焼津

91)丸山憲一,藤生 徹,高木 剛,松崎ゆき子,大木康史,本島たみ子.2009から2010年の群馬県の周産期・新生児医療施設における早期新生児死亡症例の検討..第27回群馬周産期研究会総会.2011.10.22.前橋

92)丸山憲一,藤生 徹,大木康史.東京都2009-2010年の群馬県の周産期・新生児医療施設における早期新生児死亡症例の検討.第56回日本未熟児新生児学会.2011.11.15.

93)丸山憲一,藤生 徹,大木康史.2009-2010年の群馬県の周産期・新生児医療施設における早期新生児死亡症例の検討..第56回日本未熟児新生児学会学術集会.2011.11.15.東京

94)丸山憲一,藤生 徹,浦野博央,井上貴博,関矢亜矢子,井上文孝.低出生体重児の新生児早期における授乳後の上腸間膜血流速度の変化 授乳間隔の影響に関する検討.第47回日本周産期新生児医学会.2011.7.12.札幌市

95)丸山憲一,藤生 徹.両大血管右室起始症を合併した先天性喉頭閉鎖の極低出生体重児例:自験例および本邦報告例の検討..第114回日本小児科学会学術集会.2011.8.12.東京

96)宮沢麗子,友政 剛,石毛 崇,龍城真衣子,荒川浩一.超音波による慢性便秘児直腸径の計測.第41回日本小児消化管機能研究会.2011.2.26.東京 

97)村松礼子,萩原里実,荒川浩一.シンポジウム5 「乳幼児喘息における NO」.第48回日本小児アレルギー学会.2011.10.29.福岡

98)村松一洋,澤浦法子,荒川浩一.「早期ミオクロニー脳症・白質変性を合併し,橋小脳低形成を認めた症例」.第16回小児神経症例検討会(蔵王セミナー).2011.2.11.山形市

99)本島敏乃,引間昭夫 他.Alu 配列を介した PTCH1 遺伝子全欠失の Gorlin 症候群親子例.第53回日本小児神経学会総会.2011.5.27.横浜

100)本島敏乃,引間昭夫 他.当院における病児保育室の現状と今後の展望~小児科医の立場より~.第53回群馬県小児保健会研究集会.2011.8.25.前橋

101)八木久子,小山晴美,中嶋直樹,石毛 崇,萩原里実,小柳貴人,荒川浩一,金子真理,佐藤幸一郎.ミルクによる消化管アレルギーが遷延した4歳女児に対する緩徐経口免疫療法.第48回日本小児アレルギー学会.2011.10.29.福岡

102)山本一恵,小泉亜矢,針谷 晃,桑島 信.加水分解乳によるビオチン欠乏症状を呈したミルクアレルギーの極低出生体重児双胎例.第47回日本周産期新生児医学会.2011.7.12.札幌市

103)吉澤千景,松村真理子,落合由加利,池内由果,水野隆久,須永康夫,田代雅彦,懸川聡子,小林靖子,渡部登志雄,荒川浩一,中西浩一.NPHS1 の新規遺伝子変異を認めた先天性ネフローゼ症候群の1例.第55回群馬腎疾患研究会.2011.11.17.前橋

104)渡部登志雄,水野隆久,石毛 崇,中嶋直樹,八木久子,荒川浩一.壊死性肺炎を来たし PCPS で救命できた免疫不全症の一例【続報】.第2回関東甲越免疫不全研究会.2011.9.18.東京

105)渡辺美緒,椎原 隆.神経学的基礎疾患を有する児に対する地域連携についての調査.第53回日本小児神経学会総会.2011.5.27.横浜

106)渡辺美緒,朴 明子,外松 学,林 泰秀.基礎疾患を有する小児の在宅療養支援における地域連携についての調査.第114回日本小児科学会学術集会.2011.8.13.東京

107)渡辺美緒,臼田由美子.バクロフェン持続髄注療法にて持続的筋緊張亢進状態が緩和した脳性麻痺の1例.第37回日本重症心身障害学会学術集会.2011.9.29.徳島



 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.