このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


2015
2014
2013
2012
2011
2010
|2009|
 アレルギー
 内分泌
 血液
 循環器
 消化器
 新生児
 神経
 腎臓
20082007
20062005
20042003
20022001

研究業績 | 2009 | 循環器グループ

2009年循環器グループ総括

循環器グループ(臨床枠)構成員:小林富男、小林徹、鈴木尊裕、下山伸哉、関満
池田健太郎、石井陽一郎

【英文(共著者含む)】

1)Kobayashi T, Miyamoto T, Kobayashi T, Ikeda K, Koizuka K, Okamoto H, Miyaji K
Staged repair of truncus arteriosus with interrupted aortic arch: adjustable pulmonary artery banding. Ann Thorac Surg. 2009, in Press

2)Kobayashi T, Inoue Y, Otani T, Morikawa A, Kobayashi T, Takeuchi K, Saji T, Sonobe T, Ogawa S, Miura M, Arakawa H
Risk stratification in the decision to include prednisolone with intravenous immunoglobulin in primary therapy for Kawasaki disease. Pediatr Infect Dis J. 2009;28:498-502.

3)Miyamoto T, Doi Y, Ikeda K, Kobayashi T, Kobayashi T
Repair of narrowed coronary sinus without connecting superior vena cava. Asian Cardiovascular & Thoracic Annals. 2009, 17: 186-188

4)Senzaki H, Kumakura R, Ishido H, Masutani S, Seki M, Yoshiba S
Left atrial systolic force in children: reference values for normal children and changes in cardiovascular disease with left ventricular volume overload or pressure overload. J Am Soc Echocardiogr. 2009 Aug;22(8):939-46.

5)Masutani S, Seki M, Taketazu M, Senzaki H
Successful management of the persistent pulmonary hypertension of the newborn with transposition of the great arteries by restricted patency of the ductus arteriosus: a simple and rational novel strategy. Pediatr Cardiol. 2009 Oct;30(7):1003-5

6)Seki M, Kato T, Masutani S, Matsunaga T, Senzaki H
Pulmonary arterial hypertension associated with gastroesophageal reflux in a 2-month-old boy with down syndrome. Circ J. 2009 Dec;73(12):2352-4.

7)Ishii Y, Suzuki T, Kobayashi T, Arakawa
Single coronary artery with right ventricular fistula: Case report and literature review. Congenit Heart Dis. 2010 Jan/Feb, in Press.

【日本語(筆頭著者のみ)】

1)小林富男
先天性心疾患 今日の診断指針第6版

2)小林徹、小林富男、荒川浩一
ガンマグロブリン不応例の予測と層別化 小児内科 2009:41(1):69-72

3)小林徹
免疫グロブリン治療抵抗例の予測スコア アクチュアル小児科診療2009.

4)小林徹、市田蕗子、鈴木啓之、佐地勉
川崎病急性期治療の最前線―冠動脈瘤を作らない治療オプション― Parma Medica, 2009:27(3):167-175

5)石井陽一郎, 池田健太郎, 小林徹, 小林富男, 藤崎正之, 土肥善郎, 宮本隆司
僧帽弁形成術後に再逆流が生じ、弁置換術を施行した先天性僧帽弁閉鎖不全症の1例 日本小児循環器学会雑誌, 2009: 25(5) :687-690

6)関満、先崎秀明
100のキーワードから習得する循環器ケア 循環器の主な疾患 動脈管開存症 ハートナーシング2009: 秋期増刊: 80-81.

【国際学会発表(筆頭発表者のみ)】

1)Tohru Kobayashi, Tomio Kobayashi, Akihiro Morikawa, Tstsuya Otani, Mitsuru Seki, Keiji Tsuchiya, Tomohiro Takeda, Hirokazu Arakawa
External validation of a risk score to predict intravenous immunoglobulin resistance in patients with Kawasaki disease. 5th World congress of pediatric cardiology and cardiac surgery. Cairns, Australia, June 23 2009

2)Shinya Shimoyama, Tohru Kobayashi, Hiroyuki Mochizuki, Akito Hamajima, Tomio Kobayashi, Shinitu Hatakeyama, Hirokazu Arakawa
Correcting left mediastinum displacement improves imbalance in the pulmonary vascular bed and lung volume in children with pectus excavatum after the Nuss procedure. 5th World congress of pediatric cardiology and cardiac surgery. Cairns, Australia, June 24 2009

3)Ishii Y, Suzuki T, Kobayashi T, Arakawa
Single coronary artery with right ventricular fistula: Case report and literature review. 8th Internatonal Congress on Coronary Artery Disease. Prague, Czech Republic, 14 October 2009.

【国内学会発表(筆頭発表者のみ)】

1)小林徹、小林富男、池田健太郎、石井陽一郎、宮本隆司、土肥善郎、藤崎正之、宮地鑑、荒川浩一
Hybrid approach for truncus arteriosus with interrupted aortic arch: Flow-adjustable bilateral PA banding with post operative balloon dilation. 第20回JPIC研究会. 2009.1.18. 品川

2)小林徹、佐地勉、森川昭廣、市田蕗子、小川俊一、野村裕一、三浦大、荒川浩一
小児大規模臨床試験実施に当たっての課題―RAISE Studyでの準備を通して― 第112回日本小児科学会学術集会. 2009.4.19. 奈良

3)小林徹、佐地勉、薗部友良、森川昭廣、濱岡建城、原寿郎、小川俊一、市田蕗子、阿部淳、野村裕一、三浦大、井上佳也、荒川浩一
重症川崎病患者に対する免疫グロブリン・プレドニゾロン初期併用療法の有用性を検討するRAISE Study. 第24回関東川崎病研究会 2009.6.27

4)小林徹、阿部淳、尾内善広、小川俊一、深澤隆治、原寿郎、池田和幸、荒川浩一、佐地勉
川崎病遺伝コンソーシアムの設立にむけて. 第29回日本川崎病学会. 2009.10.18. 名古屋

5)鈴木尊裕
当院におけるFontan型手術後の合併症と予後 第36回群馬小児循環器研究会 2009. 10. 23 前橋

6)下山伸哉、小林徹、浜島昭人、小林富男、畠山信逸、望月博之、荒川浩一
漏斗胸患児のNuss手術前後での肺血流の検討 第42回日本小児呼吸器疾患学会 2009.10.17 高崎

7)池田健太郎、小林富男、石井陽一郎、宮本隆司、小林徹、平戸純子、高橋啓
冠動脈瘤破裂をきたした乳児川崎病の1例 第24回関東川崎病研究会 2009.6.27. 東京

8)池田健太郎、石井陽一郎、小林富男、鈴木尊裕、小林徹、荒川浩一
学校で運動後に心室細動を起こし救命した2症例 第9回群馬スポーツ医学研究会 2009.7.1. 前橋

9)池田健太郎、石井陽一郎、小林富男、藤崎正之、宮本隆司、小林徹、下山伸哉、鈴木尊裕
低酸素換気療法を施行した14例の経験 第45回日本小児循環器学会総会 2009.7.16. 神戸

10)池田健太郎、石井陽一郎、小林富男、達和人、吉本明浩、宮本隆司
両側肺動脈絞扼術、PGE1による右室循環にて管理した新生児期AMIの1例第18回関東心筋疾患研究会 2009.10.3. 東京

11)池田健太郎、小林富男、石井陽一郎、宮本隆司、小林徹、高橋啓
冠動脈形成術とECMOで救命を試みた冠動脈瘤破裂の一例 第29回日本川崎病学会 2009.10.16. 名古屋

12)池田健太郎、石井陽一郎、小林富男、達和人、吉本明浩、宮本隆司
出生直後に急性心筋梗塞を来した新生児例 第36回 群馬小児循環器研究会 2009.10.24. 前橋

13)関満、小林俊樹、岩本洋一、葭葉茂樹、石戸博隆、増谷聡、松永保、竹田津未生、先崎秀明
体肺短絡人工血管を介した動脈管由来の肺動脈縮窄に対するバルーン拡張術の有効性 第20回日本Pediatric Interventional Cardiology研究会 2009.1.16

14)関満、岩本洋一、河野一樹、石戸博隆、玉井明子、竹田津未生、小林俊樹、増谷聡、先崎秀明
Fallot四徴症術後患者における左心機能:Ventricular-Ventricular Interaction 第45回日本小児循環器学会総会 2009.7.15. 神戸

15)関満、岩本洋一、増谷聡、竹田津未生、石戸博隆、先崎秀明
小児心疾患におけるIsovolumic Acccelerationの検討 第45回日本小児循環器学会総会 2009.7.15. 神戸

16)関満、筧紘子、川崎秀徳、岩本洋一、河野一樹、小林俊樹、石戸博隆、葭葉茂樹、竹田津未生、増谷聡、先崎秀明
小児における大動脈Wave intensity  第45回日本小児循環器学会総会 2009.7.15. 神戸

17)関満、荻野修二、先崎秀明、岩本洋一、小林俊樹、石戸博隆、葭葉茂樹、竹田津未生、増谷聡
先天性心疾患における左室2D Speckle trackingによる拡張機能評価  第45回日本小児循環器学会総会 2009.7.15. 神戸

18)関満、荻野修二 、葭葉茂樹、松永保、小林俊樹、筧紘子、川崎秀徳、玉井明子、岩本洋一、河野一樹、石戸博隆、竹田津未生、増谷聡、先崎秀明
Amplatzer device閉鎖後の心房壁収縮:2D Speckle trackingによる評価 第45回日本小児循環器学会総会 2009.7.16. 神戸

19)関満、玉井明子、川崎秀徳、筧紘子、岩本洋一、葭葉茂樹、石戸博隆、増谷聡、竹田津未生、先崎秀明、小林俊樹
Fontan術前の肺動脈狭窄に対してステント留置術を施行した4例 第45回日本小児循環器学会総会 2009.7.16. 神戸

20)関満、玉井明子、岩本洋一、河野一樹、石戸博隆、増谷聡、竹田津未生、小林俊樹、先崎秀明
左右短絡疾患患者における心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)の臨床的意義の検討 2009.7.16. 神戸

21)関満、筧紘子、玉井明子、岩本洋一、小林俊樹、石戸博隆、河野一樹、竹田津未生、川崎秀徳、増谷聡、先崎秀明
川崎病における血管床生理学的特性の変化の多様性 第45回日本小児循環器学会総会 2009.7.15. 神戸

22)関満、増谷聡、先崎秀明
単心室の心室圧断面積関係による心機能評価 第29回小児循環動態研究会 2009.10.10 久留米

23)関満、増谷聡、小林俊樹、松永保、石戸博隆、河野一樹、川崎秀徳、玉井明子、岩本洋一、竹田津未生、先崎秀明
2D Speckle Tracking法によるAmplatzer device閉鎖後の心房壁収縮の評価 第29回小児循環動態研究会 2009.10.10 久留米

24)石井陽一郎、池田健太郎、小林富男、藤崎正之、宮本隆司、小暮圭子、竹中俊文、高木剛、鈴木尊裕、下山伸哉、小林 徹、荒川浩一
群馬県内における出生前心臓病診断の現状と課題 産科学術講演会 2009.1.29 前橋

25)石井陽一郎、池田健太郎、小林富男、黒岩実
門脈大循環シャントによる門脈肺高血圧症で死亡した2例 第15回日本小児肺循環研究会 2009.2.7 港区

26)石井陽一郎、池田健太郎、小林富男、藤崎正之、宮本隆司、小暮圭子、竹中俊文、高木剛、鈴木尊裕、下山伸哉、小林 徹、荒川浩一
群馬県内における出生前心臓病診断の現状と課題 第180回日本小児科学会群馬地方会 2009.3.8 桐生

27)石井陽一郎、池田健太郎、下山伸哉、鈴木尊裕、小林 徹、小林富男、荒川浩一
単一冠動脈に冠動静脈瘻を合併した一例 第112回日本小児科学会学術集会 2009.4.17 奈良

28)石井陽一郎、池田健太郎、小林富男、小林徹、下山伸哉、鈴木尊裕
学校心臓検診にて発見され急死した不整脈源性右室心筋症の1例 群馬県小児循環器研究会 2009.10.23 前橋

【シンポジウム、講演会(筆頭発表者のみ)】

1)小林富男
小児の心臓病と学校生活管理 群馬県健康教育担当連絡会議、2009.7.10. 藤岡

2)小林徹
川崎病における免疫グロブリン抵抗例の予測と治療層別化の可能性 第8回 東京大学小児医学研究会 2009.1.25. 東京

3)小林徹
急性期川崎病に対するステロイド投与 第1回北陸川崎病研究会 2009.1.31. 金沢

4)小林徹
重症川崎病に対する新たな治療戦略 水戸川崎病講演会 2009.3.3. 水戸

5)小林徹
重症川崎病に対する新たな治療戦略 北九州川崎病講演会 2009.3. 北九州

6)小林徹
重症川崎病患者に対する治療戦略とステロイド治療 川崎病フォーラム in 八千代 2009.5.16. 八千代

7)小林徹
マイナスから始まったRCT 川崎病/RAISE Studyでの工夫 第8回小児難治性腎疾患治療研究会 2009.6.4. 横浜

8)小林徹
川崎病初期治療の層別化とステロイド治療 RAISE Studyの目指すところ 川崎病学術講演会 in 広島 2009.7.3. 広島

9)小林徹
重症川崎病に対する新たな治療戦略 福岡東部小児科医会 2009.9.25. 福岡

10)小林徹
RAISE Studyの紹介 ープロスペクティブな治療法研究ー 第10回北海道川崎病研究会 2009.9.26. 札幌

11)小林徹
重症川崎病に対する治療戦略 第1回山陰小児循環器研究会 2009.10.10. 米子

12)小林徹、佐地勉、薗部友良、森川昭廣、濱岡建城、原寿郎、小川俊一、市田蕗子、阿部淳、野村裕一、三浦大、井上佳也、荒川浩一
重症川崎病患者に対する免疫グロブリン・プレドニゾロン初期併用療法の有用性を検討するRAISE Study-研究デザインと進捗状況- 第29回日本川崎病学会. 2009.10.17. 名古屋

13)小林徹
川崎病患者に対するステロイド投与の可能性 第38回沖縄キッズハート 2009.11.5. 那覇

14)小林徹
RAISE Studyの進捗状況と今後の課題 第10回群馬川崎病研究会. 2009.11.7. 前橋

15)小林徹
重症川崎病に対する治療法は? Kawasaki-Disease Meeting in Kagoshima, 2009.11.27. 鹿児島

16)小林徹
重症川崎病に対する治療法は? 第六回高知小児循環器・川崎病研究会, 2009.12.13. 高知

17)Ishii Y, Ikeda K, Kobayashi T, Fujisaki M, Miyamoto T, Suzuki T, Shimoyama S, Kobayashi T
The Present State and Problem of Prenatal Diagnosis in Gunma Prefecture. 第45回日本小児循環器学会総会学術集会 ミニシンポジウム 2009.7.15 神戸

18)Mitsuru Seki, Hiroko Kakei, Hidenori Kawasaki, Akiko Tamai, Yoichi Iwamoto, Kazuki Kohno, Hirotaka Ishido, Satoshi Masutani, Mio Taketazu, Toshiki Kobayashi, Hideaki Senzaki
Hemodynamic Characteristics of Fontan Circulation  第45回日本小児循環器学会総会シンポジウム 2009.7.16神戸

【業績まとめ(筆頭のみ)】

小林富男 発表1回 論文1編
小林 徹 発表20回 論文5編
鈴木尊裕 発表1回 論文0編
下山伸哉 発表2回 論文0編
池田健太郎 発表6回 論文0編
関   満 発表12回 論文2編
石井陽一郎 発表6回 論文2編

【受賞】

なし

【競争的研究費】

1)小林徹
文部科学省科学研究費 若手研究(B) 主任研究者 急性期川崎病患者におけるToll-Like Receptorシグナル伝達の解析

2)小林徹
厚生労働科学研究費 実用化総合研究事業 佐地班分担研究者 重症川崎病患者に対する免疫グロブリン・ステロイド初期併用投与の効果を検討する前方視的無作為化比較試験

【論文査読】

小林富男 1編(小児循環器学会雑誌)
小林 徹 6編(J Pediatr×2, Circ J×2, Pediatr Infect Dis J, 日本小児科学会雑誌)


 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.