このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


2015
2014
2013
2012
2011
2010
|2009|
 アレルギー
 内分泌
 血液
 循環器
 消化器
 新生児
 神経
 腎臓
20082007
20062005
2004|2003|
20022001

研究業績 | 2003

荒川浩一
おもな薬剤の薬理作用とその代謝 「ファーマナビゲーター アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:210-222 (2003)

荒川浩一
経口抗アレルギー薬は多数ありますが、その選択はどのようにしたらよいですか?−小児− 「ファーマナビゲーター アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:252-254 (2003)

荒川浩一
どのようなときに専門医に紹介したらよいですか?−小児−「ファーマナビゲーター アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:310-313 (2003)

荒川浩一
テオフィリン薬 「図説 小児喘息の特徴−病態と薬物療法を中心に−」西間三馨、森川昭廣編 メディカルレビュー社、東京:285-305 (2003)

荒川浩一、森川昭廣
小児に対する吸入ステロイド薬使用の注意点は 「正しい吸入ステロイドの使い方」 足立 満編 医薬ジャーナル社、大阪:86-91 (2003)

荒川浩一、森川昭廣
呼吸器診療二頁の秘訣 福地義之助編 金原出版、東京:90-91 (2003)

荒川浩一
IL−13受容体異常に関する研究.乳幼児・小児気管支ぜん息の保健指導等に関する研究報告書2002年度 森川昭廣研究班 公害健康被害補償予防協会委託業務報告書:67-71 (2003)

荒川浩一
遺伝と胎内因子 アレルギー疾患におけるIL−4,IL−4RおよびSTAT6の遺伝子多型 免疫・アレルギー等研究事業 平成14年度厚生労働科学研究費補助金 第1分冊:133-135 (2003) 

井上佳也、森川昭廣、紀太博仁
特記事項 Allergic fungal sinusitis(AFS) 小児科シリーズⅢ「小児のアレルギー性鼻炎」 現代医療社:198-207 (2003)

加藤政彦、鈴木雅登、橘 淳、滝沢琢己、荒川浩一、望月博之、徳山研一、森川昭廣、木村博一
ヒト好酸球活性化における細胞接着と細胞骨格の役割 呼吸22(2):48 (2003)

加藤政彦
予防接種における注意点とアレルギー症状が発生した場合の対応 「小児科外来診療のコツと落とし穴①小児喘息診療」 柳沢正義監修、森川昭廣編集 中山書店、東京:210-211 (2003)

加藤政彦、鈴木雅登、森川昭廣
B.小児気管支喘息と関連疾患 1.成人喘息との違いは? 「アレルギー疾患」 中川武正、片山一郎、岡本美孝編 専門医にきく最新の臨床:166-167 (2003)

加藤政彦、鈴木雅登、森川昭廣
B.小児気管支喘息と関連疾患 2.小児喘息の診断 「アレルギー疾患」 中川武正、片山一郎、岡本美孝編 専門医にきく最新の臨床:168-169 (2003)

加藤政彦
薬物選択と使い方の実際−小児−「ファーマナビゲータ− アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:188-208 (2003)

加藤政彦
ウィルス性気道感染による発作の際の注意点は?−小児−「ファーマナビゲータ− アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:244-247 (2003)

加藤政彦
吸入ステロイドが少量で有効かつ安全な理由は?−小児−「ファーマナビゲータ− アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:348-351 (2003)

加藤政彦、橘 淳、森川昭廣
喘息を誘発するウィルス性呼吸器感染症.ウィルスによる気道過敏性発現メカニズム 「図説 小児喘息の特徴−病態と薬物療法を中心に−」 西間三馨、森川昭廣編 東京 メディカルレビュー社:66-76 (2003)

加藤政彦、鈴木雅登、森川昭廣
乳児喘息の予防処置として有効な手段は何か?2. agonists. 「図説 小児喘息の特徴−病態と薬物療法を中心に−」 西間三馨、森川昭廣編 東京 メディカルレビュー社:227-232 (2003)

加藤政彦、森川昭廣
検査.血液検査 「小児アレルギー性鼻炎」 西間三馨、森川昭廣編 現代医療社、東京:118-123 (2003)

加藤政彦、藤生 徹、橘 淳、鈴木雅登、森川昭廣
当科における定期予防接種の実施状況および副反応に関する研究(第6報).予防接種の効果的実施と副反応に関する総合的研究 研究報告書厚生省予防接種副反応研究班予防接種リサーチセンター:121 (2003)

加藤政彦
RSウィルスの好酸球スーパーオキサイド産生に及ぼす影響 乳幼児・小児の気管支ぜん息の保健指導に関する研究報告書(森川昭廣研究班):113-115 (2003)

金子浩章
口内炎・鵞口瘡・舌の疾患 「今日の小児治療指針第13版」 大関武彦、古川 漸、横田俊一郎編 医学書院、東京:295-296 (2003)

金子浩章
小児クローン病における経皮的内視鏡下胃瘻造説術の施行経験 「実地医家のためのクローン病治療症例集」 医薬ジャーナル社、大阪:54-57 (2003)

金子浩章
食事せん 「小児科研修医ノート V」 診断と治療社、東京:174-177 (2003)

金子浩章、友政剛
クローン病 「小児消化器・肝臓病マニュアル」 白木和夫監修 診断と治療社、東京:140-147 (2003)

金子浩章、友政剛
下痢、嘔吐 「研修医の小児医療研修のための基礎知識」 衛藤義勝監修 三共:124-130 (2003)

小林 徹
喘息診断のピットフォール Topics Atopy3:44-45 (2003)

小林 徹
喘息児における心血管系異常との鑑別 「小児科外来診療のコツと落とし穴①小児喘息診療」 柳澤正義監修、森川昭廣編集 中山書店、東京:184-185 (2003)

柴 徳生、滝沢琢己、荒川浩一、湯原幸弘、渡部登志雄、岡田恭典、友政剛
PET・SEPCTにて視床・基底核障害を確認したインフルエンザ脳症の一例 群馬核医学研究会会誌18:17-18 (2003)

鈴木僚子
腹膜炎 「小児消化器・肝臓病マニュアル」 白木和夫監修 診断と治療社、東京:171-172 (2003)

滝沢琢己
気道炎症のおける免疫系と神経系のクロストーク 日本小児アレルギー学会誌17(1):60-65 (2003)

滝沢琢己、徳山研一
咳、嗄声、喘鳴(喘息を除く) 三河春樹、松尾宣武、森川昭廣編 小児救急の手引きVol.30 東京

土田嘉昭、鈴木則夫、丸山健一
気道確保をする小児の呼吸障害 小児外科35:771-773 (2003)

徳山研一
小児急性重症喘息発作に対して各種の治療処置はどの程度有効か?Ipratropium bromide added to β2 agonists. 「図説 小児喘息の特徴−病態と薬物療法を中心に−」 西間三馨、森川昭廣編 メディカルレビュー社、東京:159-163 (2003)

徳山研一
抗コリン薬 「図説 小児喘息の特徴−病態と薬物療法を中心に−」 西間三馨、森川昭廣編 メディカルレビュー社、東京:242-252 (2003)

徳山研一
粘液分泌細胞 「喘息に関する細胞をめぐって(最近の進歩)」 宮本昭正、小林節雄、中島重徳編 ライフサイエンス出版:119-125 (2003)

徳山研一
小児気管支喘息の病態−小児に特有な面を中心に− 「ファーマナビゲーター アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:36-50 (2003)

徳山研一
最近ペットのいる家庭でのほうが喘息になるヒトが少ないと言われていますが? 「ファーマナビゲーター アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:236-238 (2003)

徳山研一
発作時の酸素の使用はどの程度の発作から?−小児− 「ファーマナビゲーター アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:264-266 (2003)

徳山研一
発作時のステロイドホルモンの投与基準は?−小児−「ファーマナビゲーター アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:280-282 (2003)

徳山研一
小児では吸入ステロイドの使用には副作用がありとする報告と、ないとの報告がありますが? 「ファーマナビゲーター アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:340-342 (2003)

徳山研一
ウィルス感染時、吸入ステロイド薬はどのようにしたらよいのでしょうか?−小児− 「ファーマナビゲーター アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:372-373 (2003)

徳山研一
フローボリウム曲線測定の意義−特にβ2刺激薬吸入後の改善率を指標として 「小児科外来診療のコツと落とし穴①小児喘息診療」 柳澤正義監修、森川昭廣編集 中山書店、東京:44-45 (2003)

徳山研一
喘息児に対する鼻副鼻腔疾患治療の重要性 「小児科外来診療のコツと落とし穴①小児喘息診療」 柳澤正義監修、森川昭廣編集 中山書店、東京:154-155 (2003)

徳山研一
アレルギー疾患 乳児喘息 「今日の小児治療指針第13版」 大関武彦、古川 漸、横田俊一郎編 医学書院、東京215-216 (2003)

徳山研一
急性発作における薬物療法(外来) 「コ・メディカルと患者家族のための小児の気管支喘息」 西間三馨、森川昭廣監修 現代医療社、東京:23-33 (2003)

戸所 誠、森川昭廣
乳児喘息 「コ・メディカルと患者家族のための小児の気管支喘息」 西間三馨、森川昭廣監修 現代医療社、東京:185-194 (2003)

戸所 誠、森川昭廣
小児慢性疾患医療給付の申請書の出し方 西間三馨、森川昭廣監修 コ・メディカルと患者家族のための小児の気管支喘息 東京

戸所 誠、森川昭廣
喘鳴.疾患・症状別 今日の治療と看護:225-226 (2003)

中川武正、徳山研一、相良博典
座談会 Small Airway. 喘息16(2):82-88 (2003)

羽鳥幸恵
血管性紫斑病の消化管病変 「小児消化器・肝臓病マニュアル」 白木和夫監修 診断と治療社、東京:140-147 (2003)

針谷 晃
第15章 眼疾患(分担翻訳) NRC Robertson著

藤生 徹、小泉武宣
消化器疾患(壊死性腸炎、胎便病) 新生児の症状・所見マスターブック Neonatal Care(秋期増刊):129-32 (2003)

丸山健一
長期呼吸管理のための気道確保 気管内挿管・気管切開の適応とインフォームドコンセント 小児外科35:779-783 (2003)

丸山健一
出血性膀胱炎 腎尿路感染症のすべて−最近の動向− 腎と透析55:134-137 (2003)

丸山健一、小泉武宣
極低出生体重時の胚芽腫症例の検討 日本未熟児新生児学会新生児希有疾患(病態)前方視的サーベイランス事業報告 日本未熟児新生児学会雑誌16:63-71 (2003)

丸山健一、小泉武宣
開設以来20年間の群馬県立小児医療センターにおける超低出生体重児の治療成績 The Kitakanto Medical Journal53:383-387 (2003)

丸山健一、小泉武宣、藤生 徹、吉澤幸弘
血液培養時のアセトン清拭導入後の極低出生体重児における血液培養陽性率の変化 日本新生児学会雑誌39:473-478 (2003)

宮沢麗子、友政剛
胃食道逆流症 「小児消化器・肝臓病マニュアル」 白木和夫監修 診断と治療社、東京:83-88 (2003)

望月博之
小児気道過敏性の検査の有用性−メサコリン、ヒスタミン、蒸留水吸入試験について 「小児外来診療のコツと落とし穴①小児喘息診療」 柳澤正義管監修、森川昭廣編集 中山書店、東京:16-17 (2003)

望月博之
呼吸機能検査の有用性/読み方 「小児外来診療のコツと落とし穴①小児喘息診療」 柳澤正義管監修、森川昭廣編集 中山書店、東京:38-39 (2003)

望月博之、森川昭廣
ロイコトリエン拮抗薬 「図説 小児喘息の特徴−病態と薬物療法を中心に−」西間三馨、森川昭廣編 メディカルレビュー社、東京:335-345 (2003)

望月博之、森川昭廣
ロイコトリエン受容体拮抗薬の運動誘発性喘息改善効果 ロイコトリエン拮抗薬のすべて  先端科学社:80-87 (2003)

望月博之、森川昭廣
気管支喘息の診断−小児での診断− 「ファーマナビゲーター アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:335-345 (2003)

望月博之、森川昭廣
乳幼児や高齢者の肺機能について−小児−「ファーマナビゲーター アレルギーシリーズ喘息編」 足立 満監修、森川昭廣編集 メディカルレビュー社、東京:326-329 (2003)

望月博之、森川昭廣
咳嗽、喘鳴 「コアローテーション小児科」 金芳堂:112-116 (2003)

森川昭廣、William H Kelly、土居 悟
−座談会−喘息の吸入指導におけるヘルスケアプロフェッショナルとの連携 International Review of Asthma5(2):10-30 (2003)

安田正人、天野博雄、田村敦志、石川 治、針谷 晃
網膜剥離・痙攣を合併した色素失調症の1例 最近の発症メカニズムの知見と併せて

鬼形和道
甲状腺結節 「今日の治療指針 第13版」 医学書院:178-179 (2003)

徳山研一
学会・研究会・このごろの−第39回日本小児アレルギー学会 Topics in Atopy2(1):46-47 (2003)

望月博之、森川昭廣
【気道過敏性再考】 気道過敏性とβ2刺激薬 喘息 16(1):58-62(2003.1)

望月博之、森川昭廣
【外来診療に役立つ検査】 呼吸機能検査 ピークフローメータスパイロメータと患者教育 小児科診療 66(2):319-324(2003.2)

荒川浩一、森川昭廣
小児アレルギー疾患における症状の変遷アレルギーマーチの新しい意義 呼吸器症状とアレルギー疾患の経過 日本小児アレルギー学会誌 17(1):38-42(2003.3)

徳山研一
【最近話題の用語 知っておきたい豆知識】 免疫・アレルギー 気道リモデリング 小児科 44(4):577(2003.3)

井上佳也、徳山研一
【最近話題の用語 知っておきたい豆知識】 免疫・アレルギー アラキドン酸代謝産物(ロイコトリエンプロスタグランジントロンボキサン) 小児科 44(4):576(2003.3)

加藤政彦、森川昭廣
好酸球はやはり悪者?それとも? Topics in Atopy アトピーは今2(1):36-43 (2003.3)

森川昭廣
【アトピー性疾患のアーリーインターベンション】 アトピー疾患 小児と成人のはざまで 成人と小児での背景の相違からみたアーリーインターベンション Topics in Atopy2(1):4-7(2003.3)

森川昭廣
【アトピー性疾患のアーリーインターベンション】 アトピー性疾患のアーリーインターベンション Topics in Atopy2(1):2-3(2003.3)

森川昭廣
−Review−乳児のアレルギー Excerpta Medica Newsletter Allergy Update15(2):1-3 (2003.4)

森川昭廣
Case Report 1 乳児喘息の典型例 Excerpta Medica Newsletter Allergy Update15(2):5 (2003.4)

前田昇三
Case Report 2 鶏卵アレルギーの乳児例 Excerpta Medica Newsletter Allergy Update15(2):5 (2003.4)

馬場實、三河春樹、赤坂徹、森川昭廣、鳥居新平、西間三馨、中島光好
小児気管支喘息に対するトシル酸スプラタストドライシロップ(IPD−DS)の臨床評価 ペミロラストカリウムドライシロップを対照とした二重盲検比較試験 新薬と臨床 52(4):477-503(2003.4)

細谷京子、堀込和代、下村洋之助、冨岡千寿子、高橋美恵子、森田美恵子、下山郁子、鬼形和道
K村における5歳児の小児生活習慣病検診結果と生活習慣との関連 小児看護 26(4):521-527(2003.4)

鬼形和道
POMC遺伝子異常による肥満症 最新医学 57(4):934-939(2002.4)

加藤政彦
【気管支喘息と好酸球】 気管支喘息における好酸球の役割 好酸球と脂質メディエーター(ロイコトリエンを中心に) 喘息 16(2):33-38(2003.4)

池内由果、宮沢麗子、小川哲史、牛久英雄、田畑賢一、友政剛、森川昭廣
急性横断性脊髄炎の1例と報告例のまとめ 小児科診療 66(4):701-704(2003.4)

望月博之、森川昭廣
【アレルギー疾患のリモデリングとその予防】 小児の喘息における気道リモデリング アレルギー科 15(4):307-313(2003.4)

望月博之、森川昭廣
【アトピー性疾患 気管支喘息アトピー性皮膚炎食物アレルギー】 呼吸機能検査の実際とその意義 小児内科 35(4):616-620(2003.4)

荒川浩一、森川昭廣
【アトピー性疾患 気管支喘息アトピー性皮膚炎食物アレルギー】 気管支喘息の病態 小児内科 35(4):597-601(2003.4)

篠原真、小林徹、井上佳也、田代雅彦、小林富男
経口PGI2が著効したが 肺動静脈瘻 脊髄部動静脈瘻を合併した原発性肺高血圧症の1例 心臓 35(5):348-353(2003.5)

望月博之、森川昭廣
呼吸器疾患としての小児アレルギー性疾患 日本小児科学会雑誌 107(5):748-756(2003.5)

金子浩章
【研修医のための小児薬物療法 基本と実際】 小児薬物療法の実際 鎮吐薬 止痢・整腸薬 下剤 小児科診療 66(5):803-808(2003.5)

加藤政彦
群馬県における成人麻疹・小児麻疹の実態 麻疹の流行をなくすために ハイリスクグループにおける予防接種 群馬医学 77:67-74(2003.5)

西間三馨、古庄巻史、森川昭廣、望月博之、赤坂徹、杉本日出雄、池部敏市、西牟田敏之、関根邦夫、山田政功、小田嶋博、本村知華子、大和谷厚
日本小児アレルギー学会ガイドライン委員会EBM作成班 ロイコトリエン受容体拮抗薬(プランルカスト)のExercise−Induced Bronchospasm(EIB)に対する抑制効果の多施設二重盲検交叉比較試験による検討 日本小児アレルギー学会誌 17(2):210-216(2003.6)

鬼形和道
【肥満と2型糖尿病】 肥満と2型糖尿病の病態理解のために 肥満をひきおこすヒト マウスの単一遺伝子病 小児科診療 66(6):995-1001(2003.6)

西間三馨、古庄巻史、向山徳子、山口公一、徳山研一、栗原和幸、松山剛、舘野昭彦、宇理須厚雄、近藤康人、藤沢隆夫、井口光正、土居悟、小田嶋博、西尾健、山田政功、吉原重美、馬場實、
日本小児アレルギー学会ガイドライン委員会EBM作成班小児気管支喘息におけるツロブテロール貼付薬の気道過敏性に及ぼす影響 多施設二重盲検群間比較試験 日本小児アレルギー学会誌 17(2):204-209(2003.6)

加藤政彦
ヒト好酸球活性化の細胞内シグナル伝達機構の解明とその制御 日本小児アレルギー学会誌 17(2):163-172(2003.6)

加藤政彦
PAFによる好酸球活性化機構 臨床免疫 39(6):727-732(2003.6)

望月博之、森川昭廣
小児喘息治療に用いられる吸入薬 Topics in Atopy2(1):28-32 (2003.6)

戸所誠、徳山研一、望月博之、森川昭廣
【酸化ストレスと肺】 気管支喘息における活性酸素・フリーラジカルの役割 ICUとCCU 27(7):669-675(2003.7)

望月博之、森川昭廣
難治性咳嗽の臨床と治療法 小児を中心に Asthma Frontier 2(1):66-75(2003.7)

望月博之、森川昭廣
【小児外来の検査の要領と診断への活かし方】 生理検査 呼吸器機能検査 小児科臨床 56(増刊):1373-1380(2003.7)

鬼形和道
【甲状腺疾患研究の最前線 基礎研究から治療への応用】 甲状腺刺激ホルモン受容体異常症 gain of function loss of function 最新医学 58(7):1657-1663(2003.7)

鬼形和道
【肥満症】 臨床編 小児 学童における肥満 合併症 日本臨床 61(増刊6)肥満症:869-874(2003.7)

望月博之
【上下気道の炎症性疾患】 小児の慢性咳嗽と気道炎症 小児耳鼻咽喉科 24(1):20-24(2003.7)

望月博之
気管支喘息の病態と治療の実際 高崎医学 53(:50-56(2003.7)

宮沢麗子、友政剛
【嘔吐 下痢 脱水 症例から学ぶ】 幼児期以降の嘔吐 胃食道逆流症 小児内科 35(7):1136-1142(2003.7)

望月博之、森川昭廣
【アレルギーをめぐる最近の話題】 小児気管支喘息の炎症性疾患としての側面 小児科 44(8):1197-1204(2003.7)

懸川聡子、大木康史、吉田恭子、小池秀樹、渡辺美緒、田端雅彦、桑島信、竹内東光、名古靖、森川昭廣
極低出生体重児における新生児重症度スコアの有用性に関する検討 日本小児科学会雑誌 107(7):1020-1026(2003.7)

森川昭廣
【抗喘息薬の基礎と臨床(小児)】 −特集に寄せて− アレルギーの臨床 23(7):504(2003.7)

望月博之、森川昭廣
【抗喘息薬の基礎と臨床(小児)】 去痰薬と小児の喘息 アレルギーの臨床 23(7):535-539(2003.7)

望月博之、森川昭廣
【気管支喘息の疫学】 喘息の時代変化 喘息の有症率 小児喘息 喘息 16(3):21-26(2003.7)

望月博之、森川昭廣
小児のアスピリン喘息の3症例 アレルギーの臨床 23(8):639-642(2003.7)

徳山研一
小児気管支喘息のリモデリングとアーリーインターベンション Airway remodeling and it's early intervention in childhood astyma−特集に寄せて− アレルギーの臨床23:(10):758 (2003.8)

徳山研一
【アレルギー性の気道炎症と細胞】 粘液分泌細胞 アレルギー・免疫 10(8):976-981(2003.8)

大木康史、黛博雄、針谷晃、田端雅彦、桑島信、竹内東光、塩島健、名古靖、森川昭廣
新生児重症度スコアを用いた新生児集中治療室の評価 小児科診療 66(8):1409-1413(2003.8)

荒川浩一、森川昭廣
【小児科医に役立つ外科疾患の臨床】 症状・臓器からみた外科疾患との鑑別 呼吸器横隔膜疾患 小児科診療 66(9):1501-1506(2003.9)

鈴木尊裕、井上佳也、岡田恭典、小野真康、金子浩章、小林敏宏、森川昭廣
【循環器疾患】 冠静脈奇形を合併した右房性三心房心 小児科臨床 56(8):1659-1662(2003.8)

森川昭廣、眞弓光文、西牟田敏之、向山徳子、井上寿茂
小児気管支喘息治療管理ガイドライン2002をどう読むか 第6章 乳児喘息 日本小児アレルギー学会誌 17(3):303-307(2003.8)

荒川浩一
【小児気管支喘息のリモデリングとアーリーインターベンション】 気道リモデリングの発症増悪因子 
遺伝と環境 アレルギーの臨床 23(10):764-769(2003.8)

森川昭廣
【気管支喘息】 喘息治療のガイドラインとその活用法 小児喘息のガイドライン Medical Practice 20(10):1775-1782(2003.10)

金子浩章、友政剛
Crohn病に対する抗TNF−α抗体(infliximab)の現況 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 17(1):29-30(2003.9)

森川昭廣
小児気管支喘息 最近のトピックス 日本小児科医会会報26:45-50 (2003.10)

望月博之、森川昭廣
喘息の発症とアレルギー性鼻炎 小児科 44(11):1810-1817(2003.10)

望月博之、滝沢琢己、荒川浩一、加藤政彦、徳山研一、森川昭廣、牛久英雄
アトピー性皮膚炎に対する小学校でのシャワー浴の有用性 日本小児科学会雑誌 107(10):1342-1346(2003.10)

大木康史、懸川聡子、塩島健、名古靖、森川昭廣、針谷晃、桑島信、竹内東光
新生児重症度スコアを用いた新生児集中治療の評価 周産期学シンポジウム 21:97-103(2003.10)

滝沢琢己、徳山研一
【ステロイド療法の有用性と留意点】 吸入ステロイド療法の小児における留意点 アレルギー・免疫 10(11):1441-1449(2003.10)

富所隆三
群馬県における小児救急医療と問題 小児外科35(10):1177-1182 (2003.10)

吉田恭子、大木康史、懸川聡子、渡辺美緒、小池秀樹、田端雅彦、桑島信、竹内東光
サイトメガロウイルス肝炎が疑われCMV高力価免疫グロブリンにて加療した超低出生体重児の1例 小児科診療 66(10):1779-1783(2003.10)

鈴木雅登、徳山研一
【気管支喘息 QOLの確保へ向けての管理とケア】 知っておきたい知識 気管支喘息の診断に必要な検査法 呼吸機能評価 小児看護 26(11):1493-1498(2003.11)

名古靖、塩島健、大木康史、友政剛、森川昭廣
一過性新生児重症筋無力症発症の予測 日本小児科学会雑誌 107(11):1521-1526(2003.11)

石毛崇、金子浩章、友政剛、森川昭廣、田村敦
目で見る小児科 尋常性天疱瘡の口腔内粘膜・食道病変 小児科 44(13):2021-2022(2003.12)

鬼形和道、湯原幸弘、森川昭廣
有機酸脂肪酸酸化酵素異常症 3−ヒドロキシ−3−メチルグルタリルCoAリアーゼ欠損症の1例 特殊ミルク情報(先天性代謝異常症の治療)39:53-57(2003.11)

鬼形和道、服部重人、山田思郎、小和瀬貴律、高野洋子、森川昭廣、西山宗六
【小児内分泌学の進歩2003】 高TSH血症におけるTSH受容体遺伝子解析 日本人におけるR450H変異の意義 ホルモンと臨床 51(11):999-1003(2003.11)

金子浩章
【症状からみた鑑別診断と臨床検査】 反復性の腹痛 小児科診療 66(11):2023-2029(2003.11)

森川昭廣、河野陽一、永倉俊和、吉原重美
β2刺激薬の臨床的位置づけ〜小児科領域〜 アレルギー・免疫10(11):1486-1490 (2003.11)

望月博之、森川昭廣
小児の気管支喘息最近の考え方 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 14(2):133-144(2003.12)

本間亜矢子、望月博之、滝沢琢巳、荒川浩一、徳山研一、森川昭廣、高橋篤、山中逸人、田中玄文、桑野博行
目で見る小児呼吸器疾患 核医学的検査が有用であった小児の肺動静脈瘻の一症例 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 14(2):129-132(2003.12)

森川昭廣
【EBMに基づく鼻アレルギー診療ガイドラインの活用と問題点を探る】 他科からみた「鼻アレルギー診療ガイドライン」 小児科の立場から Progress in Medicine 23(12):3265-3268(2003.12)

望月博之、森川昭廣
乳児喘息の急性発作の対応 アレルギー科 16(6):584-590(2003.12)

小山晴美、徳山研一
【いわゆる不定愁訴への対応 鑑別すべき疾患と対応】 胸が痛い 小児内科 35(12):(1990)-1995(2003.12)

荒川浩一
【花粉症】 花粉症は遺伝するか からだの科学 235):32-36(2004.3)

荒川浩一
小児の慢性咳嗽への対応 アレルギー科 16(6):598-604(2003.12)

荒川浩一
乳幼児気管支喘息と気道アレルギー 気道閉塞と血管透過性の役割 小児科 44(13):2097-2102(2003.12)

井上佳也、森川昭廣、紀太博仁
Ⅶ.特記事項 Allergic fungal sinusitis(AFS) 小児科シリーズⅢ 小児のアレルギ性鼻炎:198-207(2003.12)

Kimura H、 Kato M、 Ikeda M、 Nagai A、 Okada Y、 Naito S、 Oshima S、 Taniguchi K、 Kozawa K、 Morikawa A
Sulfonated human immunoglobulin enhances CD16-linked CD11b expression on human neutrophils. Cell Biol Int. 27(11):913-9. (2003)

Kimura H、Saitoh M、Miyakubo H、Yoshida H、Kato M、Nagai A、Kozawa K
Keratoconjunctivitis caused by echovirus type 13 in Japanese children. Pediatr Infect Dis J 22:758-759 (2003)

Maruyama K、Shiojima T、Koizumi T
Sonographic detection of a malpositioned feeding tube causing esophageal perforation in a neonate. J Clin Ultrasound 31:108-10 (2003)

Miyazawa R、Arakawa H、Tabata M、Tomomasa T、Okamoto M、Yoshizawa Y、Suzuki T、Ohki Y、Nishimura H、Kuwashima M、Takeuchi H、Morikawa A
Characterization of the Japanese scoring system for bronchial asthma in children. Kitakanto Med J 53(2):179-184 (2003)

Morita Y、Kimura H、Nagata M、Tsuchiya H、Kato M、Kozawa K、Maruyama S
Cutaneous infection in a cat caused by Mycobacterium avium complex serovar 6. Vet Rec 152:120 (2003)

Mochizuki M、Amemiya S、Kobayashi K、Kobayasi K、Shimura Y、Ishihara T、Nakagomi Y、Onigata K、Tamai S、Kasuga A、Nanazawa S
Association of the CTLA-4 gene 49 A/G polymorphism with type 1 diabetes and autoimmune thyroid disease in Japanese children. Diabetes Care 26:843-847 (2003)

Nako Y、Tachibana A、Fujiu T、Tomomasa T、Morikawa A
Neonatal thrombocytosis resulting from the maternal use of non-narcotic anti-schizophrenic drugs during pregnancy. Review Series,Psychiatry 1:7-9 (2003)

Nishida T、Kimura H、Saitoh M、Shinohara M、Kato M、Fukuda S、Munemura T、Mikami T、Kawamoto A、Akiyama M、Kato Y、Nishi K、Kozawa K、Nishio O
Detection、quantitation、and phylogenetic analysis of noroviruses in Japanese oysters. Appl Environ Microbiol. 69(10):5782-6. (2003)

Takizawa T、Ochiai W、Nakashima K、Taga T
Enhanced gene activation by Notch and BMP signaling cross-talk. Nucleic Acids Res 31(19):5723-31 (2003)

Kobayashi T、 Kobayashi T、 Shinohara M、 Tomomasa T、 Morikawa A
Percutaneous hydrodynamic thrombectomy for femoral arterial thrombosis after arterial catheterization. Pediatr Cardiol. 24(4):409-11. (2003)

Miyazawa R、 Ikeuchi Y、 Tomomasa T、 Ushiku H、 Ogawa T、 Morikawa A
Determinants of prognosis of acute transverse myelitis in children. Pediatr Int. 45(5):512-6. Review. (2003)

Shimada A、 Maruyama K、 Shitara T、 Kato M、 Cho K、 Kobayashi T、 Fujiu T、 Tsuchida Y、 Nishida A、 Hayashi Y、 Minakami H、 Kozawa K、 Kimura H
Proinflammatory cytokinemia associated with transient myeloproliferative disorder in Down syndrome. Biol Neonate. 2004:85(3):167-72. (2003)

Tomomasa T、 Kobayashi A、 Kaneko H、 Mika S、 Maisawa S、 Chino Y、 Syou H、 Yoden A、 Fujino J、 Tanikawa M、 Yamashita T、 Kimura S、 Kanoh M、 Sawada K、 Morikawa A
Granulocyte adsorptive apheresis for pediatric patients with ulcerative colitis. Dig Dis Sci. 48(4):750-4. (2003)

Tamura K、 Suzuki M、 Arakawa H、 Tokuyama K、 Morikawa A
Linkage and association studies of STAT6 gene polymorphisms and allergic diseases. Int Arch Allergy Immunol. 131(1):33-8. (2003)

Kato M、 Minakami H、 Kuroiwa M、 Kobayashi Y、 Oshima S、 Kozawa K、 Morikawa A、 Kimura H
Superoxide radical generation and Mn- and Cu-Zn superoxide dismutases activities in human leukemic cells. Hematol Oncol. 21(1):11-6. (2003)

Suzuki M、 Kato M、 Kimura H、 Fujiu T、 Morikawa A
Inhibition of human eosinophil activation by a cysteinyl leukotriene receptor antagonist (pranlukast: ONO-1078). J Asthma. 40(4):395-404.(2003)

Todokoro M、 Mochizuki H、 Tokuyama K、 Morikawa A
Childhood cough variant asthma and its relationship to classic asthma. Ann Allergy Asthma Immunol. 90(6):652-9. (2003)

Takizawa T、 Kato M、 Suzuki M、 Tachibana A、 Motegi Y、 Fujiu T、 Kimura H、 Arakawa H、 Mochizuki H、 Tokuyama K、 Morikawa A
Distinct isoforms of protein kinase C are involved in human eosinophil functions induced by platelet-activating factor. Int Arch Allergy Immunol. 131 Suppl 15-9. (2003)

Suzuki M、 Kato M、 Hanaka H、 Izumi T、 Morikawa A
Actin assembly is a crucial factor for superoxide anion generation from adherent human eosinophils. J Allergy Clin Immunol. 112(1):126-33. (2003)

Kobayashi Y、 Arakawa H、 Suzuki M、 Takizawa T、 Tokuyama K、 Morikawa A
Polymorphisms of interleukin-4--related genes in Japanese children with minimal change nephrotic syndrome. Am J Kidney Dis. 42(2):271-6. (2003)

Watanabe M、 Ono S、 Tomomasa T、 Okada Y、 Kobayashi T、 Suzuki T、 Morikawa A
Measurement of tricuspid annular diastolic velocities by Doppler tissue imaging to assess right ventricular function in patients with congenital heart disease. Pediatr Cardiol. 24(5):463-7. (2003)

Okada Y、 Shinohara M、 Kobayashi T、 Inoue Y、 Tomomasa T、 Kobayashi T、 Morikawa A
Gunma Kawasaki Disease Study Group. Effect of corticosteroids in addition to intravenous gamma globulin therapy on serum cytokine levels in the acute phase of Kawasaki disease in children. J Pediatr. 143(3):363-7. (2003)

Shiojima T、 Ohki Y、 Nako Y、 Morikawa A、 Okubo T、 Iyobe S
Immediate control of a methicillin-resistant Staphylococcus aureus outbreak in a neonatal intensive care unit. J Infect Chemother. 9(3):243-7. (2003)

Morikawa A
Greetin from the President. International Journal Pediatric Otorhinolaryngology67:1267 (2003)

Mochizuki H、Morikawa A
Airway inflammation in children with a chronic cough. International Journal Pediatric Otorhinolaryngology67:1267-1268 (2003)


 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.