このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


2015
2014
2013
2012
2011
2010
|2009|
 アレルギー
 内分泌
 血液
 循環器
 消化器
 新生児
 神経
 腎臓
20082007
20062005
20042003
20022001

研究業績 | 2009 | 内分泌グループ

【論文】

1)Fukami M, Nishimura G, Homma K, Nagai T, Hanaki K, Uematsu A, Ishii T, Numakura C, Sawada H, Nakacho M, Kowase T, Motomura K, Haruna H, Nakamura M, Ohishi A, Adachi M, Tajima T, Hasegawa Y, Hasegawa T, Horikawa R, Fujieda K, Ogata T
Cytochrome P450 Oxidoreductase Deficiency: Identification and Characterization of Biallelic Mutations and Genotype-Phenotype Correlations in 35 Japanese Patients.  J Clin Endocrin Metab. First published ahead of print March 3, 2009 as doi:10.1210/jc.2008-2816

Cutaneous necrosis induced by extravasation of arginine monohydrochloride.Amano H, Nagai Y, Kowase T, Ishikawa O.Acta Derm Venereol. 2008;88(3):310-1

2)西山智春、村田恵子、小和瀬貴律、荒川浩一
思春期肥満の日常習慣行動、自己健康管理行動とライフスキルとの関連 ―中学生における肥満群と非肥満群との比較からー. 小児保健研究 68:256-267. 2009.

3)山田思郎
小児内分泌学テキスト(編集中).第7章 内分泌疾患に見られる所見、主要症候から診断へのアプローチ 分担10 高血糖.診断と治療社

4)溝口史剛
虐待の1表現形としての高度肥満:不適切養育環境下で高度肥満を呈した2小児例.日本小児科学会雑誌 (投稿中)

5)溝口史剛
Christopher J. Hobbs: Physical Signs of Child Abuse A Colour Atlas
翻訳 (出版社未定)

6)溝口史剛
Martin A. Finkel: Medical Evaluation of Child Sexual Abuse
分担翻訳(1章・3章・4章・8章) (出版社未定)

【学会、研究会 】

The Endocrine Society’s 89th Annual Meeting (Washington, D.C., USA)
P3−653  A Female Patient with Wilson Disease and Growth Hormone Deficiency.
Takanori Kowase, Yoshiaki Ootu, Takeshi Ishige and Hirokazu Arakawa

第82回日本内分泌学会学術総会(2009年4月、前橋)
1)心肺停止を来たした偽性低アルドステロン血症1型の一新生児例、小和瀬貴律(群馬大学大学院医学研究科小児科学), 溝口史剛, 大須賀稔樹, 服部重人, 山田思郎, 高野洋子, 荒川浩一
2)不適切養育環境下で高度肥満を呈し、社会的介入にて改善した2肥満小児例 小児高度肥満は虐待の表現型のひとつになる、溝口史剛(群馬大学 大学院小児科学分野), 小和瀬貴律, 大須賀稔樹, 山田思郎, 荒川浩一
3)IA-2抗体陽性を示しKir6.2変異を有した一過性新生児糖尿病の姉弟症例、大須賀稔樹(群馬大学大学院医学系研究科小児科学), 服部重人, 溝口史剛, 小和瀬貴律, 山田思郎, 高野洋子, 鈴木滋, 荒川浩一
第112回日本小児科学会(2009年4月、奈良)
低張液持続輸液等によるSIADH後に一過性の神経学的後遺障害を来たした一男児例、大津義晃(群馬大学 大学院医学系研究科小児科学分野), 溝口史剛, 村田舞, 山田思郎, 高野洋子, 小和瀬貴律, 荒川浩一
第181回日本小児科学会群馬地方会講話会(2009年6月、高崎)
低マグネシウム血症の姉妹の例
大津義晃1)、高野洋子2)、小和瀬貴律1)、山田思郎2)、荒木千晶2)、
前田昇三2)、荒川浩一1)
1)群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野、2)伊勢崎市民病院小児科

第43回小児内分泌学会(2009年10月、宇都宮)
1)痙攣を契機として診断された低マグネシウム血症の姉妹例、大津 義晃1、高野 洋子2、小和瀬 貴律1、山田 思郎2、荒木 千晶2、 前田 昇三2、荒川 浩一1
2)腸管壊死を合併し大腸亜全的術に至った、糖尿病性ケトアシドーシス発症の新生児糖尿病の1例 、鈴木加奈子1  溝口史剛2  大津義晃3  大須賀稔樹4  小和瀬貴律3  山田思郎5  荒川浩一3
3)治療に苦慮した新生児副甲状腺機能低下症の一例、市之宮 健二1)、宇都宮 友恵2)、山田 思郎2)、高野 洋子2)、荒木 千晶2)、前田 昇三2)
4)甲状腺ホルモン補充にて成長スパートが回復した、器質障害を伴わない中枢性甲状腺機能低下症の1例、山田思郎、高野洋子、大須賀稔樹、大津義晃、小和瀬貴律、荒川浩一
日本人類遺伝学会第54回大会(2009年9月、東京)
CHARGE症候群/Kallmann症候群7例のCHD7遺伝子変異と臨床所見、服部重人 清水健司 大橋博文
第51回日本先天代謝異常学会(2009年11月、東京)
新生児糖尿病を発症したミトコンドリア病疑いの一例、大津 義晃、鈴木 加奈子、石毛 崇、溝口 史剛、小和瀬 貴律、荒川 浩一

小児薬物療法研究会 (2009年2月、前橋)
9歳時偶然の肝機能障害にて診断されたWilson病に成長ホルモン分泌不全性低身長症を合併した一女児例、小和瀬貴律、溝口史剛、石毛崇、荒川浩一

総合周産期母子医療センターオープンカンファレンス(2009年3月、群馬県立小児医療センター)、SGA性低身長症について、小和瀬貴律 平成21年度伊勢崎栄養士会 (2009年6月、伊勢崎市)
小児肥満について、小和瀬貴律

群馬小児保健会研究集会 (2009年9月、前橋市)
思春期児童の肥満要因の分析-小学生における肥満群と非肥満群との比較から-
小和瀬貴律、荒川浩一、西山智春、村田惠子

第1回群馬小児神経・内分泌代謝カンファランス(2009年9月、前橋)
当科におけるSGA性低身長症のGH治療経過について
小和瀬 貴律、大津 義晃、荒川 浩一

健康管理(肥満の子供と両親に対する)のワークショップ(2009年10月、渋川)
体重管理の基礎知識と自己チェック法、
小和瀬 貴律

第180回日本小児科学会群馬県地方会 平成21年3月8日
1)シンポジウム ~子ども虐待の二次予防(早期発見・早期援助)における 小児科医師の役割について~ 、溝口史剛
2)一般演題 群馬県内の二次・三次医療機関における身体的虐待による死亡・後遺障害例の実態ならびに各医療機関の院内虐待対応システムについてのアンケート報告(第1報)、溝口史剛

第15回日本子ども虐待防止学会学術集会 平成21年10月23-24日 埼玉
一般演題ホスターセッションP-8 座長、溝口史剛

利根沼田地区 病診連携症例検討会 平成21年12月14日沼田
母親の暴力的揺さぶりにより生じた乳幼児揺さぶられ症候群の1例、溝口史剛

【講演会】

山田思郎
伊勢崎こども健康教室、子どものメタボリックシンドローム ― ボディー・イメージと健康 ―、平成21年10月24日 伊勢崎市民文化会館

山田思郎
第28回関東甲信越糖尿病セミナー、「2.小児糖尿病の君たちに」、平成21年11月8日 前橋市民文化会館

大須賀稔樹(高崎総合医療センター小児科)
第28回関東甲信越糖尿病セミナー、体験談:「君たちは私の先生です」、平成21年11月8日 前橋市民文化会館

溝口史剛
第28回関東甲信越糖尿病セミナー、「血糖変化に向き合うために」、
平成21年11月8日 前橋市民文化会館

溝口史剛
養護教諭研修、「子どもの生活習慣病対策」、平成21年8月6日 伊勢崎市民文化会館

溝口史剛
第10回地域保健・保育園・幼稚園、学校保健関係者のための学校保健・保健活動セミナー、「成長曲線からわかる子どもの病気」、高崎市


 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.