このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


2015
2014
2013
2012
2011
2010
|2009|
 アレルギー
 内分泌
 血液
 循環器
 消化器
 新生児
 神経
 腎臓
20082007
20062005
20042003
20022001

研究業績 | 2009 | アレルギーグループ

【和文】

1)小山晴美 荒川浩一
【小児の症候群】 感染・免疫・アレルギー 低補体性じんま疹様血管炎症候群.小児科診療72:430.2009

2)萩原里実
インフォームドコンセントのための図説シリーズ.医薬ジャーナル社 2009

3)村松礼子
IOS アレルギー診療の新しい展開.小児科診療. 診断と治療社 vol.72 2009

4)高見暁、荒川浩一
アスリートの喘息にかかわる諸問題 小児アスリートと喘息.臨床スポーツ医学 26(1):65-73.2009

5)荒川浩一、小林靖子
小児アレルギー疾患とエピジェネティクス.Inernational Review of Asthma 11(1):44-53.2009

6)高見 暁、望月博之、荒川浩一
粘液分泌細胞 -気管支喘息を中心に-.THE LUNG perspectives 17(2)25-28.2009

7)萩原里実、望月博之、村松礼子、只木弘美、水野隆久、荒川浩一、森川昭廣
小学校就学予定児の喘鳴性疾患と肺機能の検討.日本小児呼吸器疾患学会雑誌 19(2):105-111.2009

8)高見暁, 望月博之, 荒川浩一
【エフェクター細胞からみた呼吸器疾患の病態】 粘液分泌細胞 気管支喘息を中心に.THE LUNG-perspectives17(2):143-146.2009

9)荒川浩一
【ロイコトリエン受容体拮抗薬 アップデート】 実地臨床におけるロイコトリエン受容体拮抗薬 アレルギー性鼻炎合併喘息におけるロイコトリエン受容体拮抗薬の効果.アレルギー・免疫16:(6):838-844.2009

10)荒川浩一
食物アレルギーの温故知新.高崎医学59:41-46.2009

11)荒川浩一
【特集 喘息・アレルギー疾患の治療 早期介入の意義と実際】アレルギー児に早期介入を行っても喘息を発症してしまうと聞きましたが本当ですか?「Q&Aでわかるアレルギー疾患」5(2):140-142.2009

12)荒川浩一
小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2008解説「ガイドラインをどう読むか」第6章 小児気管支喘息の危険因子とその予防.日本小児アレルギー学会誌23(3):315-320.2009

13)荒川浩一
アレルギー相談室Q&A 小児で咳が長引く場合の治療.アレルギーの臨床29(9)65.2009

14)高見 暁、荒川浩一
小児喘息発症の危険因子(コホート研究からわかったこと).喘息22(2):51-55.2009

【英文】

1)Tadaki H, Arakawa H, Mizuno T, Suzuki T, Takeyama K, Mochizuki H, Tokuyama K, Yokota S, Morikawa A
Double-stranded RNA and TGF-alpha promote MUC5AC induction in respiratory cells. J Immunol. 182(1):293-300. 2009

2)Tadaki H, Arakawa H, Sugiyama M, Ozawa K, Mizuno T, Mochizuki H, Morikawa A
Association of cord blood cytokine levels with wheezy infants in the first year of life. Pediatr Allergy Immunol. 20:227-233. 2009

3)Mochizuki H, Muramatsu R, Tadaki H, Mizuno T, Arakawa H, Morikawa A
Effects of skin care with shower therapy on children with atopic dermatitis in elementary schools. Pediatr Dermatol. 26(2):223-5. 2009

4)Mochizuki H, Tadaki H, Takami S, Muramatsu R, Hagiwara S, Mizuno T, Arakawa H
Evaluation of out-in skin transparency using a colorimeter and food dye in patients with atopic dermatitis. Br J Dermatol. 160(5):972-9. 2009

5)Tadaki H, Mochizuki H, Muramastu R, Hagiwara S, Takami S, Mizuno T, Arakawa H
Effect of bronchoconstriction on exhaled nitric oxide levels in healthy and asthmatic children. Ann Allergy Asthma Immunol. 102(6):469-74. 2009

6)Mochizuki H, Todokoro M, Arakawa H
RS virus-induced inflammation and the intracellular glutathione redox state in cultured human airway epithelial cells. Inflammation. 32(4):252-64. 2009

7)Mochizuki H, Muramatsu R, Hagiwara S, Takami S, Mizuno T, Arakawa H
Relationship between bronchial hyperreactivity and asthma remission during adolescence.Ann Allergy Asthma Immunol. 103(3):201-5. 2009

【学会発表】

1)第112回日本小児科学会学術集会:萩原里実

2)第21回日本アレルギー学会春季臨床大会:荒川浩一、萩原里実

3)第26回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会:萩原里実

4)第42回日本小児呼吸器疾患学会:八木久子、萩原里実、中嶋直樹、村松礼子、小山晴美

5)第58回日本アレルギー学会秋季学術大会:荒川浩一、萩原里実、中嶋直樹

6)第46回日本小児アレルギー学会:荒川浩一、小山晴美


 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.