このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


後期専門研修

群馬大学後期専門研修プログラム
小児科サブスペシャリティ取得コース

小児科専門医取得後、個々の希望に合わせて小児科サブスペシャリティを選択し、さらなるキャリアアップを目指します。小児科各専門分野の専門医、さらには指導医を取得することが可能となります。また、臨床研究論文の作成や学位の取得を目指して、大学院への進学等も選択することができます。

対象者
 初期研修終了し小児科を専攻する者

研修目標
 1. 日本小児科学会の専門医取得に向け、一次医療から三次医療まで幅広く小児科診療について研修すること
 2. 小児科専門医取得後、小児科サブスペシャリティ(新生児、アレルギー、血液・腫瘍、内分泌、神経、
   循環器、腎臓、消化器等)を決定し、専門分野について研鑚を積むこと

研修期間
 初期臨床研修後、3年間。大学病院での研修以外にも関連病院での研修を行うことができます。

コース責任者
 荒川浩一(教授)

コース担当者
 荒川浩一(教授・アレルギー)  藤生 徹(助教・新生児)
 渡部登志雄(講師・腎臓)  山田思郎(助教・内分泌)
 大津 義晃(助教・血液疾患)  澤浦法子(助教・神経)
 石毛 崇(助教・消化器)  服部重人(遺伝)

指導医名
 滝沢琢己(准教授)  岡田恭典(講師)   河野美幸(助教)

プログラムについて詳しく知りたい方は、群馬大学医学部附属病院臨床研修センターのホームページをご覧ください。
 後期研修プログラム
  http://c-center.dept.showa.gunma-u.ac.jp/senior03.html
 小児科サブスペシャリティ取得コース

 © 2012 Gunma University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics. All Rights Reserved.