このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


2015
2014
2013
2012
2011
2010
|2009|
 アレルギー
 内分泌
 血液
 循環器
 消化器
 新生児
 神経
 腎臓
20082007
20062005
20042003
2002|2001|

研究業績 | 2001

望月博之、森川昭廣
思春期の医学 アレルギー疾患 総合思春期学 東京:診断と治療社156-163 (2001)

荒川浩一、森川昭廣
単球・マクロファージ「アレルギーナビゲーター」 森田寛、永倉俊和、宮地良樹、岡本美孝編集 メディカルレビュー社:196-197 (2001)

荒川浩一
子どもの頸部のはれ 「続・主治医のアドバイス」 群馬健康医学振興会編 上毛新聞社:82 (2001)

荒川浩一、森川昭廣
GPのための気管支喘息講座・気管支喘息の薬物療法(小児) メディカル朝日6:31-34 (2001)

荒川浩一
川崎病の病態におけるサイトカインとそのシグナル伝達の関与の解析 平成11年度、平成12年度科学研究費補助金(基盤研究(c) (2)) 研究成果報告書 (2001)

荒川浩一
アトピー遺伝子の検討、アレルギー疾患に係わる胎内、胎外因子に関する研究 平成12年度厚生省科学研究 厚生省2001 (2001)

金子浩章
子どもの下痢 「続・主治医のアドバイス」 上毛新聞社、前橋:108(2001.4)

加藤政彦、藤生徹、橘淳、鈴木雅登、徳山研一、森川昭廣
G蛋白質を介したひと好酸球活性化 呼吸20(2):41-42 (2001)

加藤政彦、藤生徹、森川昭廣
当科における定期予防接種の実施状況副反応に関する研究(第4報)予防接種の効果的実施と副反応に関する研究 研究報告書 厚生省予防接種副反応研究班予防接種リサーチセンター、東京:321 (2001)

田賀哲也、滝沢琢己、中島欽一
ニューロン分化に関与する遺伝子 生体の科学52(3):235-239 (2001)

滝沢琢己、中島欽一、田賀哲也
神経幹細胞 現代医療33(8):1985-1991 (2001)

滝沢琢己、中島欽一、田賀哲也
BMP2のニューロン分化抑制の分子基盤 実験医学19(10):1236-1239 (2001)

滝沢琢己、中島欽一、田賀哲也
ニューロン・グリア分化 分子細胞治療2:36-44 (2001)

竹中洋、相原雄幸、徳山研一
座談会 小児のアレルギー性鼻炎−病態の特徴と診療上の問題点について−鼻アレルギーフロンティア1(3):10-20 (2001)

徳山研一
アレルギーナビゲーター 「好中球」 森田寛、永倉俊和、宮地良樹、岡本美孝編 メディカルレビュー社、東京:198-199 (2001)

徳山研一
小児のインフルエンザの解熱剤にはアセトアミノフェンを! Medical Practice11:1907 (2001)

徳山研一 乳幼児気管支喘息と成人気管支喘息の発作時の化学伝達物質の違い 「乳幼児・小児の気管支ぜん息の保健指導に関する研究報告書」 公害健康被害補償予防協会委託業務報告書2000年度:144-148(2001)

徳山研一
サイトカインと胎内因子−幼若モルモットの気道リモデリングの特徴について 免疫アレルギー等研究事業報告書:431-433(2001)

友政剛
子どものヘルニアなど 「続・主治医のアドバイス」 上毛新聞社、前橋:113(2001.4)

西郡秀和、武田純、山田思郎、針谷晃、鬼形和道、高木剛、小浜智子
HNF−1α,HNF−1β遺伝子異常型糖尿病と遺伝カウンセリング 妊娠と糖尿病1:30-34 (2001)

望月博之
知って得する吸入療法のコツ イソプロテレノール持続吸入 メディカルレビュー社:70-74 (2001)

中嶋欽一、滝沢琢己、田賀哲也
転写因子STATとSmadのクロストーク 免疫37:88-97 (2001.1)

名古靖、森川昭廣
【卒前・卒後教育】 卒後教育 国立大学医学部附属病院における卒後教育の現状と展望 小児科診療 65(1):71-77(2001.1)

丸山健一、塩島健、小池秀樹、重田誠、高橋篤、畠山信逸
【アレルギー・膠原病】 腹部症状が先行した血管性紫斑病の3症例 小児科臨床54(1):63-68(2001.1)

鬼形和道
【小児疾患と骨代謝異常】 未熟児と骨代謝異常 小児内科 33(2):201-205(2001.2)

望月博之、重田誠、森川昭廣、井上登美夫、遠藤啓吾
【小児胸郭内腫瘍性疾患の画像診断】 胸郭内腫瘤における核医学検査の適応と選択 日本小児放射線学会雑誌 17(1):34-41(2001.3)

望月博之 喀痰分泌のメカニズムとコントロール 小児における喀痰分泌のメカニズム Progress in Medicine 21(3):648-650(2001.3)

志村幸恵、友政剛
子どもの吐血と下血 「続・主治医のアドバイス」 上毛新聞社、前橋:112 (2001.4)

鈴木僚子、友政剛
子どもの黄疸 「続・主治医のアドバイス」 上毛新聞社、前橋104 (2001.4)

田端雅彦
おなかが痛い 「続・主治医のアドバイス」 上毛新聞社、前橋:101 (2001.4)

中嶋欽一、柳澤亮、滝沢琢己、田賀哲也
サイトカインによる細胞系譜制御機構 臨床免疫36(4):574-583 (2001.4)

宮沢麗子、友政剛
子どものはきけと嘔吐 「続・主治医のアドバイス」 上毛新聞社:99(2001.4)

加藤政彦、森川昭廣
気道過敏性の病態としての気道炎症 ウイルス感染と好酸球の関与 日本小児アレルギー学会誌 15(1):26-28(2001.4)

望月博之、森川昭廣
気道過敏性の病態としての気道炎症 実験的炎症による気道上皮障害と気道過敏性との関連 日本小児アレルギー学会誌 15(1):14-20(2001.4)

森川昭廣
小児気管支喘息 私の考え方 日本小児アレルギー学会誌 15(1):1-8(2001.4)

鬼形和道
【小児の症候群】 内分泌 Refetoff症候群(甲状腺ホルモン不応症) 小児科診療 64(増刊):257(2001.4)

服部重人、鬼形和道
【小児の症候群】 内分泌 POMC変異症候群 小児科診療 64(増刊):256(2001.4)

望月博之
【私の処方2001 小児薬物治療の実際】 呼吸器疾患の処方 気管支炎 小児科臨床 54(4):515-518(2001.4)

宮沢麗子、友政剛
【新生児医療の意味と実際】 新生児消化機能の意味と実際 周産期医学 31(4):485-488(2001.4)

鈴木僚子、友政剛、土田嘉昭
【肝移植 現段階の問題点と今後の展望】 劇症肝炎における肝移植 小児外科 33(4):428-433(2001.4)

友政剛
【小児の症候群】 消化管 irritable bowel症候群(過敏性腸症候群) 小児科診療 64(増刊):221(2001.4)

溝口史剛、外松学、金沢崇、小川千登世、森川昭廣
同種骨髄移植後に門脈血栓症を発症したBurkittリンパ腫の1例 日本小児血液学会雑誌 15(2):119-123(2001.4)

望月博之、森川昭廣
小児の気道過敏性測定法について アレルギーの臨床 21(4):333-337(2001.4)

森川昭廣、佐藤吉壮
【症候から診断へ】 成長・発達・加齢に伴う注意すべき徴候 小児の熱性発疹症 日本医師会雑誌 125(8付録:カラーアトラス14-15(2001.4)

森川昭廣、佐藤吉壮
【症候から診断へ】 成長・発達・加齢に伴う注意すべき徴候 小児 発疹 日本医師会雑誌 125(8):134-135(2001.4)

嵯峨礼子、森川昭廣
【私の処方2001 小児薬物治療の実際】 免疫・アレルギー疾患の処方 アレルギー性鼻炎・結膜炎 小児科臨床 54(4):647-651(2001.4)

望月博之、森川昭廣
【咳嗽の発症メカニズム】 小児にみられる慢性咳嗽の病態 アレルギー科 11(4):318-325(2001.4)

望月博之、森川昭廣
小児の症候群 膠原病 Wegener肉芽腫症 小児科診療 64(増刊):382(2001.4)

友政剛
小児疾患の診断と治療 便秘 臨床医薬 17(5):699-704(2001.5)

金澤崇、外松学、塚田昌大、小川千登世、森川昭廣
骨髄移植後再発に対して移植片対白血病効果が有効であった若年型骨髄単球性白血病 日本小児血液学会雑誌 15(3):206-209(2001.6)

金澤崇、溝口史剛、外松学、小川千登世、金子浩章、友政剛、森川昭廣
頑固な腹痛と痙攣が皮疹に先行した骨髄移植後水痘帯状疱疹ウイルス再活性化の1例 日本小児血液学会雑誌 15(3):202-205(2001.6)

大木康史、吉澤幸弘、岡本美穂、宮沢麗子、鈴木僚子、田端雅彦、桑島信、竹内東光、丸山憲一、小泉武宣、名古靖、森川昭廣
細径の経皮的中心静脈カテーテルによる機械的合併症の検討 日本未熟児新生児学会雑誌 13(2):169-175(2001.6)

針谷晃、鬼形和道
【成長障害】 レプチンと胎児・乳児発育 小児科診療 64(6):848-852(2001.6)

鬼形和道
【成長障害】 甲状腺ホルモンと成長障害 小児科診療 64(6):853-858(2001.6)

宮沢麗子、大木康史、吉澤幸弘、岡本美穂、鈴木僚子、田端雅彦、桑島信、竹内東光
極低出生体重児にみられた周産期脳梗塞から孔脳症への経時的変化 日本未熟児新生児学会雑誌 13(2):185-190(2001.6)

徳山研一
【気管支喘息に関する新しい潮流】 小児喘息のアウトグローについて アレルギー科 12(1):36-41(2001.7)

西村秀子、徳山研一
【慢性咳嗽】 咳の動物モデル 喘息 14(3):37-42(2001.7)

月岡一治、宮澤正治、田辺直仁、赤澤宏平、峰岸文江、大久保輝男、武井伸一、西間三馨、森川昭廣、勝呂宏、川崎一輝
日本人健常者(6−18歳)のピークフロー標準値 日本小児アレルギー学会誌 15(3):297-310(2001.8)

宮沢麗子、田端雅彦、岡本美穂、吉澤幸弘、鈴木僚子、大木康史、桑島信、竹内東光、西村秀子、荒川浩一、森川昭廣
小児気管支喘息外来患者における喘息重症度と治療点数との関係 アレルギー 50(8):689-692(2001.8)

篠原真、小林富男、曽根克彦、森川昭廣
【川崎病】 川崎病にステロイド治療は是か非か 小児科診療 64(8):1169-1174(2001.8)

池田均、鈴木則夫、黒岩実、土田嘉昭、小林富男、重田誠、高橋篤
遅発型先天性横隔膜ヘルニアに対する鏡視下根治術の経験 日本小児外科学会雑誌37(5):821-826(2001.8)

引間昭夫、湯原幸弘、森川昭廣
発達障害児68例のまとめ ぐんま小児保健59:13-14(2001.8)

山本美佳、井上佳也、金子浩章、森川昭廣
啼泣時のチアノーゼを主訴に来院した原発性肺高血圧症の一乳児例 ぐんま小児保健59:12(2001.8)

前田昇三、森川昭廣
【小児喘息最新管理ガイドライン】 乳幼児喘息の治療 アレルギーの臨床 21(9):692-697(2001.8)

友政剛
潰瘍性大腸炎 トータルケア 小児内科:1234-1238 (2001.9) 

鬼形和道
小児疾患の診断と治療 低身長 臨床医薬 17(9):1287-1295(2001.9)

西村秀子、徳山研一
【小児アレルギー疾患の診断と治療】 小児気管支喘息における呼吸機能評価 小児科診療 64(9):1301-1307(2001.9)

友政剛
【小児の栄養・消化器疾患 これからのトータルケア】 潰瘍性大腸炎 小児内科 33(9):1234-1238(2001.9)

望月博之、森川昭廣
【気管支喘息 基礎・臨床の進歩と展望】 疫学的事項 喘息は増加しているか? 小児喘息 日本臨床 59(10):1919-1924(2001.10)

森川昭廣
小児疾患の診断と治療 気管支喘息 臨床医薬 17(10):1391-1398(2001.10)

森川昭廣
小児医学・医療を考える 小児疾患に取り組む 小児の気管支喘息 クリニシアン 48(10):967-972(2001.10)

高橋篤、友政剛、鈴木則夫、桑野博行
【先天性内因性腸閉塞症の診断・治療 今日的視点から】 空腸閉鎖症における腸管縫縮術の有用性 小児外科 33(10):1102-1105(2001.10)

清水俊男、森川昭廣
【喫煙と喘息】 喫煙と小児喘息 アレルギーの臨床 21(12):959-963(2001.11)

宮沢麗子、田端雅彦、岡本美穂、吉澤幸弘、鈴木僚子、大木康史、桑島信、竹内東光
病態の評価にSPECTが有用であったCNSループスの1例 小児科 42(12):1859-1860(2001.11)

望月博之
【小児疾患の診断治療基準】 呼吸器疾患 クループ 小児内科 33(増刊):444-445(2001.11)

宮沢麗子、友政剛
【小児疾患の診断治療基準】 消化器疾患 潰瘍性大腸炎 小児内科 33(増刊):388-389(2001.11)

友政剛、宮沢麗子
【小児疾患の診断治療基準】 消化器疾患 クローン病 小児内科 33(増刊):390-391(2001.11)

鈴木僚子、金子浩章、田端雅彦、友政剛、森川昭廣
潰瘍性大腸炎と大動脈炎症候群を合併した1小児例と本邦小児例の文献的考察 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 15(2):88-93(2001.12)

大須賀稔樹、加藤政彦、井上佳也、岡田恭典、西村秀子、嵯峨礼子、荒川浩一、望月博之、徳山研一、森川昭廣、長谷川昭下
大静脈血栓症を併発したEpstein−Barr virus−related hemophagocytic lymphohistiocytosisの1女児例 小児科 42(13):2101-2106(2001.12)

塚田昌大、小川千登世、金澤崇、外松学、森川昭廣
免疫寛容導入にインヒビター発生時と異なる種類の第VIII因子製剤を用いてインヒビター低下消失をみた2症例 日本小児血液学会雑誌 15(6):479-482(2001.12)

下山伸哉、井上佳也、岡田恭典、小林徹、金子浩章、小林富男、鬼形和道、竹内東光、森川昭廣
家族性原発性肺高血圧症における表現促進現象 本邦報告例の集計と臨床的特徴 心臓 33(12):911-917(2001.12)

高橋篤、友政剛、金子浩章、持木彫人、森川昭廣、桑野博行
【小児消化管機能をめぐる進歩と問題点】 ストレインゲージ・フォーストランスデューサーと小腸運動機能 小児外科 33(12):1322-1325(2001.12)

宮本純子、佐藤直子、鬼形和道、西美和、立花克彦、木下英一、長谷川行洋
内分泌 興味ある症例 間脳・下垂体 MRIにおいて下垂体茎の異常を認める下垂体機能低下症における成長ホルモン及びACTH分泌能低下の進行ホルモンと臨床 49(臨時増刊):9-13(2001.12)

Kaneko H、 Tomomasa T、 Inoue Y、 Kunimoto F、 Fukusato T、 Muraoka S、 Gonmori K、 Matsumoto T、 Morikawa A
Amatoxin poisoning from ingestion of Japanese Galerina mushrooms. J Toxicol Clin Toxicol. 39(4):413-6. (2001)

Kato M、 Kephart GM、 Morikawa A、 Gleich GJ
Eosinophil infiltration and degranulation in normal human tissues: evidence for eosinophil degranulation in normal gastrointestinal tract. Int Arch Allergy Immunol. 125 Suppl 55-8. Review. (2001)

Kimura H、 Shibata Y、 Minakami H、 Hashizume S、 Oba H、 Sakaguchi M、 Otsuki K、 Kozawa K、Kato M
Release of IL-4 and IL-5 from human peripheral blood mononuclear cells co-cultured with Japanese cedar pollen antigen in vitro. Cell Biol Int. 25(8):841-4. (2001)

Imashuku S、Kuriyama K、Teramura T、Ishi E、Kinugawa N、Kato M、Sako M、Hibi S
Requirement of etoposide in the treatment of Epstein-Barr virus-associated Hemophagocytic lymphohistiocytosis. J Clin Oncol 19:2665-2673 (2001)

Koyama H、Harigaya A、Nako Y、Kohama Y、Morikawa A
Risk of neonatal complications in gestational diabetes. Kitakanto Med J 52(2):107-111 (2001)

Miyamoto J、Hasegawa Y、Ohnami N、Onigata K、Kinoshita E、Nishi Y、Tachibana K、Hasegawa T
Development of growth hormone and adrenocorticotropic hormone deficiencies in patients with prenatal or perinatla-onset hypothalamic hypopituitarism having invisinble or thin pituitiary stalk on magnetic resonance imaging. Endocr J 48:355-62 (2001)

Ogata T、Onigata K、Hotsubo T、Matsuo N、Rappold G.
Growth hormone and gonadotropin-releasing hormone analog therapy in haploinsufficiency of SHOX. Endocr J. 48:317-22 (2001)

Ochiai W、Ynagisawa M、Takizawa T、Nakashima K、Taga T
Astrocyte differentiation of fetal neuroepithelial cells involving cardiotrophin-1-induced activation of STAT3. Cytokine. 14:264-271 (2001)

Saga R、Mochizuki H、Tokuyama K、Morikawa A
Relationship between bronchial hyperresponsiveness and development of asthma in wheezy infants. Chest 119(3):685-690 (2001)

Takizawa T、Yanagisawa M、Ochiai W、Yasukawa K、Ishiguro T、Nakashima K、Taga T
Directly linked soluble IL-6 receptor-IL-6 fusion protein induces astrocyte differentiation from neuroepithelial cells via activation of STAT3. Cytokine. 13(5):272-279 (2001)

Takizawa T、Nakashima K、Namihira M、Ochiai W、Uemura A、Yanagisawa M、Fujita N、Nakao M、Taga T
DNA methylation is a critical cell-intrinsic determinant of astrocyte differentiation in the fetal brain. Developmental Cell 1:749-758 (2001)

Yanagisawa M、Takizawa T、Ochiai W、Uemura A、Nakashima K、Taga T
Fate alteration of neuroepithelial cells from neurogenesis to astrocytogenesis by bone morphogenetic proteins. Neurosci. Res 41:391-396 (2001)

Yanagisawa M、Nakashima K、Takeda K、Ochiai W、Takizawa T、Ueno M、Takizawa M、Shibuya H、Taga T
Inhibition of BMP2-induced,TAK1 kinase-mediated neurite outgrowth by Smad6 and Smad7. Genes Cells 6:1091-1100 (2001)

Yanagisawa M、Nakashima K、Takizawa T、Ochiai W、Arakawa H、Taga T
Signaling crosstalk underlying synergistic induction of astrocyte differenciation by BMPs and IL-6 family of cytokines. FEBS Lett 489:139-143 (2001)

Matsuura N、Yokota Y、Kazahari K、Sasaki N、Amemiya S、Ito Y、Fukushima N、Koike A、Igarashi Y、Hirano T、Sugihara S、Miki Y、Urakami T、Uchigata Y、Kanematsu S、Ohki Y、Takesue M、Hasegawa Y、Miyamoto S、Fujimoto M、Fujitsuka S,Mori T、Ogawa H、Uchiyama M、Onigata K、Tachibana K、Kikuchi N、Taketani T、Kohno H、Kasahara Y、Isshiki G、Tokuda M、Takahashi T、Kanzaki S、Yokota I、KidaK、Okada T、Nishiyama S、Masuda H、Kinugasa A、Nukada O
The Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and AdolescentDiabetes (JSGIT): initial aims and impact of the family history of type 1diabetes mellitus in Japanese children. Pediatr Diabetes. 2(4):160-169. (2001)

Kasahara M、 Ohwada S、 Takeichi T、 Kaneko H、 Tomomasa T、 Morikawa A、 Yonemura K、 Asonuma K、 Tanaka K、 Kobayashi K、 Saheki T、 Takeyoshi I、 Morishita Y
Living-related liver transplantation for type II citrullinemia using a graft from heterozygote donor. Transplantation. 15:71(1):157-9. (2001)

Ohki Y、 Kato M、 Kimura H、 Nako Y、 Tokuyama K、 Morikawa A
Elevated type IV collagen in bronchoalveolar lavage fluid from infants with bronchopulmonary dysplasia. Biol Neonate. 79(1):34-8. (2001)

Nishigori H、 Tomura H、 Tonooka N、 Kanamori M、 Yamada S、 Sho K、 Inoue I、 Kikuchi N、 Onigata K、 Kojima I、 Kohama T、 Yamagata K、 Yang Q、 Matsuzawa Y、 Miki T、 Seino S、 Kim MY、 Choi HS、 Lee YK、 Moore DD、 Takeda J
Mutations in the small heterodimer partner gene are associated with mild obesity in Japanese subjects. Proc Natl Acad Sci U S A. 16:98(2):575-80.

Nakashima K、Takizawa T、Ochiai W、Yanagisawa M、Hisatsune T、Nakafuku M、Miyazono K、KishimotoT、Kageyama R、Taga T
BMP2-madiated alteration in the developmenta pathway of fetal mouse brain cells from neurogenesis to astrocytogenesis. Proc Natl Acad Sci USA. 2001 98:5868-5873 (2001)

Tamura K、 Arakawa H、 Suzuki M、 Kobayashi Y、 Mochizuki H、 Kato M、 Tokuyama K、 Morikawa A
Novel dinucleotide repeat polymorphism in the first exon of the STAT-6 gene is associated with allergic diseases. Clin Exp Allergy. 31(10):1509-14. (2001)

Miyazawa R、 Hikima A、 Takano Y、 Arakawa H、 Tomomasa T、 Morikawa A
Plasmapheresis in fulminant acute disseminated encephalomyelitis. Brain Dev. 23(6):424-6. (2001)

Takahashi A、 Suzuki N、 Ikeda H、 Kuroiwa M、 Tomomasa T、 Tsuchida Y、 Kuwano H
Results of bowel plication in addition to primary anastomosis in patients with jejunal atresia. J Pediatr Surg. 36(12):1752-6. (2001)

Mochizuki H、 Shigeta M、 Morikawa A
Development of bronchial hyperresponsiveness during childhood. J Asthma. 38(1):1-21. Review. (2001)

Takizawa T、 Arakawa H、 Tokuyama K、 Morikawa A
Identification of allergen fractions of wheat flour responsible for anaphylactic reactions to wheat products in infants and young children. Int Arch Allergy Immunol. 125(1):51-6. (2001)

Tomomasa T、 Kobayashi K、 Kaneko H、 Shimura H、 Fukusato T、 Tabata M、 Inoue Y、 Ohwada S、 Kasahara M、 Morishita Y、 Kimura M、 Saheki T、 Morikawa A
Possible clinical and histologic manifestations of adult-onset type II citrullinemia in early infancy. J Pediatr. 138(5):741-3. (2001)

Kaneko H、 Tomomasa T、 Watanabe T、 Takahashi A、 Tabata M、 Hussein S、 Morikawa A
Effect of vincristine on gastric motility in conscious rats. Dig Dis Sci. 46(5):952-9. (2001)

Nako Y、 Tachibana A、 Fujiu T、 Tomomasa T、 Morikawa A
Neonatal thrombocytosis resulting from the maternal use of non-narcotic antischizophrenic drugs during pregnancy. Arch Dis Child Fetal Neonatal Ed. 84(3):F198-200 (2001)

Nishimura H、 Mochizuki H、 Tokuyama K、 Morikawa A
Relationship between bronchial hyperresponsiveness and development of asthma in children with chronic cough. Pediatr Pulmonol. 31(6):412-8.

Okada Y、 Kato M、 Minakami H、 Inoue Y、 Morikawa A、 Otsuki K、 Kimura H
Reduced expression of flice-inhibitory protein (FLIP) and NFkappaB is associated with death receptor-induced cell death in human aortic endothelial cells (HAECs). Cytokine. 21:15(2):66-74.(2001)

Inoue Y、 Kimura H、 Kato M、 Okada Y、 Morikawa A
Sera from patients with Kawasaki disease induce intercellular adhesion molecule-1 but not Fas in human endothelial cells. Int Arch Allergy Immunol. 125(3):250-5. (2001)

Kono M、 Mochizuki H、 Arakawa H、 Kato M、 Tokuyama K、 Morikawa A
Age-dependent relationship between bronchial hyperresponsiveness to methacholine and total serum IgE level in asthmatic children. Ann Allergy Asthma Immunol. 87(1):33-8. (2001)

Nagashima T、 Murakami M、 Onigata K、 Morimura T、 Nagashima K、 Mori M、 Morikawa A
Novel inactivating missense mutations in the thyrotropin receptor gene in Japanese children with resistance to thyrotropin. Thyroid. 11(6):551-9 (2001)

Tomomasa T、Ogawa T、 Hikima A、 Kobayashi Y、 Nakano K、 Fukabori Y、 Morikawa A.
Developmental changes in cyclooxygenase mRNA expression in the kidney of rats. Pediatr Nephrol. 16(8):618-622. (2001)

Nishimura H、 Tokuyama K、 Inoue Y、 Arakawa H、 Kato M、 Mochizuki H、 Morikawa A
Acute effects of prostaglandin D2 to induce airflow obstruction and airway microvascular leakage in guinea pigs: role of thromboxane A2 receptors. Prostaglandins Other Lipid Mediat. 66(1):1-15. (2001)

Koike H、 Motooka M、 Kanda T、 Onigata K、 Murakami M、 Suzuki T、 Kobayashi I
Detection of point mutation for human growth hormone in patients with anti-pituitary antibody positive type 1 diabetes mellitus. J Int Med Res. 29(5):397-408. (2001)

Takahashi A、 Tomomasa T、 Kaneko H、 Watanabe T、 Tabata M、 Morikawa H、 Tsuchida Y、 Kuwano H
Intestinal motility in an in vivo rat model of intestinal ischemia-reperfusion with special reference to the effects of nitric oxide on the motility changes. J Pediatr Gastroenterol Nutr. 33(3):283-8. (2001)

Morikawa A、Maeda S、Shigeta M、Arakawa H、Tamura H、Kato M、Tokuyama K、Kuroume T
Low Molecular Weight Fraction of Dermatophagoides Farinae is Present in Sera of Patients with Bronchial Asthma. The Kitakanto Medical Journal51(4):255-259 (2001)

Okada Y、Ono S、Tomomasa T、Inoue Y、Morikawa A
Balloon angioplasty in a patient with Kabuki Make-up syndrome. Pediatrics International43:694-696 (2001)

Kimura H、Shibata Y、Minakami H、Hashizume S、Oba H、Sakaguchi M、Otsuki K、Kozawa K、Kato M
Release Of IL-4 and IL-5 from Human Peripheral Blood Mononuclear Cells Co-Cultured with Japanese Cedar Pollen Antigen in Vitro. Cell Biology International25(8):841-844 (2001)


 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.