このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


2015
2014
2013
2012
2011
2010
|2009|
 アレルギー
 内分泌
 血液
 循環器
 消化器
 新生児
 神経
 腎臓
20082007
2006|2005|
20042003
20022001

研究業績 | 2005

森川昭廣
From the Editorial Committee −編集委員より− International Review of Asthma7(1) (2005)

徳山研一、海老澤元宏、Dabid B. Allen
小児喘息の吸入ステロイド療法における安全性 International Review of Asthma7(1) (2005)

徳山研一
“ニューロペプタイド研究会”のあゆみ アレルギーと神経ペプチド1:45-48 (2005)

森川昭廣
【アレルギー発症と感染の役割】−特集に寄せて− アレルギーの臨床 25(1):16 (2005.1)

望月博之、森川昭廣
【アレルギー発症と感染の役割】 RSウイルスメタニューモウイルスマイコプラズマ感染と気道過敏性 アレルギーの臨床 25(1):22-26 (2005.1)

加藤政彦
【日常よくみるウイルス感染症】 RSウイルス感染と気管支喘息 小児内科 37(1):97-102 (2005.1)

森川昭廣
【喘息治療の今後の方向性】 小児気管支喘息治療・管理ガイドラインの今後 喘息 18(1):29-32 (2005.1)

荒川浩一、滝沢琢己、望月博之、徳山研一、森川昭廣
呼吸機能に及ぼすテオフィリンRTC療法とLABAとの比較  Progress in Medicine 25(2):547-548(2005.2)

望月博之、森川昭廣
【アスピリン喘息と耳鼻咽喉科疾患】 小児のアスピリン喘息の今後  ENTONI 46:62-68(2005.2)

森川昭廣、滝沢琢巳、徳山研一
【気管支喘息におけるプロピオン酸ベクロメタゾン(HFA−134a−BDP:キュバールTM)の使用経験】今後の展開 小児領域を中心に アレルギー・免疫 12(3):502-507 (2005.2)

徳山研一
【β2刺激薬の喘息治療における使用と問題点】 β2刺激薬の抗炎症作用 アレルギー・免疫 12(3):412-419 (2005.2)

荒川浩一、森川昭廣
【小児喘息の特徴と最新治療】 乳幼児喘息と学童喘息の病態 およびその差異 アレルギー科 19(2):106-112(2005.2)

荒川浩一
テオフィリン関連痙攣患者に対するコントローラーとしてのプランルカストの有用性 新薬と臨床 54(2):159-161(2005.2)

柴徳生、大木康史、塩島健、名古靖、森川昭廣
先天性サイトメガロウイルス感染症をCMV高力価ガンマグロブリンで加療した超低出生体重児の1例 日本未熟児新生児学会雑誌 17(1):51-55(2005.2)

村松礼子、望月博之、荒川浩一、徳山研一、森川昭廣
呼吸生理学的にみた気管支喘息の寛解と治癒 日本小児アレルギー学会誌 19(1):42-47 (2005.3)

石毛崇、友政剛
【乳児の救急医療】 主訴からみた乳児の救急疾患 乳児の嘔吐と下痢 小児科診療 68(3):431-437 (2005.3)

森川昭廣
【気管支喘息 分子情報に基づく細分類の可能性】 診断と治療state−of−the−art気管支喘息治療のstate−of−the−art(小児) カレントテラピー 23(4):337-339 (2005.3)

森川昭廣
小児疾患の最新知見7 小児気管支喘息 それぞれの重症度に基づいてQOLを高める長期管理が治療の主役 Pedi!7:4-7 (2005.3)

戸所誠、森川昭廣
【アレルギー疾患のガイドライン最新動向】 小児気管支喘息 乳幼児 アレルギーの臨床 25(4):283-288 (2005.4)

今野武津子、小林昭夫、友政剛、金子浩章、豊田茂、中里豊、根津理一郎、米沢俊一、三木和典
小児炎症性腸疾患の治療指針 小児クローン病治療指針案 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 19(1):64-69 (2005.4)

工藤友恵、八木久子、金澤崇、小川千登世、森川昭廣
長期Foscarnet治療を要した非血縁者間骨髄移植後変異サイトメガロウイルス感染症 日本小児血液学会雑誌 19(2):79-82 (2005.4)

水野隆久、徳山研一
【知っておきたい診療上の留意点 なぜそうするのか、そうしてはいけないのか】 アレルギーの血液検査 小児科 46(5):761-764 (2005.4)

鈴木雅登、徳山研一
【アレルギーの衛生仮説(Hygiene Hypothesis)】 小児気道感染とアレルギー Pharma Medica 23(4):23-27 (2005.4)

鈴木則夫、大浜用克、川原央好、渡邉芳夫、岩井潤、松藤凡、内山昌則、生野猛、神山隆道、友政剛、岡田和子、三木和典、位田忍、佐々木美香、清水俊明
【機能性消化管疾患】 ワーキンググループレポート 小児胃食道逆流症診断治療指針 小児外科 37(4):479-490 (2005.4)

友政剛
【機能性消化管疾患】 機能性消化管疾患研究の今後の展望 小児外科 37(4):371-375 (2005.4)

永田智、清水俊明、小林昭夫、友政剛、田尻仁、余田篤、鍵本聖一、田原卓浩、牛島高介、内田恵一
小児炎症性腸疾患の治療指針 小児潰瘍性大腸炎に対するアザチオプリン/6−MP・サイクロスポリン・ステロイドパルス・外科手術に関するアンケート集計結果 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 19(1):78-86 (2005.4)

友政剛、小林昭夫、牛島高介、内田恵一、鍵本聖一、清水俊明、田尻仁、田原卓浩、余田篤
小児潰瘍性大腸炎治療指針作成ワーキンググループ小児炎症性腸疾患の治療指針 小児潰瘍性大腸炎治療指針案 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 19(1):58-63 (2005.4)

望月博之、森川昭廣
【研修医のための検査データの読みかた】 生理検査 呼吸機能 小児科診療 68(5):901-906 (2005.5)

水野隆久、徳山研一
ウイルス感染と喘息 Allergia Trends 7(2):10-13 (2005.5)

河野美幸、徳山研一
【喫煙と喘息】 受動喫煙と小児喘息 アレルギーの臨床 25(5):361-365 (2005.5)

宮沢麗子、友政剛
【小児の食と栄養Q&A】 消化器疾患 乳児のくり返す溢乳・吐乳の対処方法は? 小児内科 37(5):670-672 (2005.5)

友政剛
【潰瘍性大腸炎 QOLの向上を目指して】 小児潰瘍性大腸炎治療指針案 日本臨床 63(5):891-896 (2005.5)

志川葉子、村松礼子、本間亜矢子、滝沢琢己、荒川浩一、望月博之、徳山研一、森川昭廣
気管支喘息重積発作との鑑別に苦慮した重症筋無力症の一例 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 16(1):16-20 (2005.6)

望月博之、森川昭廣
小児喘息のリモデリングを考える 予知・予防の立場から 日本小児アレルギー学会誌 19(2):156-163 (2005.6)

鈴木雅登、徳山研一
【咳喘息と周辺疾患】 小児における咳嗽と喘息 呼吸と循環 53(6):589-594 (2005.6)

徳山研一
小児の発熱 健康通信:30-31 (2005.6)

鈴木雅登、森川昭廣
【DSCG 臨床における意義とその将来展望】 臨床 小児/乳児喘息における有用性 アレルギー・免疫 12(8):1152-1158 (2005.7)

望月博之、森川昭廣
【小児気管支喘息の悪化因子 特に気道感染の面から】 ウイルス感染と気道過敏性 アレルギーの臨床 25(7):516-521 (2005.7)

大木康史
【基本知識からルート確保・固定テクニックまで 今さら聞けない?!輸液管理のギモンQ&A】教えてくださいい!ルート確保のコツと固定法 ルート確保のコツ L−cath Neonatal Care 18(7):700 (2005.7)

古庄巻史、西間三馨、古川漸、近藤直実、四宮敬介、飯倉洋治、斎藤博久、赤澤晃、赤坂徹、和田博泰、小原里枝子、増田敬、森川昭廣、徳山研一、望月博之、荒川浩一、加藤政彦、西村秀子、嵯峨礼子、永山洋子、鳥羽剛、椿俊和、青柳正彦、関根邦夫、渡邊博子、小田嶋安平、三浦克志、鈴木章市、高村まゆみ、勝沼俊雄、今村直人、大矢幸弘、須田友子、河原秀俊、森澤豊、向山徳子、青木國輝、栗原和幸、高増哲也、海老澤元宏、田知本實、山田節、小島伸行、野崎和之、伊上良輔、吉田隆寛、井上康広、宮野前健、徳永修、徳永千恵美、泰大資、末廣豊、亀崎佐織、福井徹哉、土居悟、井上嘉茂、亀田誠、吉田之範、松原知代、西尾健、松本一郎
システィニルロイコトリエン受容体1拮抗薬MK−476(モンテルカストナトリウム)チュアブル錠の小児気管支喘息に対する第Ⅲ相長期投与試験  A Cysteinyl Leukotriene Receptor 1 Antagonist;MK−476(Montelukast),in Childhood Bronchial Asthma;A Multicenter,Long−term,Open study(PhaseⅢ)臨床医薬21(7):711-731 (2005.7)

今野武津子、小林昭夫、友政剛、金子浩章、豊田茂、中里豊、根津理一郎、米沢俊一、三木和典
日本小児栄養消化器肝臓学会小児クローン病治療指針作成ワーキンググループ 小児クローン病治療指針案 日本小児科学会雑誌109(7):815-820(2005.7)

名古靖、吉澤幸弘、大木康史、森川昭廣
ゾニサミドの母乳移行および児への移行 日本周産期・新生児医学会雑誌41(3):557-560 (2005.8)

徳山研一
講座 薬物療法 β2刺激薬−プロカテロールドライシロップ− 呼吸24(8):687-693 (2005.8)

鬼形和道、森川昭廣
特集 臨床各科への誘い〜私の科へいらっしゃい〜 11.小児科へいらっしゃい〜大人の疾患をコントロールできる時代だから〜 臨床研修プラクティス2(8):54-59(2005.8)

村松礼子、荒川浩一、森川昭廣
【多因子疾患としてのアレルギーとその予防の戦略】小児アトピー性皮膚炎 アレルギー科20(2):142-147(2005.8)

望月博之、森川昭廣
【Q&Aでわかるアレルギー疾患 なぜアレルギーは増えているのか?環境因子による発症への影響】 Question ウイルス感染による子どもの喘息への影響は? Q&Aでわかるアレルギー疾患1(2):142-144(2005.8)

望月博之、森川昭廣
【小児の睡眠時無呼吸症候群(SAS)】 小児の呼吸器疾患と睡眠時無呼吸症候群(SAS) ENTONI52:31-37(2005.8)

鈴木雅登、徳山研一
【ステロイド療法の副作用対策】 気管支喘息 小児科46(9):1389-1396(2005.8)

水野隆久、徳山研一
【小児アレルギー疾患のABC】 疾患病態解説 乳児期の喘鳴およびウイルス感染関連喘息 小児科診療68(8):1440-1446(2005.8)

鬼形和道
特発性低身長児におけるグレリンとGH放出因子受容体(GHS−R)遺伝子多型の検討 成長科学協会研究年報28:303-311(2005.8)

三河春樹、松尾宣武、森川昭廣、服部春生
小児疾患シリーズ 小児救急の手引き 四肢麻痺 臨床医薬21(8):849-857(2005.8)

石岡大成、加藤政彦、山口貴史、吉住正和、小澤邦壽、鮫島伸一、澤田俊夫、星野洪郎、木村博一
気道上皮細胞に対する好酸球顆粒蛋白およびRespiratory Syncytialウイルスの傷害性 Cytometry Research15(2):1-5(2005.9)

足立満、福田健、森川昭廣、西村周三、加藤政彦、木村輝明、杉山公美弥、蝶名林直彦、望月博之、安場広高、吉原重美
JASCOM(Japan Asthma & COPD Management Forum) 日本における喘息死と喘息の疾病負担アレルギー・免疫12(10):1438-1447(2005.9)

野中学、森川昭廣
上気道から下気道までの気道粘膜−耳鼻咽喉科の見地から− 気道をめぐる疾患群1:2-6 (2005.9)

瀧川雅浩、宮地良樹、森川昭廣
小児アトピー性皮膚炎−仲良くやろう小児科と皮膚科− 日本臨床皮膚科医会雑誌22(6):422-430 (2005.9)

望月博之、森川昭廣
【小児気管支喘息の多様性】 乳幼児における喘息の多様性 喘息18(4):28-32(2005.10)

望月博之、森川昭廣
【気管支喘息と末梢気道】 小児について 呼吸機能と末梢気道 アレルギー・免疫12(11):1504-1510(2005.10)

望月博之、森川昭廣
【呼吸器疾患 小児気管支喘息の発症・進展をどのように防ぐか? ロイコトリエンの関与を探る】 発症メカニズムと予防のStrategy ウイルス感染 小児科臨床58(10):1977-1985(2005.10)

鬼形和道
【臨床分子内分泌学 甲状腺・副甲状腺・骨内分泌代謝系】 甲状腺ホルモン 病態と疾患からみた甲状腺ホルモン 先天性甲状腺機能低下症 日本臨床63(10):105-110(2005.10)

河野美幸、徳山研一
【食物アレルギー 病態と治療をめぐる最新の話題】 Key words 食物アレルギーとアナフィラキシーショック カレントテラピー23(11):1138(2005.10)

金子浩章
小児の炎症性腸疾患 潰瘍性大腸炎の治療 −白血球吸着除去療法 小児内科37(11):1496-1500

Tamura K、 Oue A、 Tanaka A、 Shimizu N、 Takagi H、 Kato N、 Morikawa A、 Hoshino H
Efficient formation of vesicular stomatitis virus pseudotypes bearing the native forms of hepatitis C virus envelope proteins detected after sonication. Microbes Infect. 7(1):29-40. (2005)

Kato M、 Yamaguchi T、 Tachibana A、 Kimura H
Differential role of an atypical protein kinase C、 PKC zeta、 in regulation of human eosinophil and neutrophil functions. Int Arch Allergy Immunol. 137 Suppl 27-34. (2005)

Kato M、 Hayashi Y、 Kimura H
Oxygen radicals in inflammation and allergy related to viral infections. Curr Drug Targets Inflamm Allergy. 4(4):497-501. (2005)

Ohki Y、 Tokuyama K、 Mayuzumi H、 Sato A、 Koyama H、 Takizawa T、 Arakawa H、Mochizuki H、 Morikawa A
Characteristic features of allergic airway inflammation in a murine model of infantile asthma. Int Arch Allergy Immunol. 138(1):51-8.9. (2005)

Arakawa H、 Yuhara Y、 Todokoro M、 Kato M、 Mochizuki H、 Tokuyama K、 Kunimoto F、 Morikawa A
Immunoadsorption therapy for a child with Guillain-Barre syndrome subsequent to Mycoplasma infection: a case study. Brain Dev. 27(6):431-3. (2005)

Kato M、 Yamaguchi T、 Tachibana A、 Suzuki M、 Izumi T、 Maruyama K、 Hayashi Y、Kimura H
An atypical protein kinase C、 PKC zeta、 regulates human eosinophil effector functions. Immunology. 116(2):193-202. (2005)

Shiojima T、 Fujiki Y、 Sagai H、 Iyobe S、 Morikawa A
Prevalence of Streptococcus pneumoniae isolates bearing macrolide resistance genes in association with integrase genes of conjugative transposons in Japan. Clin Microbiol Infect. 11(10):808-13. (2005)

Kanazawa T、Ogawa C、Taketani T、Taki T、Hayashi Y、Morikawa A
TLS/FUS-ERG fusion gene in acute lymphoblastic leukemia with t(16;21)(p11;q22) and monitoring of minimal residual disease. Leuk Lymphoma46(12):1833-5 (2005)

Nishima S、Furusho K、Morikawa A、Mochizuki H、Akasaka T、Sugimoto H、Ikebe T、Nisimuta T、Sekine K、Yamada M、Odajima H、Motomura C、Yamatodani A
Pranlukast Inhibits Exercise-Induced Bronchospasm in Asthmatic Children:A Randomized,Multicenter,Double-Blind,Placebo-Controlled Two-Period Crossover Trial. Pediatric asthma,Allergy&Immunology18(1):5-11(2005)

Ishii Y、Takizawa T、Arakawa H、Saga R、Mochizuki H、Tokuyama K、Morikawa A
Hemorrhagic bullous lesions in Henoch-Schonlein purpura. Pediatr Int.47(6):694-7(2005)

Takahashi A、Tomomasa T、Kaneko H、Hatori R、Ishige T、Suzuki M、Mochiki E、Morikawa A、Kuwano H
In vivo recording of colonic motility in conscious rats with deficiency of interstitial cells of Cajal、with special reference to the effects of nitric interstitial cells of Cajal、with special reference to the effects of nitric oxide on colonic motility. J Gastroenterol.40(11):1043-8(2005)

Mochizuki H、Arakawa H、Tokuyama K、Morikawa A
Bronchial sensitivity and bronchial reactivity in children with cough variant asthma. Chest.128(4):2427-34(2005)

Koyama H、Tokuyama K、Nishimura H、Mizuno T、Mayuzumi H、Ohki Y、Arakawa H、Mochizuki H、Morikawa A
Effect of disodium cromoglycate on airway mucus secretion during antigen-induced late asthmatic responses in a murine model of asthma. Int Arch Allergy Immunol.138(3):189-96. (2005)

Inoue Y、Mastuwaki Y、Shin SH、Ponikau JU.、Kita H Nonpathogenic,Environmental Fungi Induce Activation and Degranulation of Human Eosinophils. The Journal of Immunology175(8):5439-5447(2005)

Tomizawa D、Aoki Y、Nagasawa M、Morio T、Kajiwara M、Sekine T、Shimizu N、Kato M、YachieA、Mizutani S
Novel adopted immunotherapy for mixde chimerism after unrelated cord blood transplantation in Omenn syndrome. Eur J Haematol75(5):441-444(2005)

Wada T、Toma T、Okamoto H、Kasahara Y、Koizumi S、Agematsu K、Kimura H、Shimada A、Hayashi Y、Kato M、Yachie A
Oligoclonal Expansion of T lymphocytes with multiple second-site mutations leads to Omenn syndrome in a patient with RAG1-deficient severe combined immunodeficiency. Blood106(6):2099-2101(2005)

Hussain S、Miyazawa R、Tomomasa T、Kaneko H、Takahashi A、Watanabe T、Arakawa H、Morikawa A
Possible involvement of adrenomedullin in lipopolysaccharide-induced small-intestinal motility changes in conscious rats. J Gastroenterol 40:1123-1129(2005)

Kimura H、Sawada T、Oshima S、Kozawa K、Ishioka T、Kato M
Toxicity and Roles of Reactive Oxygen Species. Current Drug Tagets-Inflammation&Allergy 4:489-495(2005)


 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.