このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


2015
2014
2013
2012
2011
2010
|2009|
 アレルギー
 内分泌
 血液
 循環器
 消化器
 新生児
 神経
 腎臓
20082007
20062005
20042003
20022001

研究業績 | 2009 | 神経グループ

【論文、執筆】

1)浦野葉子、杉山登志郎.【小児疾患診療のための病態生理】発達障害、精神・心理疾患 反抗挑戦性障害、行為障害.小児内科.41:797-800.2009

2)浦野葉子、杉山登志郎.そだちの臨床 -発達精神病理学の新地平-.共著担当ページ106-131.日本評論社.2009

3)浦野葉子.講座 子どもの心療科 杉山登志郎編著.担当ページ60-72.講談社.2009

【学会、研究会】

第51回小児神経学会総会 5/28-31 鳥取 
ジーントラップ法による神経細胞極性形成やシナプス小胞関連新規遺伝子の同定と解析(口演)
村松 一洋 ・緒方 朋実・澤浦 法子・荒川 浩一

第51回小児神経学会総会 5/28-31 鳥取 
AERRPS(Acute encephalitis with refractory, repetitive partial seizures)の4例 (ポスター)
澤浦法子・村松一洋・緒方朋実・浦野葉子・荒川浩一

第51回小児神経学会総会 5/28-31 鳥取 
Congenital trigeminal anesthesiaの一例(ポスター)
渡辺美緒・椎原隆・竹澤伸子

10th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology 6/10-13 Korea
A screening of genes associated with neuronal polarity or vesicle distribution by a novel gene trap system. (poster)
Kazuhiro Muramatsu ,Nrioko Sawaura ,Akihiro Harada ,Hirokazu Arakawa

Neuroscience 2009 第32回日本神経科学会     9/16-18 名古屋
A screening of genes associated with neuronal polarity or vesicle distribution by a novel gene trap system.(英語口演)
Kazuhiro Muramatsu , Yukiko Hashimoto, Takashi Sato, Yasumasa Ishida, Hirokazu Arakawa,Akihiro Harada ,

International Symposium on Epilepsy in Neurometabolic Diseases (ISENMD)The 13th Annual Meeting of the Infantile Seizure Society (ISS) 3/26-28 2010 Taipei
SEVERE INFANTILE SPASM FEMALE CASE WITH RETT SYNDROME LIKE PHENOTYPE. (poster)
Kazuhiro Muramatsu, Noriko Sawaura, Yoko Urano, Yasunori Okada, Hirokazu Arakawa

第101回日本小児精神神経学会(2009年6月20日、21日)
反抗挑戦性障害の臨床的検討ー被虐待児の治療経験からー
浦野葉子、江川 純、小野真樹、森本武志、川村昌代、東 誠、杉山登志郎

第15回日本子ども虐待防止学会(2009年11月27日、28日)
性的虐待を疑われ早期発見できた傍腫瘍性辺縁系脳炎の一例
浦野葉子、村松一洋、岡田恭典、荒川浩一
(群馬大学医学部附属病院 小児科)
鈴木雄介、高橋啓介、三國雅彦 (同院 精神神経科)
小暮佳代子 (同院 産科婦人科)
長坂江里、田代裕一 (同院 神経内科)
溝口史剛、西村秀子 (利根中央病院小児科)

第182回日本小児科学会群馬県地方会(2009年12月13日)
性的虐待を疑われ早期発見できた傍腫瘍性辺縁系脳炎の一例
浦野葉子、渥美委規、村松一洋、岡田恭典、荒川浩一(群馬大学医学部附属病院 小児科)
鈴木雄介、高橋啓介、亀山正樹、三國雅彦(同院 精神神経科)
溝口史剛、西村秀子(利根中央病院小児科)
Josep Dalmau (Dept. of Neurology, University of Pennsylvania)

【講演会】

2009年9月12日〜13日
明治安田こころの健康財団特別講座2(新潟講座)
広汎性発達障害の併存症とその治療

2009年12月21日
館林地区母子保健推進委員研修会
広汎性発達障害の子どもの理解と支援


 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.