このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


内分泌・糖尿病
腎臓
循環器
神経
血液
児童精神
新生児
消化器
感染・免疫
呼吸器・アレルギー

医療グループ | 内分泌・糖尿病グループ

臨床面について
群馬大学医学部小児科内分泌グループでは、群馬県内を中心とする関連病院との連携により県内の小児内分泌疾患に関する医療を広くカバーし、過不足なく診療が行えることを心がけています。群馬大学附属病院小児科で常勤医として内分泌疾患の診療に従事している医師は現在2名です。日本内分泌学会の専門医制度のもと,群馬大学附属病院小児科は内分泌代謝研修施設を取得しています.関連病院等に勤務している内分泌代謝グループの医師6名も、毎週あるいは隔週で大学病院の専門外来で小児内分泌疾患の診療に従事しています。診断・治療を進めていく過程で、最終的な判断は担当医師がしておりますが、適宜カンファランスを開き、様々な検討をしています。さて、私たちの外来を受診される多い理由の一つとしての低身長に関してですが、最近は、事前に情報収集をしたうえで「成長ホルモンを注射すれば背が伸びる」と期待して来院される方も少なくありません。しかし実際には、当院での場合、種々の検査の結果、成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断されるのは数%程度という印象です。来院された患者さんの低身長・成長障害の鑑別診断を行っていく過程で、たとえば甲状腺機能低下症やその他の内分泌代謝疾患、肝機能障害、腎機能障害などが見つかる場合もあります。低身長の主訴をきっかけに、成長ホルモン療法を行うべき患者さんを見極める一方で、それ以外に危惧すべき問題はないか、先入観をもたずに、いろいろな観点から幅広く診ていくことが重要だと考えています。すべての疾患に当てはまることですが、できるだけ多くの時間をかけて患者さんの診療にあたるように心がけています。また、県内の活動の一つとして、1型糖尿病をもつお子さんを対象に、毎年、群馬小児糖尿病の会(ひまわり会)が主催する3泊4日のサマーキャンプをサポートしています。群馬県内を中心に患者さんが20〜30名、そのご家族、医療スタッフ、さらに数十名の学生ボランティア(昨年より学内で公式にサークルとして認められました)も加えて、参加者は総勢100名ほどになります。キャンプでは、医師がご家族やお子さんを対象に講義をするなど、再教育や知識の再確認の絶好の機会になっています。外来診療だけではわからないようなこと、たとえば血糖測定やインスリン注射の方法が自己流になっているといった問題点が、数日間一緒に生活することでわかる場合もあります。また開放的な雰囲気のなかで、本人そしてご家族からは、日ごろ外来で聞きづらかったことなどを相談していただけます。成長ホルモン分泌不全性低身長症、下垂体疾患、甲状腺・副甲状腺疾患、副腎疾患、性腺疾患、糖尿病などを含め、内分泌代謝関連疾患の多くは成育医療的な側面が強く、小児科から成人医療への移行をスムーズにすることなどのためにも、他科との連携強化も重要な課題と考えています。

研究面について
私たちのグループでは、以下のテーマに関して研究を行っております。

1)思春期の仕組みの解明
現在、性腺刺激ホルモンの転写活性調節に焦点を当てて、培養細胞を用いた分子生物学的な手法を中心とした研究を行っております。
代表的な文献:Takanori Kowase, Heidi E. Walsh, Douglas S. Darling and Margaret A. Shupnik, Estrogen Enhances Gonadotropin-Releasing Hormone-Stimulated Transcription of the Luteinizing Hormone Subunit Promoters via Altered Expression of Stimulatory and Suppressive Transcription Factors, Endocrinology Vol. 148, No. 12 6083-6091, 2007

2)ライフスキルを応用した肥満症例における肥満改善プログラムの開発(国際医療福祉大学との共同研究)
代表的な文献:西山智春、村田恵子、小和瀬貴律、荒川浩一. 思春期肥満の日常習慣行動、自己健康管理行動とライフスキルとの関連−中学生における肥満群と非肥満群との比較からー. 小児保健研究 68:256−267. 2009

3)各種内分泌疾患における様々な検討や原因遺伝子の解析(先天性甲状腺機能低下症)など
代表的な文献
Urinary laminin P1 as an index of glycemic control in children with insulin-dependent diabetes mellitus. 
Miyake H, Nagashima K, Yagi H, Onigata K. 
Diabetes Res. 1993;23(3):131-8.
Transport of triiodothyronine by erythrocytes from premature and term infants.
Nagashima K, Onigata K, Yagi H, Kuroume T.
Biol Neonate. 1993;64(6):354.
Lipoprotein(a) levels in Japanese children with IDDM.
Nagashima K, Yutani S, Miyake H, Onigata K, Yagi H, Kuroume T.
Diabetes Care. 1993 May;16(5):846.
Relationship between serum levels of methylguanidine and glycemic control in IDDM children.
Nagashima K, Yagi H, Yutani S, Miyake H, Onigata K, Kuroume T.
Diabetes Care. 1993 Aug;16(8):1196-8.
Familial congenital hypopituitarism with central diabetes insipidus.
Yagi H, Nagashima K, Miyake H, Tamai S, Onigata K, Yutani S, Kuroume T.
J Clin Endocrinol Metab. 1994 Apr;78(4):884-9.
A novel point mutation (R243Q) in exon 7 of the c-erbA beta thyroid hormone receptor gene in a family with resistance to thyroid hormone.
Onigata K, Yagi H, Sakurai A, Nagashima T, Nomura Y, Nagashima K, Hashizume K, Morikawa A.
Thyroid. 1995 Oct;5(5):355-8.
A sex reversal infant with XX karyotype and complete male external genitalia.
Nomura Y, Yagi H, Onigata K, Yutani S, Nagashima T, Ogawa R, Nagashima K, Morikawa A.
Acta Paediatr Jpn. 1995 Dec;37(6):706-9.
Identification of mutations in the hepatocyte nuclear factor (HNF)-1 alpha gene in Japanese subjects with IDDM.
Yamada S, Nishigori H, Onda H, Utsugi T, Yanagawa T, Maruyama T, Onigata K, Nagashima K, Nagai R, Morikawa A, Takeuchi T, Takeda J.
Diabetes. 1997 Oct;46(10):1643-7.
Detection of skewed X-inactivation in two female carriers of vasopressin type 2 receptor gene mutation.
Nomura Y, Onigata K, Nagashima T, Yutani S, Mochizuki H, Nagashima K, Morikawa A.
J Clin Endocrinol Metab. 1997 Oct;82(10):3434-7.
A new compound heterozygous mutation (W17X, 436 + 5G --> T) in the cytochrome P450c17 gene causes 17 alpha-hydroxylase/17,20-lyase deficiency.
Suzuki Y, Nagashima T, Nomura Y, Onigata K, Nagashima K, Morikawa A.
J Clin Endocrinol Metab. 1998 Jan;83(1):199-202.
A novel point mutation of thyroid hormone receptor beta gene in a family with resistance to thyroid hormone.
Nagashima T, Yagi H, Nagashima K, Sakurai A, Onigata K, Nomura Y, Morikawa A, Matazow G, Couch RM, Weiss RE, Refetoff S.
Thyroid. 1997 Oct;7(5):771-3.
Allelic variations of the D2 dopamine receptor gene in children with idiopathic short stature.
Miyake H, Nagashima K, Onigata K, Nagashima T, Takano Y, Morikawa A.
J Hum Genet. 1999;44(1):26-9.
Role of serum leptin in the regulation of weight gain in early infancy.
Harigaya A, Onigata K, Nako Y, Nagashima K, Morikawa A.
Biol Neonate. 1999;75(4):234-8.
Identification of mutations in the hepatocyte nuclear factor-1alpha gene in Japanese subjects with early-onset NIDDM and functional analysis of the mutant proteins.
Yamada S, Tomura H, Nishigori H, Sho K, Mabe H, Iwatani N, Takumi T, Kito Y, Moriya N, Muroya K, Ogata T, Onigata K, Morikawa A, Inoue I, Takeda J.
Diabetes. 1999 Mar;48(3):645-8.
Novel inactivating missense mutations in the thyrotropin receptor gene in Japanese children with resistance to thyrotropin.
Nagashima T, Murakami M, Onigata K, Morimura T, Nagashima K, Mori M, Morikawa A.
Thyroid. 2001 Jun;11(6):551-9.
Reversible secondary pseudohypoaldosteronism due to pyelonephritis.
Maruyama K, Watanabe H, Onigata K.
Pediatr Nephrol. 2002 Dec;17(12):1069-70. Epub 2002 Oct 16.
Immunohistochemical localization of growth factor-regulated channel (GRC) in human tissues.
Kowase T, Nakazato Y, Yoko-O H, Morikawa A, Kojima I.
Endocr J. 2002 Jun;49(3):349-55.
Distal renal tubular acidosis associated with hypercalcemia and nephrocalcinosis in an infant.
Maruyama K, Shinohara M, Hatakeyama S, Onigata K.
Pediatr Nephrol. 2002 Nov;17(11):977-8.
Identification and functional analysis of novel inactivating thyrotropin receptor mutations in patients with thyrotropin resistance.
Tsunekawa K, Onigata K, Morimura T, Kasahara T, Nishiyama S, Kamoda T, Mori M, Morikawa A, Murakami M.
Thyroid. 2006 May;16(5):471-9.
Cytochrome P450 oxidoreductase deficiency: identification and characterization of biallelic mutations and genotype-phenotype correlations in 35 Japanese patients.
Fukami M, Nishimura G, Homma K, Nagai T, Hanaki K, Uematsu A, Ishii T, Numakura C, Sawada H, Nakacho M, Kowase T, Motomura K, Haruna H, Nakamura M, Ohishi A, Adachi M, Tajima T, Hasegawa Y, Hasegawa T, Horikawa R, Fujieda K, Ogata T.
J Clin Endocrinol Metab. 2009 May;94(5):1723-31. Epub 2009 Mar 3.(担当:小和瀬 貴律)


 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.