このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


内分泌・糖尿病
腎臓
循環器
神経
血液
児童精神
新生児
消化器
感染・免疫
呼吸器・アレルギー

医療グループ | 消化器グループ

消化器班では、炎症性腸疾患診療・幽門狭窄症に対する内科的治療・慢性便秘・消化管アレルギーの診断など消化管疾患診療と、肝型糖原病、ウイルス性肝炎など肝疾患診療を中心に大学での診療を行っています。炎症性腸疾患は内科からの紹介も引き受け、年間4~5人の新規患者を受け入れています。内視鏡は年間80件程度施行しており、こちらも徐々に件数を増やしています。
小児消化器疾患の多くは、病態解明が十分には進んでいません。当グループでも、今後、各疾患の症例集積、臨床研究を進めていきたいと考えていきます。


診療内容
1. 体重増加不良、肥満
2. 消化器疾患:胃食道逆流症、肥厚性幽門狭窄症、胃十二指腸潰瘍(ヘリコバクター・ピロリ感染など)、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、ベーチェット病、便秘、過敏性腸症候群、難治性下痢症
3. 肝・胆・膵疾患:A, B, C型肝炎(B型肝炎の母児感染予防を含む)、自己免疫性肝炎、脂肪肝、その他各種肝炎、胆汁うっ滞症、劇症肝炎を含む肝不全、肝移植後管理、胆石症、急性・慢性膵炎など
4. 代謝疾患(肝障害がある疾患):ウイルソン病、シトリン欠損症など
5. 在宅栄養管理(在宅経腸栄養療法)

検査実績
24時間食道pHモニタリング検査:年間20〜30例。
上部内視鏡検査:年間約30例、下部内視鏡:検査年間約30例。
上・下部消化管造影:年間30〜50例。
経皮的針肝生検:年間2〜5例。

グループメンバー
 石毛 崇:平成13年卒、助教、日本小児科学会専門医
 羽鳥(宮沢)麗子:平成9年卒、助教(医療人能力開発センター)、医学博士、日本小児科学会専門医
 友政 剛:昭和54年卒、非常勤講師、パルこどもクリニック院長(伊勢崎市)、医学博士、日本小児科学会専門医、
              日本小児科学会代議員、日本小児栄養消化器病学会評議委員・学術委員など
 中澤僚子:平成9年卒、医学博士、日本小児科学会専門医
 龍城真衣子:平成17年卒、日本小児科学会専門医
 関根和彦:平成18年卒
 五十嵐淑子:平成18年卒、日本小児科学会専門医
 櫻井伸晴:平成20年卒、日本小児科学会専門医
 土屋敦子:平成21年卒、日本小児科学会専門医
 武井麻里子:平成22年卒

主な業績
Ishige T, Tomomasa T, Takebayashi T, Asakura K, Watanabe M, Suzuki T, Miyazawa R, Arakawa H. Inflammatory bowel disease in children: epidemiological analysis of the nationwide IBD registry in Japan. J Gastroenterol. 2010.

Ishige T, Kaneko H, Suzuki T, Miyazawa R, Tomomasa T, Kubota M, Morikawa A. Pemphigus vulgaris as a possible cause of protein-losing gastroenteropathy: a case report. J Paediatr Child Health. 2008.

Miyazawa R, Tomomasa T, Kaneko H, Arakawa H, Shimizu N, Morikawa A. Effects of pectin liquid on gastroesophageal reflux disease in children with cerebral palsy. BMC Gastroenterol. 2008.

Miyazawa R, Tomomasa T, Kaneko H, Arakawa H, Morikawa A. Effect of formula thickened with reduced concentration of locust bean gum on gastroesophageal reflux. Acta Paediatr. 2007.

Miyazawa R, Tomomasa T, Kaneko H, Morikawa A. Effect of formula thickened with locust bean gum on gastric emptying in infants. J Paediatr Child Health. 2006.

Miyazawa R, Tomomasa T, Kaneko H, Morikawa A. Effect of locust bean gum in anti-regurgitant milk on the regurgitation in uncomplicated gastroesophageal reflux. J Pediatr Gastroenterol Nutr. 2004.

Miyazawa R, Tomomasa T, Kaneko H, Tachibana A, Ogawa T, Morikawa A. Prevalence of gastro-esophageal reflux-related symptoms in Japanese infants. Pediatr Int. 2002.

Tajiri H, Tomomasa T, Yoden A, Konno M, Sasaki M, Maisawa S, Sumazaki R, Shimizu T, Toyoda S, Etani Y, Nakacho M, Ushijima K, Kobayashi A; Japanese Society for Pediatric Inflammatory Bowel Disease. Efficacy and safety of azathioprine and 6-mercaptopurine in Japanese pediatric patients with ulcerative colitis: a survey of the Japanese Society for Pediatric Inflammatory Bowel Disease. Digestion. 2008.

Tomomasa T, Kobayashi A, Ushijima K, Uchida K, Kagimoto S, Shimizu T, Tajiri H, Tahara T, Yoden A; Working Group of the Japanese Society for Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition. Guidelines for treatment of ulcerative colitis in children. Pediatr Int. 2004.

友政 剛、大浜用克、鈴木則夫ら:小児胃食道逆流症診断治療指針作成ワーキンググループ報告 小児胃食道逆流症診断治療指針の報告.日本小児科学会雑誌 2006年

友政 剛、小林昭夫、牛島高介ら:小児潰瘍性大腸炎治療指針案.日本小児科学会雑誌2004年

鈴木僚子、友政 剛、石毛 崇、宮沢麗子、金子浩章、森川昭廣:潰瘍性大腸炎のステロイド治療における効果判定期間の検討.日本小児科学会雑誌2008

 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.